営業 日報で、強い営業組織を創ろう!【具体例とコツ】

「営業 日報の効率的な運用方法がわからない」

「営業 日報って必要なのかな?」

あなたも「日報」について悩んでいるはずです。

 

 

申し遅れました。私は、

加賀田

 

営業がニガテの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

台本営業®コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

あなたは営業日報が必要と思っても、部下は「営業日報を記入するなら現場で数字を追いたい!」とか、「営業日報を記入する時間がかかりすぎる」とか、「効果的な日報の活用法が知りたい」とか反対の声が上がっているかもしれません。

 

成功する「営業日報」の具体例と運営方法をお伝えします。

 

営業 日報

 

1、営業組織を確実に強くする「しくみ化」日報のやり方!

あなたに従業員、部下がいらっしゃるのであれば、個人としてではなく営業マネージャーとして「どのように組織を勝たせるか?日々、んでいませんか?

 

 

そのようなあなたに、一日、10分で出来る営業組織を確実に強くする仕組み化」について具体的にお話します。

 

 

あなたに従業員・部下がいらっしゃるとしたら、たぶん、あなたの営業スキルは、中の上以上だと思います。

 

つまり、「その営業スキルを効果的・効率的に部下に浸透させるにはどうしたら良いか」悩んでいませんか?

 

私が、営業現場で、とてつもなく苦労して、1日10分/一人一番、即効性のあった実績のある方法をお教えします!

 

それは、

 

 

日報です!!

 

 

「すでに、やっているよ!」という方は、そのまま継続してください。

 

もし、日報をやっていないのであれば、今日からはじめてください。

 

営業 日報

 

2、営業 日報の内容

日報の内容はシンプルで良いのです。

以下の3つの内容をおさえてください。

 

1、定量分析
■目標数字

■実数(結果)

■差(目標ー実数)

■達成率(実数➗目標)


そして、

見解
良かったのか?悪かったのか?

悪かった場合どのように改善するか?

 

 

2、短期的な作戦

■週間単位

■1か月単位

 

 

3、中長期的な作戦

■3か月以内

 

について、従業員、部下と1人10分で良いので、膝と膝を突き合わせて、面談してください。

 

1人10分でも、6名実施すれば、1時間、かかります。

 

もしかしたら、あなたは、「1時間もとれないよ~」と思われるかもしれませんが、「なまくら刀」でいくら戦っても、勝負には、勝てません。

 

 

「刃を研ぐ」習慣が必要なのです。

 

 

営業 日報

 

 

3、営業 日報の効果は「あなたの分身」を作ること

「営業日報」の効果は、あなたの「分身」を作ることなのです。

 

あなたのマインド」「スキル」を「営業日報」で従業員・部下にダウンロードしてください。

 

人生観・仕事観を「飲み」に行かずに、毎日、インストールすることができるのです。

 

早くて、当日、遅くても、一週間後ぐらいから効果を実感されると思います。

 

多分、「あっ!こんなことが分からなかったんだ!」とか、「こんな不満を組織にもっていたんだ!」とか、びっくりされると思います。

 

部下からしたら「私の話を、しっかり聞いてくれたんだ」と、不満の「ガス抜き」効果もあります。

 

今日から、実施してください。

確実に効果があります。

 

営業 日報

 

さらに具体的な営業スキルにご興味がある方は、僕のメルマガにご登録ください!

 

「すぐに成約率をあげたい!売上をあげたい!」あなたは営業セミナーにご出席くださいね。

 

あなたに、いつかリアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業がニガテな人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出す営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)

 

営業セミナー

 

営業指導歴18年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事