営業心得九箇条「トップセールスの営業心得を知りたい!」

「営業で安定して売れ続ける『営業の心得』とは?」

「一瞬だけでなく『売れ続ける営業の心得』ってなんだろう?」

「トップセールスの営業心得が知りたい」

あなたは、「営業の心得」について悩んでいるはずです。

 

加賀田

 

営業がニガテの人でも、最新の購買心理学で、自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

 

「営業の心得」を体得する一番カンタンな方法は、トップセールスの鞄持ちをすることなのです。

 

トップセールスと24時間共にすることで、書籍・テレビなどの表向きでなく、本当の物の見方考え方、習慣、行動が分かるのです。

 

しかし、成功者(トップセールス)が見ず知らずの人間と24時間共にすることはありません。

トップセールスと触れ合う環境にまだない新人セールスマン、転職して営業経験がないあなたの為に、トップセールスの「売れ続ける営業心得」をお伝えします!

 

 

加賀田

 

トップセールスの営業の心得「九箇条」で勝ち続けましょう!

 

1)第一条:近江商人に学ぶ商売の心得

2)第二条:複利の力を味方にしよう!

3)第三条:ウィニングエッジをおさえよう!

4)第四条:渡り鳥の法則を味方にしよう!

5)第五条:時間をコントロールしよう!

6)第六条:責任感を持つことでパワーアップ!

7)第七条:勝ち続ける意志力!

8)第八条:ハングリー精神

9)第九条:自信をもつにもコツがある!

 

今日から、すぐに役立てましょう!

 

営業心得

 

目次

1、営業心得とは?

トップセールスの「営業心得」に興味を持たれたあなたは、とてもセンスが良い方です。

 

営業心得とは、「売上を上げ続けるために、常に心がけていること・心構え・たしなみ」を言います。

 

トップセールスは、トップセールスになるための考え方・ルール(営業心得)を持っているから、トップセールスになったのです。

 

これから、九箇条の「営業心得」をお伝えしますので、

これから営業を始める新人さんや、営業・セールスに迷った時に、振り返ってください。

 

営業心得

2、トップセールスの営業心得「第一条」近江商人の商売の心得

「トップセールスの営業心得「第一条」は、日本が誇る「近江商人」の「三方良し」「近江商人 商売の心得十則」です。

 

近江商人の心得は、400年以上続く、歴史に淘汰されていない「商売の原理原則」です。

 

まず、「三方良し」とは、売り手良し・買い手良し・世間良しのことです。

 

加賀田

【トップセールスの営業心得その1】

商売は、自分だけが良いだけでは、長続きしません。

 

■自分良し(喜びを感じて、仕事ができること)

■買い手良し(お客様に、喜んでいただくこと)

■社会良し(取引先と共存共栄し、社会貢献をすること)

 

を常に意識して、商売(営業)をすることが長期的な繁栄につながります。

 

 

 

この考え方は、近代商社の原型を作った近江商人たちが、400年以上も前に実践していたのです。そしてそれは、商売人はもちろん、営業の心得にも通じるのです。

 

※「三方良し」は「トップセールスの営業マインド」参照

 

では、次に、近江商人の、商売の心得十則です。

 

【近江商人 商売の心得十則】

 

一、商売は世の為,人の為の奉仕にして,利益はその当然の報酬なり 


二、店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何 


三、売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる 


四、資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし 


五、無理に売るな,客の好むものも売るな,客の為になるものを売れ


六、良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり


七、紙一枚でも景品はお客を喜ばせばるつけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ 


八、正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ


九、今日の損益を常に考えよ今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ


十、商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ

 

 

商売の環境にないと「お金儲けは悪いことだ」と思ったりする人がいます。

 

しかし、「商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり」など、読み返して見てくださいね。

 

長期的に、売れ続ける「トップセールスの営業心得第一条」は、

■「三方良し(売り手良し・買い手良し・世間良し)」

■近江商人 商売の心得十則

です。

 

営業心得

 

3、トップセールスの「営業心得」第二条:「複利の力」を味方につけよう!

3−1、複利の法則を理解して「複利の力」を味方につけよう!

「営業、もう辞めよう」

「営業、辛い、もう辞めたい!」

と、あなたも思ったことがあるかもしれません。

 

そのようなあなたを助ける「トップセールス営業心得」の第二箇条、アインシュタインが教えてくれたアドバイスをお伝えします。

 

アインシュタインが教えてくれた宇宙で最も強力な力は、「複利」である。

 

 

加賀田

【トップセールス営業心得「第二条」】

 

複利の力を身につけよう!

 

 

 

 

営業心得

 

「複利とは一体なんでしょうか?」

 

複利のパワーを分かりやすく説明するのに、良く使われる例が、厚さ0.1ミリのコピー用紙を25回折ると、どうなるか?

 

営業心得

 

 

0.1mmのコピー用紙を一回折ると、0.2mm。

0.2mmのコピー用紙を二回折ると、0.4mm。

、、、、

 

 

 

答えは、3,355メートルです!ほぼ、富士山の高さです!

すごいですね。

 

0.1mmの紙を折るという、一見「小さなこと」「くだらないこと」でも、複利のパワーを使って継続することで、ものすごい結果を生み出すことができるということです。

 

 

営業心得

 

 

複利のパワーを味方につけるには、ポイントが3つ

 

3−2、複利のパワーに気づくのは「16回」以降

 

営業心得

 

グラフを見てください。

 

営業心得

 

 

その変化に気づくのは、16回目以降ですよね。

このことは、単純で淡々とした努力を積み上げることがいかに重要か?を、教えてくれます。

 

 

いわゆる天才と言われる人達「イチロー」も、「タイガーウッズ」も、同じような

コツコツした努力繰り返したので、偉大な功績を残せたことを我々は知っています。

 

しかし、3回目ぐらい、5回目ぐらいに飽きてしまいませんか?

