2021年上半期、不動産売買仲介トップセールスになった7つのトークスクリプト

 

不動産売買仲介営業マンでトップになるための具体的トークスクリプトが知りたい!

 

不動産売買仲介営業マンのあなたはトップセールスになるための具体的トークスクリプトに興味があるはずです。

 

 

山口

 

こんにちは!私は、

激務で離職率も高い不動産業界で、

楽しくノーストレスで、15年トップセールス

 

営業教育日本一

ミリオンセールスアカデミー®

台本営業®認定コンサルタント山口幸夫です。

 

 

実は、私、山口は2021年上半期のベストエージェントとして表彰されました。

 

私が、エージェントとして所属している 株式会社TERASSで、Agentlyという不動産購入希望のお客様を集客するサービスがあり、そのAgently利用のお客様での成約件数が2021年上半期でトップになりました。2020年の年間表彰に続いて連続トップになることができました。

 

台本営業®︎コンサル

 

私がどうしてベストエージェントになれたのか?

 

その答えを先にお伝えすると、

営業工程毎トークスクリプト(営業台本)を作り続けたから」

「台本を作りながら常に他の営業マンとの差別化を考えてきたから」

です。

 

そして、今回の受賞からこの半年間の自分の行動を振り返ってみた時に、記事であなたにお伝えしてきたことを実践した結果だということも分かりました。

 

台本営業®︎コンサル

 

 

そこでこの記事を読んでいるあなたに、すぐに使える「あなたが不動産営業でトップセールスになるための7つのトークスクリプト」を伝授します。

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト1:人間関係構築

 

山口

 

私が最も重要視していることはお客様との「人間関係構築」です。

 

私は、必ずお客様との初回面談を1時間ほど行うようにしています。この初回面談の中でいかに人間関係を作っていくかが、成約になるかどうかを決めると言って過言ではありません。

 

 

 

具体的には、

 

・人間関係構築

・医者と患者の関係作り(専門家として私の話を聞きたいと思ってもらうこと)

・私のミッションを伝えること

 

この3つを愚直に実践してきました。

 

さらに詳しくは、以下の記事を参照してください↓

不動産売買仲介営業トップセールスの営業トーク3つのコツ

 

不動産売買仲介営業トップセールスの営業トーク3つのコツ

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト2:事前審査トーク

 

山口

 

そして「住宅ローン事前審査実施の提案をして事前審査を取り付けること」を初回面談のゴールと設定してその結果検証を行いました。

 

トークスクリプト(営業台本)を練りに練って、本気で買いたいと思っているお客様であれば住宅ローン事前審査をしない理由がない、というところまでトークスクリプト(営業台本)を作り上げましたので、上半期において初回面談から住宅ローン事前審査まで進んだ確率は100%でした。

 

 

 

特別に、具体的トークを紹介すると↓

 

通常は気に入った物件が出てきたときに、購入申し込みと同時に住宅ローン事前審査をしますが、良い物件だと競合する人もいて、審査が遅くなると、売主が審査が通ったひとを優先して負けてしまう可能性があるので、競合に勝つ為に、先に事前審査をしておきましょう。

 

事前審査をすることで、①借入可能額、②適用される金利がはっきりわかるので、細かい支払いシュミレーションをすることもできますよ^^

 

 

この提案をして、本気で購入を検討している人が事前審査をしないはずがないのです。

 

そして、常に他のエージェント(営業マン)とどうすれば差別化が出来るかを考えて、台本に反映させ、行動実践してきました。

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト3:ハザードマップトーク

 

山口

 

他のエージェント(営業マン)との差別化を考えたときのトークとして「洪水などの自然災害が毎年発生している中で、不動産売買におけるハザードマップのリスクについて初回面談時に必ず自分からお客様へ伝える工夫」があります。

 

具体的な「ハザードマップトーク」については、以下の記事を参照してください↓

 

 

 

不動産営業 初回面談 トーク:トップセールスが密かにやっている極秘トーク

 

不動産営業 初回面談 トーク:トップセールスが密かにやっている極秘トーク

 

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト4:諸費用計算書

 

山口

 

「お客様の現地ご案内(内見)時に必ず、諸費用計算書を準備してお渡しするトーク」については、以下を参照してください↓

 

 

 

不動産売買 諸費用計算書とは?具体例。作り方。他の営業マンと差別化しよう!

