営業でくじけ、やる気がなくなった時は「矢沢永吉著(成り上がり)」を読もう!

Wonded Healer(ウーンデッド・ヒーラー 傷つきながら癒す人)

ってご存知ですか?

 

Wonded Healer(ウーンデッド・ヒーラー)とは「自ら傷つきながらも、癒してくれる人」です。「自ら傷を持っているから他者を共感することができる」のはもちろん、「自らの手で、自らの傷を癒すことに成功したからこそ、他者を癒すことができる」ことに凄さがあります。

 

矢沢永吉さんは「35億の詐欺事件の被害」にあって、これで矢沢も終わった、、、」と誰からも思われました。

 

しかし、ステージに立ち続け、ついには35億完済!

 

そのような矢沢さんの生き方に我々が惚れるのは、矢沢さんが、自分は傷つきながらも、我々を癒してくれる「Wonded Healer(ウーンデッド・ヒーラー)」だからです。

 

あなたも「やる気がなくなる」こと

「もうだめだ!」と思われること、あるかもしれません。

 

そのような時、私たちに勇気を与えてくれる「永ちゃん」のお話です。

 

矢沢 永吉

 

1、矢沢永吉名言:成り上がり(矢沢永吉著)から

私は、高校生の時に、「成り上がり」を読んで、えらく感動しました。

あなたも、「成り上がり」の有名なこんなエピソードを覚えているかもしれません。

 

 

 

母親は矢沢さんが3歳の時に家を出る。

 

父親とは小学校2年で死に別れる。

 

親戚中をたらい回しにされ、祖母に育てられ、

極貧の少年時代を過ごした。

 

 

 

「ある日、金持ちの子供が、クリスマスケーキを

 

『永吉、こんなもの食べられないだろ?食べたいか?』

といってきた。

 

『食べたい!食べたい!』

と言う俺の顔に、

 

その金持ちの子供は

ケーキをべチャッと投げつけた。

 

オレは、『てめーコノヤロー』って、

そいつに殴り掛かったんじゃない、

 

オレは、ケーキを舐めたんだ、

 

現実は劇画ほど、カッコよくない。

 

 

ほっぺたについている生クリームよ、

落ちないでくれ、

 

落ちないでいてくれたら、

オレにも食べられる、

 

そいつが横を向いたとき

生クリームを初めて舐めた、、

 

 

『おいしかった、、』

 

 

その時、俺は、

成り上がることを誓った。」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

矢沢永吉さんが本当にすごいのは、成り上がったからではなく、

68歳(2,018年現在)、そして還暦を過ぎても、トップであり続けていること。

 

以前、矢沢永吉さんの東京ドームのコンサートに行ったのですが、コンサートでは、若者ではなく、全国から、分別のついた大人5万人以上動員するのですから凄いです。

 

営業モチベーション維持について

 

あなたのモチベーションの源泉はなんでしょうか?

 

一瞬、営業マンの中で一位になっても、一瞬売上をあげても、意味がありません。

あなたが走り続ける意味を、自問自答してみてはいかがですか?

 

そして、それは、日々、考える必要があるのです。

1日、5分でも、自分の為の時間をとって考えてみてください。

 

瞑想とは?ジョブスやビル・ゲイツが愛した「マインドフルネス」とは?

 

瞑想とは?ジョブスやビル・ゲイツが愛した「マインドフルネス」とは?

 

2、矢沢永吉名言:ツッパリとは、食うことさ

矢沢永吉さんが昔、どこかでこのように語っていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ぼくは、いつだって前だけを見て歩いているんだ。

 

ぼくのいうツッパリとは、食うことさ。

 

サラリーマンのツッパリ精神には、敬服しているんだ。

たとえば、10人のサラリーマンと10人の暴走族が命がけの決闘をしたら、暴走族全員が殺されるよ。俺、嘘いわない。

 

 

生活がかかっているほうが強いんだよ。

 

 

誰が好きこのんで、ゼネストのとき、4時、5時に起きて、テクテク何キロも歩いて会社へ行く?

ツッパルってのはそういうことだ。

だてや酔狂で生活かけたわけじゃない。

 

いまの暴走族のやつらはぼくの一面だけを見て、もうひとつの面を知らない。

 

俺はすごいまじめで、すごく貪欲な青年だった。

先輩に対して腰が低く、相手の眼をみつめて一言一句も聞きのがすまいとつとめた。

 

先輩のすべてを吸収して、悪いものは流し、いいことは残そうとした。

これがなかったら、なまいきだけでは世の中、渡ってこれなかった。 

 

矢沢永吉

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どう思われました?

