営業マンスランプ脱出法:営業コンサル伝授「3つのコツ!」

「急に売上が下がってしまったんです!」

「スランプでどうしたら良いかわからないんです!」

あなたは「スランプ」に陥ってしまっているはずです。

 

加賀田
営業がニガテの人でも、最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

一瞬、一時的に売上をあげるのは簡単です。

しかし、継続して売れ続けるのは難しいのです。

 

 

私は、約20年に渡り、数千人の部下・営業コンサルのクライアント様に営業・セールスを指導してきました。

 

安心してください。

スランプと言うことは、一度は売れたことがあるので、
元の状態に戻すのは、実は、カンタンなのです。

 

超簡単「スランプ脱出方法3つのコツ」についてお伝えしますので、
スランプを脱出しましょう!!

 

営業 スランプ脱出法

 

1、営業マンのスランプ脱出法:「守破離」

1-1、スランプを脱出するには、「守破離」の考え方は絶対に必要!

「守破離(しゅはり)」って、お聞きになったことありますか?

 

「守破離(しゅはり)」とは、

プロフェッショナル(「道」を極める人)の成長過程を示した概念です。

 

もともと、「守破離」とは能を確立した世阿弥の教えです。

柔道、剣道、空手、合気道などの武道や、書道、茶道、華道、歌舞伎など「道」を追究する人達の成長過程の考え方です。

 

営業のスランプを脱出する為にも、この「守破離」の考え方が重要だと、

私は思っているので、お伝えします。

 

 

 

1-2、「守破離」のおさらい:では、具体的に「守破離」ってなんだろう?

 

1-2-1、「守」

指導者の教えを忠実に守り、学ぶ段階。

基礎の段階です。

 

1-2-2、「破」

自分の考え工夫を模索し試みる段階。

基礎から応用する段階。

 

1-2-3、「離」

指導者から離れ、独自の境地に行く段階。

 

 

営業道と守破離

 

1-3、守破離で一番重要なことをは今、自分がどこにいるか?

つまり、どんな道であれ、その道を極めていくには、

順を追っていくという「守破離」の考え方が重要なのです。

 

いきなり、師の教え(基本)を守らず、自分の考えでやっても成功しません。

 

「守破離」の中で、一番重要な段階はどの段階だと思いますか?

 

 

そうですね!一番重要なのが「守」の段階です。

 

「守」は、師から「型」を学ぶ段階。

囲碁将棋でいえば、定石(定跡)が「型」に該当します。

 

定石(じょうせき)とは、先人たちが道を極めていく上で、あらゆる無駄を省き、最もうまくいく要領を長年にわたって積み上げてきたいわば、ノウハウの集大成です。

 

定石(型)には、目新しさもなく、つまらないかもしれません。しかし、その基本となる「型」をいかに繰り返し稽古し、しっかり身に着けるか?何より重要なのです。

 

こんなこと、あなたは「いまさら言わなくても、充分、分かっているよ」と思われるかもしれません。

 

ただ、「人間」って、自分のこととなると分からなくなって、基本を徹底すべきとき・型をしっかり体得すべきときに、自分流・我流でやって、失敗してしまうことって多いんですよね。

 

また、数を重ねていくと、基本を忘れてしまっている場合もあります。

 

私は、営業は営業道」と真面目に考えてます。

 

基本の徹底とは、」とは、営業台本(トークスクリプト)ですよね。

営業台本(トークスクリプト)は本当に重要です。

 

営業マンのスランプ脱出のコツ1つ目は、営業の「基本・型」を守ることなのです。

 

その型を作る為に「営業台本(トークスクリプト)」が必要なのです。

 

あなたの営業台本(トークスクリプト)の見直しをしてください!

