やさしさこそが大切で、悲しさこそが美しい:お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

加賀田

 

ここ数年で、一番、泣きました。

 

それが、『お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい(向野 幾世 著)』のやっちゃんの詩です。

 

 

 

 

加賀田

 

私は、最新の購買心理に基づいた「営業台本(トークスクリプト)」で、自然にお客様の「欲しい!」を引き出し成約率80%!

 

『営業は台本が9割(きずな出版)』著者
アマゾン新着ランキング一位、紀伊國屋 大手町店 総合・ビジネスランキング一位、紀伊國屋 梅田本店 ビジネスランキング一位 、第八刷増刷(2022年2月現在)

 

営業は台本が9割

 

営業教育日本一 ミリオンセールスアカデミー®主宰

台本営業®コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

「自分がどうみられるか?」ということはまったく考えることなく、「誰かに」「何か」を伝えたいという思いの時だけ、私たちは、本当に感動するのではないでしょうか?

 

重度の脳性麻痺で生まれ、15歳でなくなったやっちゃんが、お母さんに書いた詩を読むとき、そのようなことを考えずにはいられないのです。

 

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

 

その詩が、以下のやっちゃんの詩です。

 

 ごめんなさいね おかあさん
 ごめんなさいね おかあさん
 ぼくが生まれて ごめんなさい

 

 ぼくを背負う かあさんの
 細いうなじに ぼくはいう

 

 ぼくさえ 生まれなかったら
 かあさんの しらがもなかったろうね

 

 大きくなった このぼくを
 背負って歩く 悲しさも

 

 「かたわな子だね」とふりかえる
 つめたい視線に 泣くことも

 ぼくさえ 生まれなかったら

 

 ありがとう おかあさん
 ありがとう おかあさん

 

 おかあさんが いるかぎり
 ぼくは生きていくのです

 脳性マヒを 生きていく

 

 やさしさこそが 大切で
 悲しさこそが 美しい

 

 そんな 人の生き方を
 教えてくれた おかあさん

 

 おかあさん

 あなたがそこに いるかぎり

 

 

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい(向野 幾世 著)

 

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

 

この詩の作者であるやっちゃん(山田康文くん)は、重度の脳性麻痺を患う障害児と生まれて、15歳でなくなりました。
 
お母さん、僕が生まれてごめんなさい
※やっちゃん(山田康文くん)
 
そのやっちゃんが亡くなる2ヶ月前に書いた詩です。

 

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

 

 

養護学校教員の向野幾世さんがいくつもの文章を提示し、やっちゃんが目や舌のみの仕草で示して作成。

 

例えば、「ごめんなさいね おかあさん」この一言をとっても「ごめんね」「ごめんなさい」など、無数の言葉から、やっちゃんの想いに最も適した「ごめんなさいね」を選び出すだけで、約1か月を要しました。

 

 

お母さん、ぼくが生まれてごめんなさい

※向野幾世さん

 

お母さんとのやりとり

 

この詩は、やっちゃんとお母さんとのやりとりで完成したのです。

 

 
 ごめんなさいね おかあさん
 ごめんなさいね おかあさん
 
 ぼくが生まれて ごめんなさい
 
 ぼくを背負う かあさんの
 細いうなじに ぼくは言う
 
 ぼくさえ 生まれてなかったら
 かあさんの しらがもなかったろうね
 
 大きくなった このぼくを
 背負って歩く 悲しさも
 
 「かたわの子だね」とふりかえる
 つめたい視線に 泣くことも
 
 ぼくさえ 生まれなかったら
 
 
 
やっちゃんの詩に対してお母さんは、、
 
 
 わたしの息子よ ゆるしてね
 わたしの息子よ ゆるしてね
 
 このかあさんを ゆるしておくれ
 
 お前が脳性マヒと知ったとき
 ああごめんなさいと 泣きました
 いっぱい いっぱい 泣きました
 
 いつまでたっても 歩けない
 お前を背負って 歩くとき
 
 肩にくいこむ重さより
 「歩きたかろうね」と 母心
 
 “重くはない”と聞いている
 あなたの心が せつなくて
 
 わたしの息子よ ありがとう
 ありがとう 息子よ
 
 あなたのすがたを 見守って
 お母さんは 生きていく
 
 悲しいまでの がんばりと
 人をいたわる ほほえみの
 
 その笑顔で 生きている
 脳性マヒの わが息子
 
 そこに あなたがいるかぎり
 
 
 
このお母さんの詩を受けて、やっちゃんは、先に作った詩に続く詩を作ったのです。
 
 
 ありがとう おかあさん
 ありがとう おかあさん
 
 おかあさんが いるかぎり
 ぼくは 生きていくのです
 
 脳性マヒを 生きていく
 
 やさしさこそが、大切で
 悲しさこそが 美しい
 
 そんな 人の生き方を
 教えてくれた おかあさん
 
 おかあさん
 あなたがそこに いるかぎり
 

 

 

まとめ

 

私たちは、何かを表現する際に、「自分がどう見られたいか?」を考えがちです。「読者(聴衆)にどう見られたいか?」に焦点が当たっています。

 

しかし、自分がどう見られようと「何を伝えたいか?」に焦点が当たっているとき、人の気持ちを動かすのです。

 

テクニックやスキルも、相手を思う気持ちが込もっていないと、伝わりません。

 

「やっちゃん」のこの詩から、私たちが学ぶところも多いはずです。

 

あなたは、どう感じましたか?

 

営業指導歴21年の専門家が伝授!営業が苦手な人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスアカデミー®︎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事