「独立起業した直後こそ、生き残るために営業力が必須!」現役営業コンサルが伝授!

独立起業したのですが、売れないんです。」

商品サービスは画期的なのに、売れません」

あなたは、このような悩みを抱えているはずです。

 

独立起業 営業力

 

加賀田

営業がニガテの人でも、
最新の購買心理で、
自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!
営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

「商品が素晴らしいから売れる」と言うのは幻想です。

あなたは、営業力がなく起業・独立して苦しんでいるはずです。

 

もし、営業未経験で独立したら、一刻も早く営業力をつけて売上をあげましょう!

キャッシュアウトする(現金がなくなる)前に!

 

 

起業独立した40代タダシさんからのご相談です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

『加賀田先生 ご相談させてください。

 

私は43才で、1年前に会社を辞めて、独立しました。

辞めた会社はいわゆる大手企業で、営業職ではありませんでした。

 

自信があったので独立したのですが、、

 

正直、今、ほとんど売れていません。

生活は、退職金を切り崩しています。

あと、1年ぐらいはもつと思います

 

不安で、不安で夜も眠れません。

どうしたら良いでしょうか?

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

タダシさん、ご相談ありがとうございます。

とても、辛い状況だと思います。

 

この相談者と同じように、営業未経験で独立してしまった起業家からのご相談が頻発しています。

 

現役営業コンサルタントの視点で、「どうすれば良いか?」これからお答えさせて頂きます。

 

起業 営業力

 

1、起業の覚悟:見込み客を発見し成約するのはとても大変!

1−1、起業後、電話帳に1日400件以上、電話できますか?

中高年の男性の場合、自分から望んだ独立でなく、せざるを得ない独立(事実上のリストラ)が多いのが現状です。

 

ですので、一概には言えないのですが、今の起業ブームに乗って準備なく起業するのは、とても危険だと思います。

 

 

見込み客発見は想像以上に大変だからです。

 

例えば、営業会社の営業マンがテレアポをする場合、電話帳などのコールリストに1日400件以上の荷電からスタートします。

 

見込客を発見し、顧客になって頂くのは、大変です。

 

起業 営業力

 

1−2、起業・独立が成功しやすいケースはこれだ!

独立でオススメする方法は、サラリーマンの時と同じ商品サービスで、顧客を引き継いで独立する場合です。

 

同じ商品・サービスで独立する場合は、昔の顧客が、一時的にご祝儀として、独立した瞬間に買ってくれる可能性があります。

 

その売上でガンバって、事業を軌道に乗せられことはあります。

 

また、別の商品・サービスでもサラリーマンの時に、営業経験があるとか、事業立ち上げの経験があるとか、副業をされていて、サラリーマンの時より、収入が超えているとかが成功する起業です。

 

つまり、サラリーマン時代に、

1)同じ商品・サービス、顧客を引き継いでの独立

2)営業・セールス経験で実績がある

3)副業で成功している

ようなケースでないと、正直、起業・独立は厳しいというのが僕の見解です。

 

起業 営業力

 

 

2、独立起業には、営業力(セールスの能力)は絶対に必要!

2−1、「独立起業したい!」それは、現状からの逃げではないですか?

独立前のMさんからも、独立起業に関するご相談を頂いております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もう独立したいんです!

 

先日、会社でミスをしてしまいました。 

 

顧客対応は終わったのですが、その時のオーナーの態度が我慢できないのです。

 

今まで、私は、会社のために身を粉にして頑張ってきました。

会社では、NO.2のポジションです。

オーナーも『いずれ、お前に継がせたい』とおっしゃってました。

 

ところが、一度、ミスしただけで、『お前の態度は傲慢だった』とか皆の前で罵倒されて、もう、会社の為に働く気持ちがなくなってしまいました。

以前から、独立しようと考えていたので、これをきっかけに、自分でやってみようと思っています。

 

親も、妻も賛成してくれています。

 

加賀田先生どう思いますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

Mさん、ご相談ありがとうござます。

 

僕も勤め人の時がありましたのでお辛い状況はすごくわかります。

日本人は、文化性からか、殿に仕える武士のように、忠義を重んじる傾向があります。

 

しかし、信頼していたオーナーや会社から裏切られることは実は、良くあることです。

 

僕もありました。

 

