なぜ日本でハロウィンが流行ったのか?USJを復活させた森岡毅氏のマーケティング戦略

「ハロウィンって、最近だよね?」

「ハロウィンって、いつから流行り出したっけ?

「日本のハロウィンの起源は?」

「ハロウィンで日本で、こんなに仮装が派手になったのは、いつから?」

 

日本でここ数年で「ハロウィン」が急速に盛り上がってきました。

 

実は、ハロウィンは「ある男」の仕掛けた「マーケティング戦略」だったのです。

 

その男とは、森岡 毅氏です。USJの元CMO執行役員です。

(※CMOとはチーフマーケティングオフィサー)

 

 

こんにちは! 私は、

加賀田

 

営業がニガテの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

ミリオンセールスアカデミー®

台本営業®コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

 

ハロウィンを仕掛けた森岡毅氏のマーケ・セールス戦略から、マーケティング戦略の重要点をひもときます。

 

あなたのビジネスに活かしましょう!

 

ハロウィン 日本

 

1、ハロウィンを日本で流行らせた森岡毅氏って誰?

加賀田

 

まず、森岡毅さんの経歴をご紹介しますね。

 

 

森岡氏のP&Gの抜群の実績に目をつけた、当時のUSJのCEOグレンガンペル氏に、ヘッドハントされて入社しました。

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル):売上高763億ドル(2015年)

 

ハロウィン 日本

 

 

2011年に初めて行った「ハロウィン・ホラー・ナイト」で、現在大人が仮装して大騒ぎするスタイル最初に大規模に仕掛けました。

 

潰れかけていたUSJをV字回復させ、「USJ再建を成し遂げ、使命を果たした」として2017年1月末にUSJを退社しました。

 

ハロウィン 日本

 

 

加賀田

 

次の章から、森岡 毅氏「どのような考えで『ハロウィン』をUSJに取り入れようと考えたのか?」ご説明します。

 

 

2、ハロウィンはストレスを発散できない大人の女性がターゲットだった!

森岡氏は米国在住期間に体験した「ハロウィン文化」から以下のような仮説を立てます。

 

 

ハロウィン文化は、子供達が仮装して、日頃は表に出せないダークサイドを表に出して熱狂しても許される。

 

ストレスを溜めているのに、なかなか発散できない日本の大人の女性ターゲットにしたら、ヒットするのではないか?

 

 

ハロウィン 日本

 

 

そして、2011年秋、とてつもない大ヒットになったのです。

 

加賀田

 

「ストレスを溜めている女性」がターゲットだったのですね!

 

 

 

3、思い切り叫んでストレス発散させる!手法とは?

加賀田

 

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 森岡毅著」から重要点を紐解きます。

 

 

ハロウィーンを流行らせた森岡毅氏のマーケ戦略

 

P173から

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ハローウィーンはここ数年で日本全国に火がついて、バレンタインをも超える新しい日本のイベントとして急成長を遂げています。

 

しかし、私(森岡氏)がUSJに入社した2010年頃のはハロウィーンは、TDRやUSJなどのテーマパークが秋のイベントの名前として使っている程度で、ほんの一部の人間しか積極的に関わっていない地味なものでした。

 

日本での市民権はないに等しかったのです。

 

(中略)

 

2011年は開園10周年にもかかわらず、設備投資を使わずに劇的に集客を伸ばすアイデアが求められていました。

 

そこでわたしが着眼したのは、ハロウィーンでした。

 

(中略)

 

日本の女性は(米国の女性に比べ)ずっとストレスが溜まりやすい社会環境に置かれているのに、安心してストレスを発散できる手段に恵まれていないという事情の発見です。

 

そこから導き出された消費者インサイトは「本当は素の自分をさらけ出して弾けたいけど、なかなかできない」というものです。

 

日本の男性も実はそうなのですが、日本の女性は特に感情を抑制することを期待されています。

米国や韓国の女性と比べるとそれは明らかです。

 

ストレスが溜まらなければそれでもいいかもしれませんが、若い女性の就労率は高く、家事負担に関しても8割を女性が負担しているのは先進国では日本ぐらい。

 

日本女性はストレスを溜めやすい環境にいるのです。

 

日本社会は男性のレジャー(あんなことやこんなことです!)に比べて、社会進出が始まってまだ間がない女性が、自分をさらけ出してストレスを発散できる場所が非常に少ないのです。