 

「努力がつまらなくなる、飽きてしまう。」これが、普通の人です。同じようなコツコツした努力を飽きてしまいがちです。

 

しかし、今日は昨日の続き、明日は今日の続き、ではなく、実は、見えないところで、複利は成長しています。

 

しかし、実は、見えないところで、複利のパワーは成長しています。目に見えた変化は、爆発は、16回目以降です。

 

「あきらめないで継続することの重要さ」を我々に教えてくれます。

 

 

3−3、複利の力を味方にするには「ALL BET」

 

先ほどのコピー用紙を折るということは、ビジネスで言えば、利益率200%ということです。

 

普通のビジネスでは、なかなか体感できない世界です。

 

しかし、例えば、10万円を利益率15%で複利で増やすと51ヶ月1億になります。

 

つまり、基本原則は「ALL BET」。

すべての収益を投資につぎ込むということです。

 

ビジネスで言えば、「過剰な役員報酬」「身の丈に合っていないオフィス賃料」「過剰な接待交際費」など、無駄な経費をそぎ落とし、投資に回すということです。

 

営業心得

 

3−4、複利の力を味方につけるには「好転反応」に注意しよう

 

好転反応とは、「好ましい方へ転ずる」ということで、良い方へ転ずる時、一時的に悪化することを言います。

 

あなたが何かを始めるとき、多大な時間と、資金と、情熱と、ありとあらゆるエネルギーを投入しても、いっこうに成果がでないどころか、「これでもか、これでもか」と「マイナス」の現象が起きて、あきらめてしまったことってありませんでした?

 

好転反応(Jカーブ)」は、何か、新しいことを試みるとき、5つの時期があることを私たちに、教えてくれます。

 

営業心得

 

1)潜行期:頑張っても頑張ってもうまくいかない

2)下降期:頑張るほど悪くなっていく

3)ボトム期:ここを過ぎてから成果がでる

4)浮上期:成功の直前だが、一番苦しい

5)顕在期:努力すればするほど成果が得られる

 

僕も、営業コンサルで、組織に入るときに一番注意するのは、新しい試みを導入する際の「反対勢力の抵抗」と「最初に結果が出ない可能性」の共有です。

 

「好転反応(Jカーブの法則)」を理解しておくことで、顕在期が来るまでにあきらめてやめてしまうというおそれを回避できます。結果を出すための前提条件をそろえることができます。

 

何かを始めるときの心構えを変えることができます。当たり前ですが、何事も、すぐにうまくいくことはありません。

 

コツコツした努力を続けて、あきらめかけたとき、「好転反応(Jカーブの法則)」を覚えていることがあなたを救ってくれます

 

 

加賀田

【トップセールス営業心得「第二条」】

 

複利のパワーを得る基本原則は、

1)変化に気づくのは16回目以降です。

※5回ぐらいで、飽きて投げ出さないでくださいね (・ω<)

2)「ALL BET」すべて、賭けよう!

3)「好転反応」を理解しておこう!

 

トップセールス営業心得「第二条」は「『複利の力』を身につけよう!」です。

 

 

4、トップセールスの営業心得「第三条」:ウィニングエッジの法則

4−1、ウィニングエッジ(winning edge)の法則

トップセールスの営業心得「第三条」。ライバルに差をつける心得お話しします!

 

 

あなたがライバルに打ち勝つ為に競争に打ち勝つ為に、どれくらいの努力をしなければいけないと思われますか?

 

その努力を考えると、ちょっと、憂鬱になる時ってありませんか?

 

実は、昔、僕もありました、、。

 

 

しかし、ある時、気持ちがとも軽くなったのです。

それは「winning edge(ウィニングエッジ)の法則」を知ったからです。

 

あなたが「ライバルに勝利する為」に、「営業成約率を上げる為」に、絶対に必要な心得が「winning edge(ウィニングエッジ)の法則」を理解することなのです。

 

営業心得

 

4−2、ウィニングエッジ(winning edge)の法則は「テニス」から

テニスを想像してください。

 

テニスプレーヤーは、相手が打ち返しにくいアウトになるかならないかのラインギリギリの端を目掛けてボールを打ちます。

 

そのライン内に入るか入らないかの、数センチ・ぎりぎりの、ボールが勝利を分けます。

 

つまり、「ほんの少しの差」が「大きな違い」を生むということです。

 

■ウイニング = 勝利

■エッジ = 端

です。

 

営業心得

 

4−3、ウィニングエッジ(winning edge)の法則:競馬

では、次に、

競馬を例で考えましょう!

 

激しく競い合ったレースで、一位と、二位になった馬の差は、10メートルも、20メートルも差がありますか?

 

その二頭の馬の差は、「僅か鼻先」の時ってありますよね。

 

一位と二位の差が「僅か数センチ」にもかかわらず、獲得賞金の差は、「数十倍」にも分かれます。

 

営業心得

 

4−4、ウィニングエッジ(winning edge)の法則:営業

これは、もちろん営業(セールス)でも同じです。

 

1935年に設立され、世論調査を業としている米国ギャラップ社の調査によると、トップセールスマンは、平均的セールマンに比較し、特別な資質を備えている訳ではないのです。

 

トップセールスマンは、平均的なセールスマンに対して、「販売の重要な要素」で僅か3%~4%勝っているにすぎないのです。

 

しかし、トップセールスマンと平均的なセールスマンの収入差は、

 

■トップ20% :16倍

■トップ 4% :36倍

■トップ0.8%:50倍

にも及びます。

 

たった「僅かな差」が、何倍、何十倍収入差を生み出します。

 

では、その「僅かな差」は、どうやって埋めるか?

 

それは、

■再現性のある成功法則を学び

■自分の商売ビジネスに応用

改善を繰り返すことです。

 

あなたの身近に、理論的・体系的に教えてくれる先輩・上司がいないのでしたら、僕の営業セミナーにご出席して見てくださいね。

 

 

5、トップセールスの営業心得「第四条」渡り鳥の法則を味方にしよう!