身を粉にして働いた会社から(オーナーから)裏切られると、「一刻も早く辞めたい!」と独立起業を考えがちです。

ただし、その状況で考えた事業プランは、現状から逃げるプラン、つまり、失敗する可能性が高いプランであるケースが多いのです。

 

起業 営業力

 

 

2−2、起業を夢見る方にうまい話をして、独立をそそのかし儲ける業者

起業を夢見る方にうまい話をして商売をしている業者は沢山います。

 

立地が悪くお客様が来店しない不動産を借りさせたり、無駄な高額な設備を購入させたり、顧客の無知を利用して高額なHP制作をしたりする、起業したいサラリーマンを狙うハイエナのような業者は多いのです。

 

彼らは独立させたいので、うまい話しかしませんので、起業準備している人は、安易に儲かるように思ってしまいます。

 

また、「銀行から借りられたので安心だ!」と思うかもしれませんが、融資に関しては、基準を満たしていれば借りられますので、借りられる額と返せる額は違います」。

 

ユニクロの柳井さんもおっしゃっているように、事業は1勝9敗が普通です。

 

僕も、勤め人時代に3つの事業立上げを経験し、自分でも立上げたことがありますが、しっかり時間をかけて、200%の自信で「必ず上手く行く!」と思っても、実際には、苦労の連続でした。

 

 

 

 

2−3、独立前に起業準備をしておこう!

ですから、「机上の論理で成功する」のが絶対条件で、そして、独立する前に、営業力をつけておくことが絶対に必要です!

 

勤め人時代に、
1)上手くいったやり方(ビジネスモデル)
2)顧客・取引先
を持って
独立するのが王道で、

それにプラスして、営業力が必要です。

 

なぜなら、営業力がないと、新規顧客を取れないのでいずれ、ジリ貧になってしまうからです。

 

会社勤めをしている時に起業準備をしておくのが王道です。

 

もし、「今すぐ起業したい!」のでしたら、最低1年、できれば2年無収入でも大丈夫な生活費の
■貯蓄があるか、
■退職金が払われれば
大丈夫です。

 

黒字化するには、最低それだけの期間は必要です。

 

キャッシュアウトしそうな時に商談すると『どうしても、この1件の契約が欲しい!』と、焦りが顔に出てしまうので、普通に成約する顧客も、決まらなくなります。

 

これは、事業立上げのご経験がある方にはご納得頂けると思います。

※ですので、実は、生活費を心配する必要がない専業主婦は起業に有利ですね。

 

もちろん、鬱やパニック障害などの精神疾患を発症しそうなど緊急事態の場合は、会社を休んでください。

 

傷病手当金の請求などしながら、復職するか、転職するか、次の作戦を練る必要がありますね。

 

起業 営業力

 

2−4、起業ブームに乗った「安易な起業・独立」は危険!

起業準備をしている人に嫌われるのを覚悟でお話しすると、、、

 

1)資格をとれば、お客様がきてくれるといった安易な考えは危険。

2)退職金は現金でとっておく。ローンの一括返済などはダメ。現金を元に、融資を受けられる可能性あり。

 

 

※参考書籍 ↑↑

 

 

3)地を這う覚悟はある?
独立しよう』
と思われるかたは、サラリーマン時代、能力が高かったので『自分は、できる!』と思ってしまいがちですが、企業で結果を出した人間が独立しているのです。

 

中小企業であっても、そもそも能力が高い人間が戦っている戦場なのです。

 

また、元事業部長でも、独立したら、加齢臭の漂うタダの中年オヤジなのが現状です。

※僕が同じだったので、よく分かります。

 

起業 営業方法

 

※参考動画↑↑
『優秀な元刑事が営業力なく独立した為、借金返済の為、連続殺人を犯したケース』

 

 

3、準備なく独立してしまった場合は、「営業台本」を作成しよう!

3−1、営業は「台本が9割」!

