営業(訪問・商談)が怖い!営業マンの為の極秘訓練方法はこれだ!

営業が怖いと思ったことありますか?商談が怖い〜!って思ったことありますよね。

 

口下手・人見知りで営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、自然にお客様の「欲しい」を引き出す!

ミリオンセールスアカデミーあなたの営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

営業が怖い!」時についてお話しています。

※ 商談が怖くなったら一人前

 

というのも、以前、営業コンサルを行っているクライアント様とお話しして、「全く見込みがない商談は怖くないんだけれど、成約しそうなお客様の商談は怖いんです。」というお話になったからです。恐怖にとらわれて、動くことが出来なくなると、そもそも成功することができたものも、失敗してしまう可能性があります。

 

そこで、一つ目の対処法は、

■悩むこと

■考えること

を区別することをお伝えしました。

 

■「悩む」ということは、

過去を後悔し、未来を不安に思うことです。

 

それに対して、

■「考える」ということは、

今、改善できることを考え、今、出来る事を行動することです

 

営業マインドセット

 

冷静かつ客観的に、現実を直視し、最悪の事態を想定し、それを、心理的に受け入れたら、最悪の事態にならないように、」を改善しましょう!

 

恐怖を意識すると恐怖を引き寄せてしまいます。を運転する時もそうですよね。カーブの壁を見ているとカーブに引き込まれてしまいます。

 

営業マンのマインドセット:恐怖のコントロール

 

車を運転している時、視線は、ではなく、曲がる方向を見ているはずです。しかし、理屈はわかっても、頭ではわかっても、心がついていかないことがあります。恐怖に震えてしまうことがあります。そこで、今日からすぐ使える具体的なノウハウをお伝えします。

 

1、営業が怖くなくなる!自分を客観的に見る仙道の極意

まず、自分を客観的に見る方法お伝えします。

 

これは、実は、日本古来の仙道の極意です。悩みに埋没してしまって、

物理的だけでなく心理的視野が非常に狭くなり、完全に悩みに、恐怖のめりこんでいる状態を想像してください。

 

営業マンのマインドセット:恐怖のコントロール

 

そんな時は、まず、営業(商談・顧客)に「悩んで、恐怖に震えている自分」を「別の自分がじっと見つめて」ください。

 

営業マンのマインドセット:恐怖のコントロール

 

恐怖に震えている自分を客観的に見てみましょう!その時のポイントは、感情を交えてしまったり、理性で考えてしまったら、また、その自分を見ている自分を見るのです。

 

営業マンのマインドセット:恐怖のコントロール

 

感情や思考がクリアになるまで、全くなくなるまで、永遠に繰り返してください。

 

営業マンのマインドセット:恐怖のコントロール

 

恐れや、不安がある状態でいかにイメージトレーニングやアファメーションをしても意味がありません。マイナスな感情効果的にクレンジングするのが必要なのです。秘訣は、プラスの感情が出たとしても、その自分も眺めることです。クレンジングです。

 

これは、日本に古くから伝わる「内観法」をさらに工夫した方法です。

 

専門的に勉強されたい方は、NLPという最新の心理学の

■アソシエイト(主観)

■ディソシエイト(客観)

という理論を勉強されると良いです。

 

ただし、私たちは、学者になりたいのではなく、結果を出したいので、実際に試されるのが一番良いです。ぜひ、試してください。その効果に驚かれると思います!

 

2、営業が怖くなくなる!秘密のトレーニング

2−1、一般的なトレーニング

以前、こちらの記事で「マインドを鍛えるトレーニング」をお伝えしました。

①ハートを強くしよう!

②ハートを強くしよう!

③ハートを強くしよう!

④ハートを強くしよう!

⑤ハートを強くしよう!

 

ご紹介したのは、億万長者相手のマジシャンの訓練方法や、ヨシモト養成所で行なわれている秘密の訓練をお伝えしました。要約すると、見つめられること・声をかけることに慣れ、ハートを強くする訓練です。これは、一般的な訓練方法です。

 

 

2ー2、営業マンの為のマインドを鍛える秘密のトレーニング

これから、極秘に、僕が開発して、日本で僕しかやっていないトップセールスの極秘のマインド強化法お伝えしますね。

 

あなたに、男性営業マンの部下が、100名いると想像してください。実際の現場では、荒くれ者、胡散臭い奴、短気な奴、様々な人がいるのです。そういった人間を束ねるには、最後は、気迫の強さなのです。