前の章の「ウィニングエッジの法則」という心得は、原理原則に則った日々の努力を、ちょっとでも続けることの勇気を我々に与えてくれます。

 

そうはいっても、「いつまで、努力しなければならないの?」暗いトンネルで迷っているようで、先も分からない心細い気持ちのときってあると思います。

 

僕も、営業新人時代、そのように迷った時がありました。

 

その時、「渡り鳥の法則」を知って、努力を継続することができて、売れるようになりました。そして、新規事業を成功させ、事業部をV字回復させるなど実績を出すことができました。

 

この「渡り鳥の法則」をあなたが知ることにより、成功するまでの努力継続することができるようになり、トップセールスへと駆け上がることができるようになります。

 

では、ご説明しますね。

渡り鳥を思い出してください。渡り鳥は、一回飛び立ったら、何千キロを飛び続けます。

 

目的地に着くまで、
■何も食べずに、
■何も飲まずに

飛び続けなければなりません。

 

あんな小さな体で、どこにパワーがあるのでしょう?

 

その秘密は、「気流に乗るから」できていたのです。

 

つまり、一度、気流に乗ってしまえば、大きく羽ばたかなくても、何千キロも飛んでいくことができるのです!

ここで、「渡り鳥の法則」のポイントが3つあります。

 

1、気流に乗るまでが勝負

気流に乗れば楽できる分、気流に乗るまでの間に全精力を集中することが必要です。

気流に乗るまで、頑張り続けるのが重要。

 

つまり、最初はしんどくても、諦めないことが秘訣。

 

 

 

2、気流に乗れば維持が楽

一度、気流まで到達できれば、全精力をつぎ込むことなく飛び続けることができる。

なので、辛いのは、最初だけ、後は、です。

これが解らない人は「永遠にこの努力が続くのか、、」と、途中で諦め、脱落してしまいます。

 

 

3、チームで助け合う(渡り鳥経営)

 

長者番付12年連続実質手取額日本一 斎藤一人著
「変な人が書いた驚くほどツイてる話」より

――――――――――――――――

渡り鳥はV字形になって飛んでいきます。

先頭を中心にしてV字形になって飛んでいくんです。

 

前の鳥が羽ばたくと後ろに上昇気流が起きて、後ろで飛んでいる鳥たちは、その上昇気流に乗って飛ぶと飛距離が70%伸びるんです。

 

先頭の鳥が疲れると先頭がすっと後ろへ行く

そうすると、元気なものがパッと前に出てきて先導していくんです

 

――――――――――――――――

 

どうでしょう?

お分かりになりました?

 

まず、ひとりで飛べる力を得ることが重要です。

そして、成功したやり方を仲間でシェアすることです。

 

「渡り鳥の法則」のポイント3つ

1、上昇気流に乗るまでが勝負
2、上昇気流に乗れば維持は楽
3、チームで乗り越える

です。

 

あなたも信頼できるメンター再現性のある成功法則を元に全精力を注ぎ込み上昇気流に乗りましょう!

 

そして上昇気流に乗りながら、成功した方法や、うまくいったやり方をシェアできる仲間を持ちましょう!

 

営業心得

 

6、トップセールスの営業心得「第五条」:時間の主導権を握ろう!

6−1、「明日のお昼に何を食べるか」決めてますか?

 

加賀田

【トップセールス営業心得第五条】

 

トップセールス営業心得第五条は「自分で時間をコントロール」する。

「時間の主導権を自分で握る」です。

 

 

 

突然ですが、あなたは、明日のお昼に何食べますか?

 

「は?何?」と思われました?

 

それとも、「決めてますよ!」でしょうか。

 

営業コンサルのクライアントさんで、非常に業績の良いアパートマンション一棟を販売している不動産会社(営業マンが約50名ぐらいでトップ約20名の営業マンが月に300万~500万ぐらいの給料)では、新人が入社した時に、様々な営業心得を伝授します。

 

その一つが、この「明日のに何を食べるか?」決めてもらうのです。

 

 

明日の昼に何を食べるか?

 

 

前日に翌日の昼ごはんを決めるということは、自分のペースを作ることを習慣化することなんです。

 

逆に売れない営業マンは、お客様に振り回されます。

売れない営業マンはこんな状態になっていることが多いのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「お客様からものすごい買う気を見せられたので、散々付き合って、振り回されたのに、結局、買わなかった、、。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

もしかしたら、そのよう見込み客に振り回された経験、あなたもあるかも知れませんね。明日のお昼を決めるということは、営業活動を自分でコントロールし、習慣化するということの訓練なんです。

 

 

そのために、昼の時間も、自分でコントロールします。  

■11時半〜12時半までを昼ご飯にすれば、

■12時半からお客様に電話することができます。

 

個人相手にテレコールをするのであれば、この時間が黄金の時間帯です。

 

法人相手であれば、お昼前の気持ちが緩んでいる時間「11時45分〜12時まで」が、テレアポの黄金の時です

 

時間も、主体的にコントロールすることが重要なのです。

 

営業心得

 

6−2、あなたの会社に「付き人制度」はありますか?

 

「明日のお昼ご飯に何を食べるか?」の意味、お分かりになりましたよね。営業活動を自分でコントロールし、習慣化するということです。

 

その不動産投資会社では、全く営業未経験でも、上司の指導を素直に聞く新人営業マンは一人で月に約10億販売し、月のコミッション(歩合給)が3〜400万のトップセールスになることもできます。

 

逆に、言うことを聞かない新人営業マンは、結局、売れずに、辞めていくことになります。

 

最初にお話ししたように、営業力が上がる一番の方法は、トップセールスと、24時間生活を共にすること、つまり、「付き人」がいちばん良いんです。

 

トップセールスが「明日の昼ごはんに何を食べるか?」前日から決めることが重要と考えているなんて、普通は想像できないですよね。

 

24時間生活を共にすることで、トップセールスのものの見方・考え方を体得することができます。ですので、付き人制度でトップセールをどんどん作って、独立を沢山させる会社もあります。

 

 

加賀田

【トップセールスの営業心得第五条】

 

トップセールス営業心得第五条は「自分で時間をコントロール」する。

「時間の主導権を自分で握る」です。

 

 

 

 

もし、あなたの会社が「付き人制度」などがなく「営業教育研修制度」がないのであれば、時間のコントロールの仕方を僕の営業セミナーで体得してください!

