営業教育:自分がお客様としてセールスを受けてみよう!

営業力をあげる

意外なやり方

ってご興味ありますか?

 

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい」を引き出す!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

営業力をあげる

意外な方法って

ご興味ありますよね。

 

営業・セールス能力を上げる

カンタンな方法として、

自分が、

見込み客になって、

営業(セールス)を受けることです。

 

 

しかし、

ただ営業を受ければよいかって

そんなカンタンな話ではないですよ!

 

見込み客になって営業を受けてみよう!

 

 

 

1、営業力をアップする以外な方法

1-1、見込み客になって商談を受けてみる

もうすでに、

やってました?

 

僕も、日々、

接客を受けること、

営業(セールス)を受けること、

がもちろんあります。

 

その時に、

どう思ったのか?

どう感じたのか?

が重要です。

 

「買いたいな~」と思ったのか?

「絶対、買わない!」と思ったのか?

の理由を「物を買う

という購買心理の視点から

考察・分析してみてください。

 

高額商品であればあるほど、

営業マンの力量が左右します。

 

1-2、営業マン・セールスマンの価値(バリュー)とは?

もし、

あなたの商品・サービスに

営業が不要であれば、

セールスが不要であれば、

営業マンは不要になります。

 

WEBの「申し込みボタン」だけで

完結するわけですよね。

 

営業マンのバリュー(価値)とは

何なのか?

 

見込み客となって、

お客様の視点から、

購買心理を考察してください。

 

ものすごく

勉強になりますよ。

 

ただし、

本当に必要でないものは

買わないでくださいね。

 

 

2、凄腕セールスマンにクロージングされた話

2-1、僕がセールスされたときの話

 

ということで、

実際に、僕が、お客様として、

営業・クロージングされたときのお話しをしますね。

 

先日、業界で有名なすご腕営業マンに

クロージングされました。

 

どんなクロージングか、

ご興味ありますよね!!

 

僕は、

ある商品サービスを購入しようかどうか

真剣に迷っていました。

 

いわゆる、

自己投資」です。

 

具体的には、

ある会社が主催している

30万前後のセミナーが2つあり、

どちらかに出席しようと

迷っていたんです。

 

どちらが、

自分に合っているか?

分からなかったんです。

 

まず、

その事務局に電話しました。

 

すると、、、

なんと!

電話番号が違っているのです!

 

全く別の会社に掛かり、

その会社は、

「とっても迷惑している」

と言っていました。

 

この時点で、

あなたは、

「この会社はおかしい(笑)」

と思っていると思いますが、

 

僕は、

ネットで電話番号を検索して、

電話で説明を聞く時間を

受付の人に設定して頂いたんです。

 

すると、

驚いたことに、

3回も!

 

講師の方が授業が長引いたとのことで、

説明時間が後にズレました。

 

しかし、僕は、

そのセミナーに非常に興味があって

どちらかに出席したかったので、

なんとか、説明を聞きたかったんです。

 

4回目の架電で、

その講師の方がまだあかないということで、

なんと、

代表の方が説明してくださったんです。

 

しかし、

セミナーの説明を聞くと、

一方のセミナーは論理破綻しており、

もう一方のセミナーならアリかな?

と迷っていたら、

 

その代表の方は、

日程が先に開催する

その論理破綻していたセミナーを

押してきたんです。

 

2-2、具体的な営業トーク内容

 

■僕

もし、分からないことがあったら、

メールでご相談しても良いですか?

 

■代表

いや、

もうお話ししたことが全てですよ。

この後、私も外出しますので、

お答えできません。

 

■僕

はっ!??

えっ!??

 

僕が躊躇していると、

クロージングをされてきました。

 

■代表

あなたが中小企業の経営者相手の

ビジネスをするのであれば、

即決が基本です。

 

なぜなら、

中小企業の経営者自身が即決するからですよ。

あなたが、

即決しないと、

社長に好かれないですよ。

 

■僕

はぁ、、。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以前、お話ししましたが、

即決タイプ

熟考タイプがいます。

4つの顧客分類

 

僕は、いわゆる

熟考タイプなんです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ちなみに、

このタイプ分類を

メルマガでお話ししたところ、

決断の先延ばしすることを

推奨しているかのように

受け取られてしまったことがありました。

 

「論点」を明確にして、

「期限を決めて」考察するのは必要ですが、

 

「論定」を曖昧にして、

「期限を決めず」にダラダラ悩むのは、

 

いつまでも、同じ問題を解決しない人

つまり、成功しない人の典型ですので、

注意してくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2-3、見込み客として感じた事

 

話を元に戻すと、

■論理破綻していること

■顧客に対する愛情が感じられないこと

■クロージングが古いこと

   ※顧客のタイプ分類ができていない。

から、

 

そのセミナーを受講を止めました。

 

何が言いたいのか?

あなたも、

様々なセールスを受け

お客様の立場で考察してみてください。

 

お客様の立場で

感じること、

考えることが

一番ブレがありません。

 

他人から言われる(指導される)と

納得できないことも、

自分が顧客で感じると

営業理論も実感・体得できます。

 

営業力・クロージング力が

上がります!

 

ぜひ、

試してくださいね!

 

僕は、

いつも

あなたのそばにいて

あなたを

応援しています!

 

また、次回、

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

あなたの

営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつか、直接、

あなたに

お会い出来ることを

楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、、

営業が苦手な人も、、

最新の購買心理学で

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

 

営業セミナー東京

 


ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事