 

不動産売買 諸費用計算書とは?具体例。作り方。他の営業マンと差別化しよう!

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト5:売買決済引き渡し日

 

山口

 

「売買契約の日に売買決済引渡日を決める工夫」についての具体的トークは以下を参照してください↓

 

 

不動産売買仲介新人営業マンの為の「決済」準備悩み解決!

 

 

不動産売買仲介新人営業マンの為の「決済」準備悩み解決!

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト6:紹介トーク

 

山口

 

「紹介につながる、売買決済引渡し時の喜ばれるお客様へのプレゼント」については以下の記事を参照してください↓

 

 

不動産営業で紹介をもらえる「意外な方法」

 

不動産営業で紹介をもらえる「意外な方法」

 

 

「他の営業マンとの差別化」と「お客様との更なる人間関係構築のため」にすべて実務でリアルに実践してきたことをお伝えしています。そして、結果検証と、改善・修正も繰り返しています。

 

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト7:ミッショントーク

 

山口

 

もう一つ、私がお客様へ必ずお伝えしている重要なトークがあります。

初回面談時、購入申込を頂いた時、売買契約の時、決済引渡しの時などに欠かさずお伝えしているトークです。

 

 

 

それは、、、

 

ご契約頂いてからが本当のお付き合いだと思っております。

将来、もしお住まいにならなくなって売却するときには私が責任を持って売却のお手伝いをさせて頂きますのでご安心ください

 

と自信を持ってお伝えすることです。

 

 

売り放しにするような営業マンではないこと、リセールバリューを加味して自信を持って薦めているということ、そして私にとっては将来のリピート見込顧客となって頂くために、責任と自信を持って必ずお話するようにしています。

 

 

不動産売買仲介トップセールスのトークスクリプト:まとめ

 

山口

 

私が、ミリオンセールスアカデミーで学んで、営業台本を作って実践していることのもう一つの効果として実感しているのは、ひつとひとつの発言や行動を、成約(契約)というゴールに結びつけて考える力が自然に付いているという事です。

 

この記事を読んでいる不動産営業の方の中には、もしかしたら、私のことを特別な人間で私だから出来たんだろうと思っている方がいるかもしれません。でも、私が他の営業マンと違うところは営業として話すべきことを台本にしているかどうかだけです。

 

もし、あなたが「他の不動産営業マンと違う営業がしたい!」「どうやったら差別化できるんだろう?」と悩んでいるなら、ぜひ一緒に考えていきませんか?

 

私も最前線の現場で頑張っている現役営業マンです。常に変化、進化、カイゼン。現状維持は退化です!一緒に台本を作って、不動産業界に新しい風を吹かせましょう!

 

志高く不動産業界で活躍したいと考えているあなたに熱意を込めて。

 

 

 

台本営業®︎メソッドにご興味が湧いてきたら、ミリオンセールスアカデミー®︎無料メルマガで最先端の営業スキルを体得してください。

 

即座に成果を出したいご事情があれば「台本営業®セミナー」で売れる営業台本を作成してみてはいかがでしょうか?

 

あなたにいつかお会いできる日を、楽しみにしています^^

 

 

営業がニガテで困っている人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出すミリオンセールスアカデミー® 台本営業®セミナーについてもっと詳しく見る

 

営業研修

 

トップに戻る

 

 

 

Twitterでもご購読できます

 

営業指導歴21年の専門家が伝授!営業が苦手な人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスアカデミー®︎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事