 

ご自身で、試行錯誤して苦労される無駄な時間を短縮できますよ!!

 

営業セミナー

 

7、トップセールス営業心得「第六条」:一流に学ぶ「責任感」とは?

7ー1、ダルビッシュ有の野球に向かう姿勢から学ぶ「責任感」とは?

加賀田

【トップセールスの営業心得第六条】

 

トップセールス営業心得第六条は「責任感」です。

あなたが、「誰に対しての責任があるか?」を自覚することで、やる気がさらに出てきます。

 

 

 

大リーガーのダルビッシュ有さんをご存知ですよね!

 

「は?ダルビッシュ? ”営業”に関係ないんじゃないの?」と思われました?

 

他の分野でも、長期的に成果を出している人に共通の心得「責任感」をご説明するために、有名な野球選手を例にご説明させてください。

 

因みに、ダルビッシュ有さんは異常にストイックな努力家なんです。

ご存知でした?

 

 

※7分25秒から

 

ダルビッシュさんの動画から、長期的に結果を出すための心得「責任」について考えてみましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

僕には、絶対、責任があると思う。どの選手に対しても

 

例えば、すごい才能があったの怪我でダメになってしまったという人もざらにいるし、障害を持っていて、野球をすごいやりたいけれど、できない人も絶対いる。

 

だから、僕は、それに気づいてから、こういうことをやるようになったストイックになっていった)。その人たちがもしできたら、全部を賭けてやると思うそれだけ思いが強いから

 

 

結局、やらない人とかって、えていたり、自分がすごいと思ってえが出る。

 

 

僕は、根本がそこにあるし、そこだけは忘れないようにしている(自分には責任があるという自覚)。だから、野球では、一番上に行きたいと思う。その分、責任を持ってやらなければいけない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これが、ダルビッシュさんの野球に向かう心得です。

それは責任感です。

 

あなた責任」は何ですか?

 

■営業マンとしての責任:対顧客
■営業MGRとしての責任:対営業部下
■事業部長としての責任:対事業部部下
■社長としての責任:対従業員

 

仕事を考えても、役職でもいろいろなレベルの責任があります。プライベートでも「父親・母親としての責任」などあるかもしれませんね。少し、考えてみてくださいね。

 

 

7−2、お客様は、あなたが徹夜で仕事をしようが商品(提案)にしか興味がない

例えば、あなたが、新しくできたラーメン屋さんに入ったとします。

 

そのラーメン屋さんが、「お客さん、徹夜仕込んだスープなんです!」と持ってきたラーメンが「くそ、まずかったら!」どう思いますか?

 

次、また、そのラーメン屋さんにいきますか?

 

たぶん、2度といかないですよね。

 

 

しかし、そのお店の横の繁盛しているラーメン屋さんは、全然、苦労しているそぶりがないんですが、食べたら、「むちゃくちゃうまい!」。

 

あなたは、どうしますか?

また、食べたくなるかもしれません。

 

 

何が言いたいか?

 

お客側としては、結果(商品)の完成度が第一で、提供側の苦労や過程は二次的なのです。

 

商品の提供側(営業側)は、「苦労したから認めてくれ!」と言いがちです。
お客様は、そんなことはどうでも良いことです。

 

お客様を魅了する商品・サービスを提供しましょう!

それがプロフェッショナルなのです。

 

営業心得

 

7−3、「責任感」があなたをトップセールスにする

あなたが、誰に「責任」があるか?少し考えてみました?

 

■営業マンとしての責任:対顧客
■営業MGRとしての責任:対営業部下
■事業部長としての責任:対事業部部下
■社長としての責任:対従業員

 

「誰に責任があるか?」を自覚し、単純な努力コツコツした努力を積み重ねることが、どんなに大切か?

 

継続的に成功している人は、小さな努力をバカにせず、積み重ねている人です。その継続的な努力の源泉が責任感なのです。

 

そして、どんなに不足の事態が起こったとしても、最後まで、続ける必要があります。

 

「人生にリハーサルは無いんです。」

 

営業、プレゼンテーション、商談でもそうですよね。どんなアクシデントがあったとしても、最後までやりきってください。

 

 

 

加賀田

【トップセールス営業心得第六条】

 

コツコツした努力が馬鹿らしくなったら、プレゼン・商談で凹んでしまって途中でやめたくなったら、あなたの責任(営業マンとしての責任:対顧客、営業MGRとしての責任:対営業部下、事業部長としての責任:対事業部部下、社長としての責任:対従業員)を自覚して、最後まで、やりきってください!

 

絶対に忘れないあなたの成功体験になります。

 

トップセールス営業心得第六条は、「責任感」です。

 

 

営業心得

 

8、トップセールス営業心得「第七条」:勝ち続ける為の継続力

8−1、一流(イチロー選手)の継続力とは?

加賀田

【トップセールス営業心得「第七条」】

 

トップセールス営業心得「第七条」は、「継続力」です。

イチロー選手、ウメハラ(プロゲーマー)、ピカソ、ホリエモン、ヒカル(you tuber)など、時代を問わず、分野を問わず、世代を問わず活躍している方の成功し続けている秘訣を探ります。

 

 

売れ続ける営業心得の5つ目は、継続力です。

 

引き続き、一流選手(イチロー選手)の記事が「aera」で、掲載されていました。

 

「イチロー選手が何を大切にしたのか?」ご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

稀代のヒットマシーン(イチロー選手)が試合前に徹底して行うストレッチは語り草である。

 

他の選手たちが談笑しているか、スマートフォンを見ている傍らで、クラブハウスのフロアに1人で、長時間のストレッチを繰り返す。

 

アメリカ人記者の取材に答える際にも身体をほぐす動きを止めない姿は、2014年まで在籍したヤンキース時代もお馴染みの光景だった。

 

(中略)

 

年齢を重ねても、常に様々な不足の状況を想定してやってきたことは想像に難くない。

 

徐々に体力的な衰えが進む中でも、対応できるだけの準備をしてきたからこそ、今の活躍がある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

イチロー選手の「継続力」は凄いですよね。

 

しかし、「具体的にどうやったら継続できるのか?」僕たち、凡人は考えてしまいます。

 

では、どうしたら継続できるか?考えましょう!