 

営業教育「守破離」

 

2、営業マンのスランプ脱出法:フィードバック

800人中2位のトップセールスのMさんから

「加賀田先生、

今まで成約率が80%だったのが10%になってしまいました。

どうしたら良いんでしょうか?」

とご相談がありました。

 

ちょっと、ご想像ください。

 

あなたも、ある月、急に成約率が下がり、売上が下がるかもしれませんよね。

そのような時、どうやって、早くスランプ脱出しますか?

 

トップセールスのスランプ脱出法

 

信頼できる上司・先輩がいれば良いですよね。

 

ここでいう「信頼できる」とは、

理論的体系的にあなたの弱点を矯正してくれると言うことです。

 

信頼できる上司・先輩がいない場合、

「自身で修正するしかない!」と言うのでしたら、

 

「録音した調子の良かった時の営業トーク」を聞いて調子を戻しましょう!

 

 

誰か、他の人から説得されると、

「それおかしいよ!」とか、「そんなのできないよ!」とか、

反発してしまいがちです。

 

しかし、録音されている自分の営業トークは、まさに「自分のトーク」ですから、それからの学びは反発しようがありません。

 

調子の良い時は、調子が悪い時がくることを想定しづらいですが、

人間ですから、調子が悪い時もきます。

 

調子が悪くなった時に、すぐ調子を戻す準備をしておくことが、

スランプ脱出のコツです。

 

営業マンのスランプ脱出法2つ目は、「録音した営業トーク」の聞きなおすことです。

 

トップセールスのスランプ脱出法

 

 

3、営業マンのスランプ脱出法:嫌われる勇気を持とう!

3ー1、キライな人がいるのは「当然だ!」

「上司がキライで、営業は好きなんですけど、やる気が出ないんです」

「お客様のことをどうしても、好きになれないんです」

 

もしかしたら、あなたは、人間関係が原因で、モチベーションが下がりスランプになっていませんか。

 

一言で言うと、キライな人がいて当然です^^

 

 

「ゲシュタルトの祈り」をご存知でしょうか?

 

心理療法であるゲシュタルト療法を開発した、フリッツ・パールズの詩です。

まず、この詩をご紹介させてください。

 

 

【ゲシュタルトの祈り】

 

私は私のために生きる。

あなたはあなたのために生きる。


私はあなたの期待に応えるために、生きているわけじゃないし、

そして、あなたも私の期待に応えるために生きているわけじゃない。

 

私は私。

あなたはあなた。

 

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは、すばらしいこと。 

もし出会えなくても、それもまた同じようにすばらしいこと。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どう思われました?

 

自分と相手の区別がつかないほどの依存関係を悩んでいる人に対して、
「個別化」「自他の区別」「自己責任の気づき」
を促す目的で心理療法家のパールズが詠んだと言われています。

 

 

営業マンに当てはめて考えてみましょう!

 

キライな人がいるのは当然なのです。

 

仕事の範囲で付き合えば良いのです。

上司でしたら、部下として、仕事として全うすれば良いのです。

お客様でしたら、極端ですが、嫌な客には売らなければ良いのです。

 

 

「嫌われる勇気」と言う書籍が、

135万部を超えるベストセラーになりました。

 

 

すべての人に好かれる必要はないのです。

 

自分を好きになってくれる人・自分が好きになれる人を

「効率よく探せば良い」のです。

 

嫌な人に「おべっか」を使わなくてすむだけの

実力(営業力)を早急につけましょう!

 

HAVEよりDO、DOよりBEが重要

 

 

3−2、私とあなたが一緒にいて、はじめて世界を変えられる

しかし、お互いの関係、お互いのあり方を深く見つめることなく、

関係を断ち切ることが目的ではありません。

 

次は、タブス(パーズルの弟子)の「パールズを超えて」です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

私は私のことをする。

あなたはあなたのことをする。

 

もしそれだけならば、

お互いの絆も私たち自身も失うことになる。

 

私がこの世に存在するのは、

あなたの期待に応えるためではない。

 

