「保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由(周小異)」営業マンオススメ本

 

営業が上手くできない。

 

あなたはそのような悩みをお持ちのはずです。

 

保険がない国(中国)から来日し、日本語も上手く喋れないのに保険営業でトップセールスになった女性がいるのです。

 

 

こんにちは!私は、

加賀田

 

営業がニガテの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

ミリオンセールスアカデミー®

台本営業®コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

保険のない中国から来日し、つたない日本語で、苦労して、苦労して、13年連続トップセールスパーソンになった周小異(しゅうしょうい)」さんの「考え方」を知って、売上をあげましょう!

 

保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由 周小異

 

「自分は平凡な人間」と悟った。だから、努力しかない。

この本の、一番重要な個所・読みどころを、お教えします。

P56~57です。

 

保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由 周小異

 

「自分にできるのは、努力しかない」ということです。

 

人が10軒訪問するなら、私は50軒訪問しよう。

8時間働くなら12時間働こう。

 

(中略)

 

自分は特別な人間だと思っていたのです。

ところが、実は、平凡な人間だった。

 

これからどう人生を見直すのか?

 

平凡な女性と認識したのなら、そのつもりで頑張るしかない。

ゼロからの出発しかない。ほかには何もないのだ。

 

人が10回読んでもわからなければ、私は100回、200回読めばいい。

それをやるしかない。

 

結局、目の前には、この道しかない

やらないのなら何も変わらない。

 

(中略)

 

20件のアンケートが取れるまでは、昼食を食べない。

500軒を訪問するまでは、営業所に帰らない。

 

そんな毎日が始まりました。

 

 

加賀田

 

自分も含めて多くのひとは「自分は特別だ」と、心のどこかで思っています。

 

そして、小さなことをバカにして、おろそかにしてしまいがちです

 

しかし、周小異さんは「自分は平凡な人間だ」と悟った。

 

なので、目の前の小さなことを誰よりも、数多くやりきる!」

という戦略(努力)を始めたんですね。

 

「自分は平凡な人間だ。なので、どんな小さなことでも、誰よりもやろう!」

というのが、周小異さんが成功された秘訣だと私は考えています。

 

あなたは、どのように思われましたか?

 

 

「丁寧にズウズウしく」「配慮はするけど、遠慮はしない」記憶に残るセールスとは?

どうやったら、記憶に残るセールスになることができるでしょうか?

 

「保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由(周小異)(P71)から」

 

だいたい今は、世の中、忙しい時代です。

断りを入れたお客様のところに何度も訪問するセールスはあまりいないものです。

 

しかし、断られても訪問する。だからこそ記憶に残るのです。

 

「今までこんなセールスはいなかった」と。

 

逆に興味を持ってもらって、一度はお会いしてからとても親しくさせていただいたことも何度もありました。

 

一方で、最初から「来ないでくれ」という強いニュアンスが感じられたり、2度目の訪問で厳しい対応をされた場合は、次の訪問はしませんでした。

 

単に忙しいとか、セールスに会いたくないとかでなく、何らかの理由で本当にセールスされたくない時期なのではないか?と思えたらからです。

 

実際、親族が亡くなっていたり、仕事がうまくいっていなかったり、という時期はセールスなどされたくないものです。

 

しかし、私は簡単にあきらめません。

 

こうしたケースは3ヶ月後、6ヶ月後に行くと、状況が変わっていたりします。

長く時間をあけて、再び訪問するようにしていました。

もちろん、慎重にご挨拶し、失礼のないようにお伺いしました。

 

 

保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由

 

加賀田

 

「丁寧に、ズウズウしく。」

 

「配慮はするけど、遠慮はしない。」

 

これが、トップセールスの合言葉です。

 

 

 

「頑張り」は、ちゃんと見ている人がいる

加賀田

 

成果を上げられるセールスと、そうでないセールスの違いは何でしょうか?

 

 

「保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由(周小異)(P120)から」

 

実際に、来る日も来る日もインターホンで訪問を断られながらも飛び込み営業を続けられたのは「お客様のお役に立ちたい」という気持ちを、行動でしか示すことができなかったからです。

 

そして、一生懸命に日々頑張っていた私を、ちゃんと見てくれていた人たちが確実にいました。

 

お客さまになるかどうかとか、そういう問題ではない。

私の行動を気にかけてくれて、褒めてくれて、声をかけてくれる。

そんな方がどんどん増えていったのです。

 

(中略)

 

では、成果を上げられるセールスと、そうでないセールスの違いは何か?

 

それは、いつまで同じ職域の訪問を続けられるか、だと思っています。

多くのセールスは、訪問を始めていい感触が得られないと、あっという間にその職場への訪問をやめてしまうのです。

 

しかし、私は、簡単には、やめませんでした

 

とにかくそこの職場の方と仲良くなり友達になるまで、そしてもっと言えば契約が取れるまで、私は同じ職場への訪問を続けました。

 

 

保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由

 

加賀田

 

難しい言葉で言い換えると、「選択と集中」です。

一点に絞って、「突破」するのです。

 

「一点突破」した後に、「全面展開」が可能になります。

 

まず、「一点」に集中しましょう!

 

 

「どうすればもう一度会うことができるか?」に知恵を絞る

加賀田

 

そうは言っても、何も考えずに、行動しても成果は上がりません。

 

考えながらセールス行動をすることが必要です。

 

 

保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由 P176より

 

セールスは、だらだらと進めてしまっては、なかなか成果が上がりません。

粘ることも大切ですが、ひとつにべったり粘るのではなく、テキパキと進めながらも粘る、と言う意識が大切です。

 

たとえば、商談にはなるべく間をあけない。

集中して取り組むのです。

 

私は飛び込みでも職域訪問でも、お客さまとの出会いがあると、すぐに次に会うための理由を作るようにしていました。

しかも、会う日や時間も決めてしまう

 

1回目の訪問で保険に関する話ができたら、すぐに2度目の訪問として「保険証書を見せていただくために、お伺いします」数日後の約束を取り付けていました。

 

 

加賀田

 

どう思われましたか?

 

「考えながらの営業活動」「期限設定をしっかりしながら」商談を進めて行っています。

 

 

 

まとめ:保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由(周小異)

「保険のない国から来た私がトップセールスになれた理由(周小異)」をまとめます。

1)自分を平凡だと認識し、努力しよう!

2)記憶に残るセールスをしよう!断られても続けること!

3)頑張りは見てくれている人がいる!続けよう!

4)考えながら、期限設定をして営業活動をする!

 

続けましょう!

 

もし、あなたが、「自分、一人で作成するのがむずかしい!というのであれば、台本営業®︎セミナーで、あなたのビジネスに当てはめた「売れる営業台本」を作成して売上をあげましょう!

 

 

僕は、いつもあなたのそばにいてあなたを応援しています!

あなたの営業コンサルタント 加賀田裕之です。

あなたに、いつかリアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業がニガテな人も、最新の購買心理学で体系的に営業理論を理解し、自然にお客様の「欲しい」を引き出すミリオンセールスアカデミー®︎台本営業®︎セミナー

 

営業セミナー東京

 

 

営業指導歴21年の専門家が伝授!営業が苦手な人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスアカデミー®︎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事