準備なき「安易な起業」はおススメしません。

 

リアルビジネスでストリートファイトを繰り返している人々の中に全くの準備なしに飛び込むようなものだからです。

 

日々、集客もチャレンジ(実験)しています。

例えば、僕も、「face book広告」で、

 

↑このface book広告は審査に落ちました。

「性的に挑発する人の動作や性行為を示唆する人の動作をこの広告で描写することはできません。」とのことです。

 

 

起業 営業力

↑このface book広告も、審査に落ちました。

「過度の肌の露出」が原因です。

 

で、、、

起業 営業力

 

今は、この広告を運用しています。

結果次第で、どんどん変えていくのです。

 

 

このように、すでにリアルビジネスでストリートファイトを繰り返している人々もいるのです。

 

しかし、リストラやブラック企業で独立・起業せざるを得なかったり、すでに、独立・起業されてしまって、売れていない状況でしたら、退職金(現金)がなくなる前に、早急に売れる「営業台本」を作成してください!!

 

「3ヶ月後にキャッシュアウトしてしまいます!」などになる前に、余裕があるうちにご相談にきていただかないと「打つ手が少なくなる」からです。

 

身近に信頼できる営業力のある知り合いがいたら良いのですが、もし、あなたの身近にいなかったら、僕のように「信頼できるプロ」に力になってもらってください。

 

営業セミナー

 

 

3−2、独立起業で必要な営業力をつけて倒産回避

私は、あなたを、成約率(クロージング決定率)80%する自信があります!!

 

起業・独立を成功させる為の営業力をつけてもらう自信があります!!

 

なぜか??

 

私が、年商20億のITベンチャーに勤めていた時なんですが、「もう、現金がない、このままだと、倒産だ。」売上が、右肩下がりで、どんどん、下降していったときがあったんです。

 

社員は、もちろん、ドンドン退職していきました、、「もう、来月、倒産だ!」というときに、私が、約60名の事業部副責任者に任命され、営業教育を開始しました!

 

起業 営業力

 

 

 

結果、半年で、売上170%の奇跡的なV字回復!!会社は復活しました!!

 

起業 営業力

 

3−3、営業(セールス)工程を要素分解してレシピ化しよう!

 

なぜか?

 

たとえば、あなたが、全く料理をしたことがないとして、「美味しい肉じゃが」を作れって言われたらどうします?

 

料理経験がなく、作ったことがなかったら、どうやって作ったらいいか、聞くと思うんですよね。

 

その時、「料理のコツは愛情だ」って言われたら、たしかに、美味しい料理を作るのに、「愛情」は必要だけど、それだけじゃ、美味しい料理は、出来ないですよね。

 

やっぱり、レシピが必要じゃないですか!!ジャガイモを四角に切って、次に、みりんを入れて、」とか、

 

起業 営業力

 

営業も、全く、同じです。

 

多くの営業会社では、「営業は人間力だ!!」とか、「お客さんの言うことを良く聞け!!」なんて説教されます。

 

しかし、営業できない人にとっては、「どうやったら、人間力が身につくの?」「どうやったら、お客さんの言うことが聞けるの?」まず、そこから分からないんですよね。

 

なので、私は、マクドナルドのハンバーガー屋のように、営業の工程をレシピ化しました。100以上の工程に分けました。

 

 

起業 営業力

 

 

つまり、私は、あなたに、営業のレシピ!クロージングのレシピ!を、提供できるんです!

 

起業 営業力

 

営業のレシピをつくりましょう!

営業のレシピさえあれば、あなたも、成約率(クロージング決定率)80%以上になれるんです!!

 

そして、事業を軌道にのせましょう!

 

起業 営業力

 

4、まとめ:起業家の営業方法

起業家の為の営業方法をお話しました。

 

 

 

どんなに集客しても、最終最後の成約率が悪いと、マーケティング・広告費をドブに捨てているようなものです。

 

成約率が良ければ、見込み客は最小限で済むのです。

 

クロージング成約率(決定率)をあげる一番の近道は、「営業台本」を作成することです。

 

 

僕の営業コンサルティング クライアントの女性起業家支援の「ヴィーナスメディアカレッジ」代表 中村弥生様から

「営業力」の重要性について語っていただきました↓↓

 

 

あなたの身近に「購買心理」に基づいた売れる「営業台本」作成をご相談できる人がいれば良いのですが、もし、いらっしゃらなければ、僕の営業セミナーで、作成してください。

 

「とにかく、すぐ売り上げをあげたい!」という営業ニガテな方は、最新の購買心理学で、自然にお客様の「欲しい」を引き出す「営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)」に参加して、売上をあげましょう!

 

営業セミナー

営業指導歴18年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事