 

営業心得

 

8−2、「勝ち続ける意志力」を持続させること

8−2−1、「継続して努力する」にはどうしたら良い?

 

「努力を継続することが重要なのはわかってる。それを継続することが難しいんだよ」とあなたは思っていませんか?

 

「勝ち続ける意志力」で有名なプロゲーマーウメハラさんの言葉でご説明します。

 

僕は、ウメハラさんを、ブロガーの「ちきりん」ことマッキンゼーの元採用MGR伊賀泰代さんが大絶賛されている勝ち続ける意志力を読んで知ったのです。

 

 

そのウメハラさんの慶応義塾大学での講演内容から営業マンも役にたつ心得をお伝えします。

 

以下、ウメハラさん

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

インタビュアーの人にどうやったらずっと強くいられるんですか?って質問されたときに決まって答えるのが、とにかく、、、自分を飽きさせないのがコツだというのです。

 

「なぜ、飽きさせてはいけないか?」というと、、当然の話として、勝負の世界ですから、練習・努力を継続しないと継続して勝つことは不可能なんです。

 

とんでもない天才が世の中にいて、努力しないで勝つことができる人もいるかもしれませんが、そういう人は、殆どいないでしょうし、僕は、格闘ゲームの世界では見たことがない。

 

ということは、継続して努力する必要があると、、。

じゃ、継続して努力することってどういうことなんだろう?

 
(中略)
 
きちんと成長して、意味のある努力自分が前に進んでいる努力を継続させなければならない
 
じゃ、なんでそれが、飽きに関係してくるか?というと、、。ゲームって好きなことだし遊びだから、当然楽しいですよね。 
 
「楽しいこと仕事にしてんだから、飽きる心配ないんじゃないの」 って聞かれることあるんですけど、そんな甘いもんじゃなくて、、。
 
 
ゲームって人が作ったもんだし、ゲームに限らず、なんだって、同じことやれば飽きますよね。僕は11歳から格闘ゲームをやってますから、もう、格闘ゲームに対する刺激は十分なんです。今更、格闘ゲームで新鮮な思いをすることはない。
 
 
だけど、そのなかでも、自分に新鮮な気持ちがないと、人間、前向きにならないんですよね。
 
 
初心者のプレーヤーを見ていてあ〜今、ゲームにはまっているな」「楽しそうにやってるな」「どんどん上達しているな」 
 
で、、しばらくして、ゲームセンターで見なくて、「どうしたの?」ってきくと。「飽きた。」って言うんですよ。  
 
「何に飽きたの?」って聞くと、 「ゲームに飽きた」っていうですが、これ違うんです。
 
 
ゲームに飽きたんじゃない。成長しないことに飽きたんです。
 
変わらない。昨日と今日やってることが同じ。だから、ゲームがつまらないってことにしてますけど、問題なのは、成長していない自分なんです。
 
 
成長が実感できていれば、ゲームだろうが、なんだろうが飽きない。仕事の都合とか家庭の事情でやれないことはあると思いますが、「飽きました」ってことにならない。
 
人間が前向きに努力を続けるためには成長があれば良いんですよ。 成長さえ実感できれば人間は飽きない。飽きないから前向きに努力する当然上達していって成果が出る。
 
僕はこれの繰り返しなんです。格闘ゲームに関しては。
 
とはいえ、成長って、ゲームをやり始めの時と、1年後、2年後、5年後、10年後で成長スピードって同じではなく。
 
やればやっただけ、成長スピードって遅くなるんです。そりゃそうですよね。やりつくしてしまっているんですから、今更どこ成長させて良いかってわからない
 
 

8−2−2、飽きないため「メモをとる」

それを防ぐために、僕がやり始めたことがメモをとることだったんです。

 

「今日はこんな発見があったな。」
「今日はこんなことに気づけたな。」
「今日はこれができるようになったな。」
とメモをとる。

 

そうすると、次の日になって「あれ、俺、昨日、ゲームセンターに行ったけど、どんな日だったのかな?どんな意味があったのかな?」って思った時に、

 

そのメモを見て、「ああ、そうか!こういう成長があったんだな。こんな発見があったんだな。ということは、昨日の俺は、おとといの俺より強いし、きっと、、今日の俺は昨日の俺より強いんじゃないか?と思えるから、

 

「よし、今日もゲームセンターに行こう!」という気持ちになれる。

 

 

ただ、 これだけだと難しい、、

 

だけど、今日、発見がなかった。今日、どんなに贔屓目に見てもなんの成長もなかった、、と思うことありえますよね。

 

 

8ー2ー3、意識的に変化する

それを防ぐために、成長を実感しやすくする為に、意識的に変化をするということをさらに加えました。

 

じゃ、仮に勝率95%だったとしましょう。めちゃ、めちゃ強いですね。どこでやってるかによりますけど、日本で一番流行っている新宿で95%だったら、世界一強いですね、間違いなく。

 

だけど、その95%の勝率の人が毎日、毎日、成長を感じられなかったら?