 

矢沢さんものすごく、まじめですよね。

自分を信じ、そして努力する。

 

台風や雪で、通常通り会社にいけなくなる時に、毎回、永ちゃんのこの話を思い返しています。

 

矢沢 永吉

 

3、矢沢永吉名言:俺は自分で自己暗示かけてきた

情熱大陸で矢沢永吉さんがこんな風に語っていました。

 

■ナレーション
27年前(20代後半)の自分に対面してもらった、、。

 

矢沢永吉:営業モチベーション

 

 

矢沢永吉(20代後半)

もう少しで、30才になるね、、。

30になると、男は色気がつくからね。

 

がんばって無いヤツはパスポートもらえないんだよ。

パスポート印をおしてもらえないと30代に入れないから。

 

だから、オレ、「泣くなよ!」って言うわけ。

泣かないように、がんばってパスポート申請できるようにしなきゃいけないわけ。

オレは、自分でパスポートもらえたんじゃないかって思うわけ。

 

 

インタヴュアー
言ってることが変わらないですね。

 

 

矢沢永吉(50代)

この人は、サクセスしますよ。

だって、ぶれてないもん。

全然、ぶれてない。

 

 

僕は、自分で自己暗示かけてきたと思うよ。

 

 

「お前、できる!」

「お前、最高だよ!」

「お前は、やれるから!」

「お前は、絶対やれるよ!」

「お前には、才能があるから!」

「お前は、絶対星つかむよ!」

 

 

 

営業マン自己暗示:矢沢永吉

 

—————————-

 

どう思われました?

 

矢沢永吉さんも、不安を抱えながらも、自分は出来ると信じて、人一倍努力を重ねてきたんですね。

 

私たちに、矢沢永吉さんの生き様が勇気を与えてくれます。

矢沢さん、2,018年現在で68歳(1949年9月14日生)ですからね!

ホント、すごいです。

 

僕のメインメッセージはベタですが、「自分を信じてがんばろう!」ってことです。そして、自分を信じる為には、マインドセットのスキルが必要なのです。

 

矢沢永吉さんのやっていた自己暗示は、

「アファーメーション」ではなく、「インカンテーション」なのです!

 

詳しくは、こちらの記事にまとめました↓↓

潜在意識を書き換えよう!インカンテーション

 

潜在意識 を書き換えよう! 超簡単!僕が成功した実践方法!

 

4、矢沢永吉名言:最初、サンザンな目にあう。二度目、オトシマエをつける。三度目、余裕。

誰しも、チャレンジしたら、失敗することがある。

そのような時に、力を与えてくれる名言。

 

「最初、サンザンな目にあう。

二度目、オトシマエをつける。

三度目、余裕。

 

こういうふうにビッグになっていくしかない。

 

それには、サンザンな目に会った時、

落ち込んじゃだめだ。」

 

 

散々な目にあった時に、どのような心構えをするか?

 

「オトシマエをつける」と永ちゃんは言っています。

「勝つことが最高の復習である」と言った「アイルトン・セナ」を思い出します。

 

続きは、勝つことが最高の復讐である

 

パワハラ上司対応法:パワハラ上司はこう乗り越えよう!

 

5、矢沢永吉名言:やっちゃえ

日産のCMから(矢沢永吉)

 

 

「2種類の人間がいる

 

やりたいことをやっちゃう人間と

やらない人間

 

やりたいことをやってきたこの人生

おかげで痛い目にもあってきた

散々、恥もかいてきた

 

誰かの言うことを素直に聞いてりゃ

今よりずっと楽だったかもしれない

 

でもね、、、

これだけは言える

 

やりたいことをやっちゃう人生の方が、

間違いなく面白い

 

俺は、これからも

『やっちゃうよ』

 

あんた

どうする?」

 

矢沢永吉

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたの中には、掘り起こされていない能力がまだまだ沢山埋まっています!!一緒に、少しずつ、前進していきましょう!

 

もし、あなたに「私には、理論的体系的に教えてくれる上司・先輩がいない!」とか、「とにかく、すぐ売り上げをあげたい!」というのでしたら、営業ニガテな人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出す「営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)」で営業のコツを体得して営業力をあげましょう!

 

あなたに、リアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業研修

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事