 

男性の部下はオフィシャルでは、あなたに従っているフリをしているとしても、こいつ、一発殴ったら終わりだな(笑)と心の底で思ったら、従いません。ですので、心の底から心服しないと、底力を出さないので、組織の底力引き出すことはないんです。体を鍛えたり、格闘技を習っている社長が多いのは、そういった理由なのです。

 

それでは、これから、ハートを強くする気迫を強くする危険なトレーニングをお教えしますね。くれぐれも、安易に真似はしないでください。

 

それは、道を譲らないというトレーニングです。

 

営業 怖い 対処方法

 

 

怖いですね。どうやるか?

 

前から来た人に、道を譲らないのです。

もちろん、すべての人に譲らないというのではなく、

・ご老人

・子供

・女性

・カップル

・体の不自由な方

・見るからに危ない人

・外国人

・泥酔者

などは、譲ります。

 

また、

肉体的に絶対に負けそうな人(笑)

も、譲ります。

 

この訓練を始めると、いかに自分が無意識に相手に道を譲っていたのか?

に気づいて、びっくりします。ハートを強くする気迫を強くする日本で最先端の訓練です(笑)。気迫で、相手に道を譲らせるのです!もちろん、ケンカになる可能性があるので、くれぐれも、安易に、真似はしないでくださいね。

 

2−2、北風と太陽だったら、もちろん、太陽で行こう!

このお話は、顧客が男性が多かったり、部下に男性が多かったりする場合の話で、女性相手の商売だったり、部下に女性が多い場合は、イケメンで女性心理を理解した元美容師さん、元キャバクラ店長のような人物が活躍します。逆に、男性相手の商売だと、チャラい奴は心の底で、馬鹿にされるのです。

 

ビジネスの現場では、実際には、殴りませんが、殴ってでも言うことを聞かせてやる!絶対に、引かない!という気迫で勝負する局面あるのです。

 

トップセールスとして活躍後、独立、パン教室、教室開業講座をされている

「アトリエ リブラ 代表 高橋 貴子さま」からこんなご感想を頂きました。

 

営業マン 怖くなったら対処法

 

————————

営業の極意、拝見しました。私の営業の極意をご紹介します。

 

「部下を動かす」ですが、にっこり笑って、「あなただからこそ頼みたい仕事なの。

やってもらいたいんだけど。力を貸してもらえない?」的な感じで、スマイル付き。

 

みなさんよく動いてくださいます。

 

先に信頼する、任せきる何かあったら全力で責任をとる覚悟を見せる

(実際に一緒に泥も被った事ありますし(笑))

 

イソップ物語の北風と太陽なら、太陽で接する方が余計な摩擦も無くて、随分楽です。

 

まぁ、負けない気迫で、センター長とガチでディベートしたこともありますけど、(力でねじ伏せる) 疲れますね。(笑)

 

結論、最近は全て太陽さん方式でやってます。女の特権ですね。

 

——————————

 

高橋さま、素敵なご感想ありがとうございます!

 

そうですね!僕も、部下に何かを依頼する場合は、作戦の趣旨(目的・意図)重要性を伝え、

「北風」と「太陽」方式であれば、太陽方式で伝えます^^

 

ところが、時々、そういった通常でない場合が起きます。

例えば、

■目の前で部下が殴り合いのケンカをしそうな瞬間

■クレームで〇クザが店舗にやってきて暴れている瞬間

■会社に不満を爆発させた部下が目の前で暴れ始めた瞬間

■飲み会に行って、他のお客様とケンカになりそうな瞬間

 

部下・従業員は冷静にあなたのことを見てるんですよ。

こいつ(社長・上司)はどうするのか

■部下に押し付けるのか?逃げ出すのか?

■それとも、戦ってくれるのか?

 

それまで、築いてきたものが

その瞬間で、一瞬になくなるか?

逆に、「部下・従業員の心をとらえるか?」

 

そんな瞬間ががあるんです。僕には何度もありました。そういった意味で、「気迫」とか「肉体的な要素」って必要だと思っています。そういった瞬間があったかもしれませんし、今後、あるかもしれません。頭の片隅に入れておいてください。

 

僕は、いつもあなたのそばにいてあなたを応援しています!

あなたの営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつか、リアルであなたにお会い出来る日を楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、営業が苦手な人も、

最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

 

営業セミナー

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事