 

飽きて、上達が感じられなかったら周りの人間に追いつかれて追い抜かされてしまう。実力というのは相対的ですから、。

 

95%という理想的な勝率であったとしても追いつかれて追い抜かされることを考えると、自分から変化をしなければならない。うまく言っているのに変えなければいけない。

 

 

普通うまく行ってたら変えないじゃないですか。「うまく行ってたらこれでいいじゃないか」と。それだと、競争が激しくなってくると勝ち残れない

 

「これは、周りは誰も気づいてないけどそのうち対応されちゃうぞ、もしくは真似されちゃうぞ、」

 

「そのうち勝率95%が90%になるぞ、85%になるぞ、、」。そういうことを予想して、事前に色々調べておくんです。

 

変えてみて、勝率80%に落ちてもそれはそれでいいんです。

 

今、80%に落ちることによって、将来的な高い勝率の為に投資している。何かあった時のために準備しておく。

 

じゃ、変化ってどこまで変化させるのか?難しいとこですよね。

 

 

8ー2ー4、どこまで変化させるか?

どこまで変化させるのか?

 

普段の仕事が10あるとして全部10変えていいのか?そんな訳ないですよね。10変えたら、全く別の仕事になってしまいますから。

 

でも、普段、ここからここまで絶対にやらなければならないと思っている仕事で、「本当に変えちゃいけないことってあり得るのか?」僕は、そんな訳ないと思っているんです。

 

そんな厳密なことはありえないと思います。一切、変える余地がないなんてことはあり得ないと僕は思ってます。変化させる余地がないなら競争がないですから、一生安泰ですから。誰もそれを塗り替えれない訳ですから。

 

 

競争になっているということは塗り替えられる可能性がある。

 

 

「じゃ、10あるけど9は今まで通りやってみよう、後の1はちょっと自由にやってみよう!少し、悪い結果が起きるかもしれないけど、この1を変えることで、そんなに大きな影響はないかな。発見があるかな?」で、発見があるんですよ。

 

今まで、知れなかったこと知ったぞ。気がつかなかったこと気づいたぞ。これは、僕の中で成長ですから。そうやって1の部分を変えて楽しんでいるうちに気づくんですよ。

 

「あれ、これ、2まで変えて良くね?3割まで変えていいんじゃない?」

 

そうやって、徐々に、徐々に、変化の幅を増やして知ってることできることを増やしていくことが、勝ち続けるために必要なことと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どう思いました?世界一は何をやっていましたか?

 

1)努力の継続を飽きさせない

2)努力の継続を飽きさせない為に、メモをとる!

3)努力の継続を飽きさせない為に、自ら変化する!

でしたね。

 

もちろん、営業にも通用する心得ですね。愚直に一歩、一歩、進みましょう! 

 

 

8−3、「明日描く絵が、一番素晴らしい!(ピカソ)」

努力を継続することの重要性。

 

ご存知かもしれませんが、ピカソの有名な逸話もお話させてください。

 

営業心得

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ある時、ピカソがレストランに入ると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性が話しかけてきました。

 

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。絵を描いてくれませんか?」 ピカソは彼女に微笑み、30秒ほどで美しい絵を描きました。

 

そして、彼女へと手渡しこう続けます。「この絵の価格は、1万ドルです」

 

女性は驚きました。「この絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないですよね?」

 

この質問にピカソはどう答えたと思いますか?

 

 

ピカソは笑って、30年と30秒ですよ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ただ年月を重ねているだけ、その日、その時、惰性で生きている人もいますが、ピカソのように、ギリギリの世界積み重ねて、生きている人もいます。

 

「明日描く絵が一番素晴らしい!」というピカソの言葉は、毎日、毎日、積み重ねていることの重要性を教えてくれる言葉です。

 

自分に出来ることが、どんなに小さくても、どんなにくだらなく思えても、積み重ねていくことが、一番素晴らしいのです。逆にいえば、私たちは、積み重ねることしか、できないのです。

 

毎日、小さな一歩を進め、積み上げましょう!

 

営業心得

 

8−4、ホリエモンが語る「成功の秘訣」

努力の継続と一見、似つかわしくないようなホリエモン」が語る成功の秘訣、知りたいですよね。

 

では、いってみましょう!

 

営業心得

 

※クリックすると動画に飛びます

ーーーーーーーーーーーーー

 

みんな楽しようとしているだけなんじゃないですか?

 

よく質問されるのが、
「なになにをしたいんですけど、コツはありませんか?」とか
「堀江さんが尊敬している人は誰ですか?」とか

 

僕がやっていることをそのままトレースすれば同じようにできると思い込んでるのは、絶対、おかしいよね。

 

僕と同じやり方をしても、作業量が半端なく僕の方が多いんで、絶対、追いつけないし、同じようにできないよ。

 

僕は「努力」って言葉が大嫌いで、だから、努力って言わないんですけど、言いたくないんですけど、「努力」っていわざるを得ないくらい、みんな努力してないよね。

 

積み上げの「つまんない作業」ってやんないんですよね。

 

僕、今、幾つかの会社のコンサルティングとか出資をしているので、いろんな若い奴らと仕事してるんでるけど、もうね、、ひどい、若い奴ら。

 

ある新しいシステムを改良中なんですけど、改良している間、「新規のデータの入力を止めてます」って言うんです。

 

もう、2週間ぐらい更新が止まってるんです。

 

「なんでそんなことすんの」って聞いたら、「整理がつかない。」って言うんです。

 

「システム改修をしている間に、100件とか200件のせっかく入れたデータを入れ直さなきゃいけないからめんどくさい。その分、2週間データの更新を止めます」って言い出しやがるヤツがいるんです。

 

腹たっちゃって。

 

そいつ聞いてたら、お前、ホント、俺腹たったんだぞ、俺はマジでって。努力が全然、足りてないんですよ

 

僕が当たり前のようにやっている努力をみんなしてないってことに、割と最近、気づいたんですよ

 

「俺、みんな、当然のようにやってる」と思ってたんです。

 

僕の周りのすごい人達って、みんなすごい努力をしてるんですよ。

当たり前のように、コツコツと、みんなが見てないところで、、、。

 

しかも、一番忙しい人が、LINEとかメールのレスが、一番、早いんですよ。忙しい人ほど、レスが早い。

 

仕事の処理の効率も良いし、努力を自然にできるようになっているから、努力を努力だと思ってないんですよ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ホリエモンは、寝袋で会社に泊まって仕事をするのが普通なわけで、実は、超ハードワーカーなのです。

 

努力を努力と思わずに継続しましょう!

