電話営業テクニックコツ:テレアポは「ソ」電話営業は「ラ」で話す!

あなたは、「電話営業やスカイプ・zoomでは売れない」と思ってませんか?

 

多くの人が、対面セールスの方が売りやすいと考えていると思います。世に出ている営業本の99%も、ほとんど、対面セールスですよね。

 

実は、電話営業でも、高額商品が売れるんです。ホントに、ホントに、ちょっとしたコツなんです!私は、因みに、1年間で25,000万円電話営業(セールス)で、売りました。営業マネージャーとなってからは、新人の部下に、電話営業だけで、1年で13億売ることができるまで教育しました。

 

もしかしたら、あなたは、「電話だけでセールス(クロージング)できない」とお思いかもしれませんが、ズバリ!それは単なる思い込みです。

 

投資用不動産マンションを販売している営業マンは、電話営業だけで、一回もお客様と会うことなく、数千万・数億の物件を売りきってしまいます。ここでは、「電話営業」について体得しましょう!

 

電話 営業

 

1、電話営業でも、成約率60〜80%まで上がる!

私は、もともと、しゃべりが上手ではないのです。あなたの周りにも、いらっしゃると思います、人気者で、オーラがあって、しゃべりがうまい人、派手な感じの人。私は、そういうタイプではないんです。もともと、しゃべりがうまい方ではありません。

 

そこで、あらゆる営業理論を学び、心理学を学び、「何をしゃべるか?」と言う営業台本の作成と「どうしゃべるか?」と言う喋り方について「購買心理学」を使い、現場で試していったんです。

 

しかし、私は、学者ではありません。理論的に正しくても、売れずに会社が潰れたら意味がありません。つまり、机上の空論ではなく、営業して、セールスして、クロージングして、お客さまに断られたりして、悔しい思いをして、それから、実績を出したのです。

 

電話営業の件数であれば、個人であっても、1日10件の営業で、10件×20日=200件/月×12か月=2,400件/1年。つまり、1年間で、2,000件以上の試行錯誤をしたのです。

 

営業マネージャーになってからは、月に、4,000件。年で4~50,000件。トータル7年6か月の期間、30万件以上の検証を繰り返しました。机上の空論ではなく、実績のある理論なを構築したのです!

 

もし、あなたが、電話営業の成約率が80%以上なのであれば、この記事を読む必要はありません。逆に、あなたの電話営業の成約率が0~60%ぐらいであれば、本当に、ちょっとしたコツを実践するだけで、成約率が60〜80%に上がり、売上150%~200%の可能性があります!

 

電話営業

 

2、電話営業だけで、月に1億以上売るコツ!

電話営業(セールス)で月に1億以上売るコツをお話しします。私が、22才の元フリーターを、半年で、電話だけで「月1億売る」までに、教育したときのコツをお話しします。

 

彼が入社したのは、22才。前職は、ファミレスアルバイト。高卒、社会人経験も無い、茶髪のただの兄ちゃんでした。ただし、営業未経験だったので、とっても、素直だったんです!!彼は、与えられた営業トークを必死になって、一言一句暗記し、そして、一言一句、それを繰り返しました!

 

トークに関しては、A4で約50ページ。例の購買心理学に基づく必殺トークです!!彼は、私の教えたことを、愚直に繰り替えし、そして実践したのです!

 

素直でない人間は、営業台本通りやらないで、売れなくて、やめていきます。彼は、とにかく、素直!!

 

また、一案件ごとの振り返り徹底している。疑問があると、必ず聞きに来るんです!例えば、電話深夜に契約終了したとします。翌日になると、顧客の購買欲求が下がり契約キャンセル?になるかもしれません。もしかしたら、あなたも、経験があるかもしれないですね。

 

ですので、たとえ、深夜であっても、田舎でコンビニまで、車で20分の距離であっても、申込書類をすぐ、宅急便で出してもらうか?判断に迷うケースありますよね。「この場合は、深夜でも契約書を出してもらった方が良いと思われますか?」

 

トップセールスになっても、彼は、私に、相談に来ました。とにかく素直で、営業台本通りすること。「基本の徹底!!」案件毎、振り返るので、「改善のスピードが速い!」そして、ディスカッションを重ねたトークは営業台本に反映されます。

 

まとめますね。

■ポイント1:売れる営業台本(トークスクリプト)の作成

■ポイント2:売れる営業台本を徹底すること

■ポイント3:改善スピードの早さ

 

彼が電話営業だけで、月1億以上売るようになった秘訣です。直接口頭でしか言えない、ド新人が、月に電話営業で1億以上売るコツを知りたい方は、少人数限定営業セミナーに参加して、成約率をアップし売上をあげましょう!

 

営業セミナー

 

3、電話営業テクニックコツ:声は「ソ」と「ラ」の音で!

知らないと、ホントにもったいない電話営業の超カンタンなコツをお伝えします!

 

僕も、対面営業、電話セールス、テレアポを、それこそ何十万回とやってきましたが、最初は、全く、出来ませんでした。全然、うまくいきませんでした。上司に叱責されうつ状態にも陥りました。

 

そんな時、電話営業・テレアポのあるコツを知って、成約率(決定率)がどんどんあがったのです。超カンタンなコツ知ることで、あなたの営業セールスの成約率はテレアポの取得率は飛躍的に上がります。「どうして、そんな風に言えるか?」というと、実際にが試して効果があったのはもちろん、部下も、効果があった「再現性がある」方法だからです。

 

声の出し方のポイントは3つです。

1)対面営業では「ソ」の音程で会話をする。

2)電話営業では「ラ」の音程で話す。

3)テレアポでは「ソ」の音程で主導権を握る

では、説明します。

 

3−1、対面営業では「ソ」の音程で話す。

日常の会話は、ファ」の音程で会話をしています。実際に、小声で「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と、試してみてください。

 

」音より低い音程だとお客様に、暗いイメージが伝わります。ですので、一音あげて「」の音程で話してみてください。明るく良い印象になりますので、成約率もあがります。対面セールスでは、「ソ」の音程でお話しください。

 

電話営業

 

3−2、電話営業では「ラ」の音程で話そう!

不思議ですが、電話を通して聞くと、一音低く聞こえます。ですので、あなたが」音で話しても相手(お客様)には、」音で聞こえます。きちんと訓練されたラジオのアナウンサーも同じように」音で話しています。電波を通すと、一音低くなることを学びます。

 

電話営業では、「ラ」音で話しましょう!ご自身の声を録音して、聞いてみることをお勧めします。

 

電話営業

 

3−3、テレアポは「ソ」の音程で導入し、「ラ」音に戻る!

これは、実践経験がある営業マン・営業MGRに御納得頂けるポイントです。テレアポ導入部分では、お客様に電話を切らせずに、こちらの要件を伝え、主導権を握るのが必要です。

 

甲高い声で話すと、軽んじられます。ですから、少し低い音程の「ソ」音で入り、その後、「ラ」音で信頼関係を構築するという順序です。

 

電話営業

 

以上、3つのポイントでした。カンタンでしたね。話す「音程」を使い分けることで、

お客様の印象は格段に良くなっていきます。

 

是非、実践してみてくださいね!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

良い商品・サービスをお持ちなのに、セールスがニガテな方を助けるのが、僕のミッションです。潜在意識は時空を超えてつながっています。僕は、あなたの味方です。

 

営業がニガテな人も、最新の購買心理学と科学的アプローチで自然にお客様の「欲しい!」を引き出す営業セミナー

 

営業セミナー

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事