しかし、私がこの世に存在するのは、

あなたがかけがえのない存在であることを認めるためであり、

 

そして、私もあなたから

かけがえのない存在として認めてもらうためである。

 

お互いの心がふれあった時にはじめて、

私たちは本当の自分になれる。

 

私たちの心のふれあいが失われてしまえば、

私たちは自分を完全に見失ってしまう。

 
私とあなたの出会いは偶然ではない。

 

積極的に求めるから、あなたと出会い心がふれあう。

心のふれあいは、成り行きまかせではない。

自分から求めていったところにある。

 

全ての始まりは私に委ねられていて、そして一人では完結しない。

本当のことは全て、私とあなたとのふれあいの中にあるものだから

 

ーーーーーーーーーーーーー

どのように感じました?

 
「わたしはわたし。あなたはあなた。」
まず、「ありかた」が重要ということです。
 
しかし、
 
私とあなたが、私たちの基本 
一緒にいてはじめて世界を変えられる

 

のです。

 

「部下を使って半人前。上司を使って一人前」です。

嫌な上司がいたら、あなたの営業力をアップして上司をコントロールしてください。

 

嫌なお客様がいたら、

あなたの営業力をアップして、メロメロにしてくださいね^^

 

営業マンのスランプ脱出法3つ目は、「嫌いな人がいて当然」と思う。

自分を好きな人、自分が好きになれる人を見込み客として発見すれば良いのです!

 

 

4、営業マンスランプ脱出法:まとめ

「売上が上がれば、幸せになれる!とにかく売上をあげたい!」

とにかく、スランプを脱出したい!」

あなたは、このように「営業」を考えていませんか?

HAVE(結果):
売上がアップして、お金さえいっぱいあれば

DO(行動):いろいろ高いものが沢山買えて

BE(あり方):幸せになれる!

 

このように

1)HAVE

2)DO

3)BE

この順番で幸福を考えてしまいがちです。

 

 

しかし、残念ながら、、
このような考えだと目標を達成することはないのです。
 
例えば、まぐれで売上が上がっても(一時的に身内営業などで自分の今まで築いてきた信用を全部使い切って売上が上がっても)、
営業方法が身についていないので、結局、売れなくなってしまう、、。
 
営業マン スランプ脱出
 
営業数字を継続的に売り続ける為に一番、重要なことは
「あり方」なのです。

1)BE(あり方):行動の源泉の「コア(考え方)」がある

2)DO(行動):「コア(考え方)」がエネルギーとなり行動!

3)HAVE(結果):日々の行動の積み重ねが結果となる
この順番で達成するのです。
 
 
1)BE(あり方):
目標達成するための基本的な考え方(守破離)

2)DO(行動):
「自分が、守破離のどの状態にいるか?」を考え努力

3)HAVE(結果):
日々の努力を楽しみながら達成!

 

この流れで、目標達成(売上アップ)し続けていきます。 

 

『「守破離」という、基本(型)を大事にして改善し続ける』
というあり方(
営業力アップのものの見方・考え方)が重要なのです。
 
つまり、
「型」・営業台本(トークスクリプト)」の永遠の改善が重要なのです
 
have,do,be

 

スランプ脱出法3つのコツを考えてきました。

 

しかし、あなたに

「私には、理論的体系的に教えてくれる上司・先輩がいない!」

「録音した自分の営業トークを聞いてもどこを改善して良いか分からない!」

「そもそも、営業トークを録音していない!」

「営業台本が、そもそもない!」

「とにかく、すぐ売り上げをあげたい!」

「自分では、どうしたら良いか?わからない」

というのでしたら、

私の営業セミナーにご出席されて、スランプ脱出しましょう!

 

 

営業ニガテな人も、最新の購買心理学で、お客様がノドから手が出るほど「欲しい!」を引き出す「営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)」で営業力をあげ、売上アップしましょう!

 

あなたに、リアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業セミナー

 

営業指導歴18年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事