 

営業心得

 

 

8−5、you tuber ヒカルが当たり前にしている凄い努力

2018年3月3日、「you tuber」のヒカルさんが年商1,823億のDMMに協力を得て「バズキャリ就活」を開催しました。

 

営業心得

※株式会社 DMM.comリクルートページより

 

中卒・高卒・専門卒・大学中退などのいわゆる「非大卒者」は、大卒者に比べて就職の選択肢が少ない現状です。

 

そのような非大卒者を対象にした就職支援イベントが、3月3日、開催された「バズキャリ就活」。

 

主催はYouTuberヒカルさんも所属する、インフルエンサーマーケティング事業を行うVAZ。

 

ヒカルさんは、2017年、個人の価値を株取引に似た仕組みで売買するプラットフォーム「VALU(バリュー)」でとった行動が株式市場であれば「インサイダー取引」に当たるとして批判を浴びました。

 

26歳(2018年3月現在)の若者が年商1,823億の企業とビジネスを進めるその商談がyou tubeで公開されており、DMM担当者とこのようなくだりがありました。

 

■DMM担当者

「ヒカルさんって、登録ユーザー数って、どれくらいなんですか?」

 

営業心得

※クリックすると動画に飛びます↑

 

 

営業心得

 

■ヒカルさん

「僕、今、190万くらい」

 

■DMM担当者

「190万!?W 今、食いついちゃったけど」

 

営業心得

 

 

■DMM担当者

「どのくらいの頻度で投稿されるんですか?」

 

■ヒカルさん

「1日、一本ですね。毎日、1本絶対に投稿って所で」

 

営業心得

 

 

■ヒカルさん

「1年ぐらいはもうずっと毎日投稿続けていますね!」

 

営業心得

 

 

■DMM担当者

「いやすげぇ!」

 

 

営業心得

 

■DMM担当者

「平均で(再生数は)どんなもんですか?

 

■ヒカルさん

「今、大体150万ぐらいは平均で獲りますね再生数!」

 

 

営業心得

 

 

■DMM担当者

「考えられない‥」

 

営業心得

 

毎日、動画を撮影し、編集し、アップする、恐ろしい努力です。

しかも、それを、毎日、続けているのです。

 

you tuberと偏見を持たれそうですが、この一点だけでも真面目な努力家な事がわかります。

 

僕も毎朝5時に起きて仕事をしています。

 

時々、カンの良い方からは、「加賀田さん、朝早いですね!」とバレているのですが、
毎朝、5時起きだったのです。
「楽して稼ぐ」系の風潮が蔓延しているので、隠していたのです。

 

努力を継続することが、一番強いと信じているのです。

 

 

加賀田

【トップセールス営業心得「第七条」】

 

トップセールス営業心得「第七条」はベタですが「努力の継続」です。

 

イチロー選手、ウメハラ(プロゲーマー)、ピカソ、ホリエモン、ヒカル(you tuber)など、時代を問わず、分野を問わず、世代を問わず活躍している方は、努力を継続しています。

 

売れ続ける営業心得その5は、努力を継続することです。

 

 

 

9、トップセールス営業心得「第八条」:サクセスストーリーはピンチヒッターから始まる!

加賀田

【トップセールス営業心得「第八条」】

 

トップセールス営業心得「第八条」は、

「ハードワークを軽んじるな!サクセスストーリーはピンチヒッターから始まる!」です。

 

 

「つんく♂」さんって、御存知ですよね。モー娘。のプロデューサーとして有名です。

 

あまり、知られていないのが、つんく♂さんは、優秀な「ビジネス本」を執筆されています。

 

つんく♂さんですと、若い営業マンも共感してくれるので、僕は、朝礼や営業セミナーや営業研修で良く、彼の話を引用していました。

 

 

以前、僕が勤めていた会社は、365日営業している会社で、逆に、同業他社は、盆暮れなど、休みに入るんです。

 

その時こそ、実は、かき入れ時で、通常より、営業売上1,5倍~2倍はザラでした。言葉は悪いですが同業他社に対して、「ホント、バカだな~(笑)」と思っていました。

 

結婚して子供もいる社員は「盆暮れ」休ませましたが、独身の若い社員はそれこそ「盆暮れ」出勤することで「特別手当」や、ベテラン社員がいないので普段与えられない案件が回ってきたりチャンスなのです。

 

 

しかし、社会経験がない頭でっかちの若い社員は、雑誌で見てきた「ワークライフバランス」などと馬鹿げたことを言ってきたので、「つんく♂」さんの事例を出して、優しく、そして、丁寧に指導していました

 

「つんく♂ ♂ 一番になる人(サンマーク出版)」

 

 

----------------

 

【人が遊んでいるときに働く人】

サクセスストーリーはピンチヒッターから始まる

 

わが家の商売であった塩干・乾物屋の手伝いをさせられたのは、小学校に入る前からのことです。

 

(中略)

 

僕が、「なんでうち、日曜なのに、休みちゃうのん?」と文句をいうと、そんなとき、じいちゃんは決まってこう答えていたものです。

 

「アホか、おまえ。人が遊んではるときに働かへんかったら、儲からへんやないか。休んどったらあかん、あかん、いま働かな、損やで」。

 

じいちゃんのそんな考え方を体に刷り込まれてしまったのでしょうか。クリスマスや正月といった、人が遊んだり、休んだりするときに、好んでバイトを入れるようになりました

 

(中略)

 

「シャ乱Q」がデビューしてまだ無名だったころ、こんなことがあったのです。

 

名古屋のラジオ番組でレギュラーを務めていたある歌手が、正月の生放送のときに、高熱を出して、出演できなくなった。ついては代わりに出演してもらえないだろうか。

 

そんな電話が、大阪の実家でボーッと過ごしていた僕のところにかかってきたのです。

 

正月なので、売れているタレントは仕事がぎっしり入っているか、海外旅行に行っていたりして、誰もつかまらなかった

 