 

(中略)

 

「ターゲットの若い女性に対して提供する根源的な価値は何であるべきか?」いろいろ思案した結果、「思い切り叫んでストレス発散できる!」というWHATでした。

 

(中略)

 

「日本人女性も無礼講でダークなものを楽しんでも良い企画にすればどうだろう?」と考えたのです。

 

思い切り叫びたいわけですから、ダークなものを見て驚いて叫んでもらいましょうと。

 

ハロウィン 日本

 

 

「このゾンビを何百人と、パーク中に解き放とう!夜になればパーク全体がゾンビがうじゃうじゃ練り歩くホラー映画の舞台のようになる。そこに、全てのゲストが巻き込まれるようにすれば良い!」

 

(中略)

 

結果、2011年のハロウィーン・シーズンは、実に40万以上をわずか2ヶ月で達成。

 

2015年10月には、あのTDLを超える175万人の日本一の集客をもたらした原動力になっています。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

加賀田

 

森岡氏はこのようにこの章を締めくくっています。

 

『このように、マーケティングは消費者の購買行動を決定的に変える力を持っています。

 

それぞれ正しいWHOWHATHOW噛み合ったとき、凄まじい爆発力を発揮します。

 

日本の文化を変えてしまうくらいのインパクトを与えることも可能なのです。

 

そのために最も私が重視しているのは、戦況分析を徹底的に行うことと、消費者理解に、徹底的に自分の時間を投資することです。

 

それができれば、高確率でビジネスを成功させることができるのです。』

 

 

 

4、森岡毅氏は、なぜハロウィーンに目をつけたのか?

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 森岡毅著」P174から

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

数学を用いた徹底的な戦況分析の結果、年間で既に最大の集客月であった10月とその前後の9・11月が、USJにとって最も伸び代が大きい未開拓のシーズンであることがわかったからです。

 

ハロウィーンを流行らせた森岡毅氏

 

数学が使えないマーケッターであれば、集客数が少ない時期にこそもっと伸びしろがあると考えて、1〜2月や5〜6月などの閑散期をなんとかしようとするところです。

 

しかし、私は自然の地形に逆らって相撲をとるのは避けることにしています。

 

自然の地形はできるだけ利用した方が良いのです。

 

より伸びしろがある場所を計算で導き出して、そこを集中的に攻めた方が、会社を勝たせる確率は明らかに高くなるのです。

 

 

(中略)

 

「どう戦うかの前に、どこで戦うかを正しく見極めること」

それが会社を勝たせる軍師であるマーケッターの最初にして最重要な仕事であると私は常々考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

加賀田

 

日本人がハロウィーンの熱狂する文化も、ある天才が仕組んだことだったのです。

 

ポイントは、長所伸展(ちょうしょしんてん)法。

苦手な部分を克服するのではなく、より伸びしろがある部分を伸ばす方が結果が出るのです。

 

 

 

5、戦略分析も超簡単!「戦略フレームワーク」

加賀田

 

「そうは言っても、戦略を作るのって難しいよね」というあなたのために、超簡単に戦略が作れるフレームワーク(枠組み)をまとめました。

 

以下のページを参考にしてくださいね。

 

 

 

最強営業戦略・戦術・作戦はフレームワークを知れば簡単!

 

営業戦略・戦術・作戦はフレームワーク(3C)を知れば簡単!

 

6、まとめ

マーケティングが正しく機能すると、潰れかけていた会社を「V字回復」させるだけでなく、「日本の文化」を変えるくらいのインパクトがあります。

 

 

私も、現場主義で「自分の体を通って(経験したこと)」しかあなたにお伝えしませんので、USJも実際に現場に足を運び研究しました。

 

ハロウィン 日本

 

 

加賀田

 

あなたも、商売・ビジネスに応用してくださいね。

 

さらに具体的に営業スキルにご興味がある方は、無料メルマガで学んでください。

 

即座に成果を出したいご事情があれば「台本営業®セミナー」で売れる営業台本を作成してみてはいかがでしょうか?

 

あなたに、いつかリアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

 

営業がニガテで困っている人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出すミリオンセールスアカデミー® 台本営業®セミナーについてもっと詳しく見る

 

営業セミナー

営業指導歴18年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事