それで、ピンチヒッターとして、売れないバンドのボーカルをやっていた僕に白羽の矢が立ったというわけです。

 

「えっ、明日ですか」あまりにも突然でしたし、実際、予定も入っていたのですが、これは断ったらダメだと思い、「行きます」と答えて、機材車を走らせ、大阪から名古屋に駆けつけました。

 

マネージャーがいないなか、生放送で二時間ほど、自然体でしゃべりたいようにしゃべったところ、そのトークの評判がよかったらしく、その後、名古屋でレギュラーがいくつか決まったのです。

 

 

「シャ乱Q」に運が向いてきたのは、じつは、それからなのです。

 

いまでも僕は、ときどき、ふと考えることがあります。「あのとき、出演依頼を断っていたら、どうなっていただろう?」と。

 

営業心得

 

‐―――――――――――――――

 

重要点を繰り返しますね。

1、人が遊んでいるときに働く

2、サクセスストーリーはピンチヒッターから始まる

です。

 

つんく♂さんは、こうも言っています。

 

「人が嫌がる仕事をやる」のが、唯一、どんぐりの背比べ状態から、一気にごぼう抜きできるチャンスなのです。もちろん、僕は、「休むときに休む」という考えを否定しているのではありません。

 

「休みにのんびり(旅行)するために、がんばる!」という大人の余裕も大事です。ここで言いたいのは、「人が遊んでいるときにつとむ!」というハングリー精神なのです。

 

まだ、「何者でもない」のであれば、人が休んでいるときに働き、経験値を積み、チャンスをつかもうとする必要があります。

 

新人の営業マンは、ベテランが休んでいる間に、案件をもらえるチャンスですし、僕が知っているフルコミの営業マンや、将来独立を考えている営業マンなどは、盆暮れなどは、商売敵が休んでいるので、嬉々として、チャンスとして営業活動しています。

 

仕事は、仕事場でしかできない訳でなく、お風呂に入っているときもビジネスについて考えられますし、お店で、食事をしているときにお客様視点、経営者視点で営業データ分析や経営分析は出来ます。24時間、仕事と言えば仕事ですね(笑)

 

加賀田

【トップセールス営業心得「第八条」】

 

トップセールス営業心得「第八条」は、

■サクセスストーリーはピンチヒッターから始まる!

■人が遊んでいる時に働く!

■ハードワークが必要な時もある!

です。

 

 

10、トップセールス営業心得「第九条」:自信があるふりをしよう!

10ー1、凄腕営業マンの自信とは?

加賀田

【トップセールス営業心得「第十条」】

 

トップセールス営業心得「第十条」は「自信」です。

 

 

 

 

先日も、営業クライアント様とお話ししていましたら、商品・サービスは最悪だったんですが、営業がうますぎて、契約してしまったケースのお話になりました。

 

なぜ、契約してしまったんですか?」ご質問したところ、その営業マンが、その営業クライアント様の会社の取り扱い商品の理解度があまりに高く、自信満々なので、この会社は、とても私たちのことを理解してくれている。任せて、大丈夫!と思ってしまったとのことでした。

 

すごいですね、、勉強になります。仕事内容はもちろん、仕事観理念への共感がとても重要ですね

 

 

別の日には、あるビジネスパーソンが、ご自身の車を売る時に出会った「凄腕営業マン」の話になりました。

 

中古車販売大手ガリバーとビックモーターの相見積もりのはずだったんですが、その人は、どんどん、ビックモーターの営業にのめり込んでいったそうなんです。

 

その理由は、その営業が、「この条件で決済できなかったら、おりますから!」と自信満々で交渉してきたからです。

 

実際には、条件は、どんどん変わって最初と違って不利になったそうですが、なぜか、結局、その営業と契約してしまったのです。

 

なぜだと思いますか?不思議ではないですか?

 

営業心得

 

10−2、ノーベル経済学賞から考える自信の重要性

2002年にノーベル経済学賞を受賞したプロスペクト理論という行動経済学の理論からご説明します。

 

その理論を説明する為の質問を2つしますね。

 

■質問1
100万円あります。あなたは、どちらを選びますか?

A)100万円をそのままもらう。
B)じゃんけんに勝ったら200万円もらえるが、負けたら何ももらえない。

 

もしかしたら、
A)を選びませんでしたか?

 

 

■質問2
事故を起こしてしまって、あなた100万円の借金をしました。次のどちらを選びますか?

A)じゃんけんに勝ったら、借金を帳消しにするが、負けたら借金が200万円になる。

B)じゃんけんをせずに、100万円の借金を背負う。

 

こちらも、A)を選びませんでしたか?

 

実は、ほとんどの人が、同じような選択肢を選ぶのです。

 

このことは、人間は自分に有利な場面ではリスクを避けて、不利な場面ではリスクをとるということを示唆しています。

 

良くあるケースですが、追い詰められた人間は、一か八かの大勝負にでることが多いですよね。

 

つまり、多くの人間は、損切りできないのです。

 

特定の営業マンにのめり込んで、損が膨らんで行っても、営業マンの言う「一発逆転を信じて」商談を進め、大損することがあるのです。

 

見込客をしっかり見極め(営業マン自身が信頼できる見込客)、信頼関係を時間をかけて築き、商談を丁寧に行い、自信を持って説得することがキモになるのです。

 

加賀田

【トップセールス営業心得「第九条」】

 

トップセールス営業心得「第九条」は「自信」です。

「お客様は、あなたの『自信』を見ている!」のを忘れないようにしよう!

 

 

 

営業心得

 

10、まとめ:9つの「トップセールス営業心得」で売上アップ!あなたの運命を変えよう!

営業で楽しく結果を出すための「売れ続ける営業心得」を考えてきました。

 

 

 

 

さらに具体的に営業スキルにご興味がある方は、僕のメルマガにご登録ください!即座に成果を出したいかたは、営業セミナーにご出席くださいね。

 

あなたに、いつかリアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出す

営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)

 

営業セミナー東京

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事