SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)とは?おススメ5選

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)はどれを選べばいいの?

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)についていろいろ比較したい!

 

あなたはSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を選ぶポイントが分からなく悩んでいるはずです。

 

 

Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)とは、営業支援システムのことです。
SFAと略されます。

 

営業の生産性の向上や、効率化を目指し、顧客情報や案件の進捗、商談事例等の営業活動に関わる情報をデータ化してまとめたものを指します。

 

 

 

加賀田

 

こんにちは!私は、
営業がニガテの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!

 

『営業は台本が9割(きずな出版)』著者
※アマゾン新着ランキング一位
※紀伊國屋 大手町店 総合・ビジネスランキング一位
※紀伊國屋 梅田本店 ビジネスランキング一位
※第七刷増刷(2021年5月現在)

 

営業教育日本一

ミリオンセールスアカデミー®主宰

台本営業®コンサルタント加賀田裕之です。

 

 

「営業で得たデータをまとめるのは大変…」「営業の効率アップを図りたい」といった悩みを解決してくれる営業支援システムがSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)です。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)には、面倒なデータ収集や分析、社内での情報共有がスムーズにできるというメリットだけではなく、業務内容をナレッジ化することで新人教育にも生かせるというメリットがあります。

 

一番重要なことは、営業組織を分業制にすることで、効率をアップすることなのです。

それについては、後ほどご説明します。

 

この記事では、効率よく営業をこなすために必要不可欠のSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)についてご紹介します。

 

 

SFA,Sales Force Automation,セールスフォースオートメーション

 

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を使うメリットとは

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

営業マン

 

営業マンとして業績を伸ばしたい、という志はあるのですが、何よりもデータ収集やデータ分析に時間を取られてしまうんです…。

データ収集や分析は、面倒な上に、やり方を間違えてしまうと何にも生かせずに終わってしまいます。

 

この作業にかなり効率の悪さを感じていて…。

業績を伸ばすためにも、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の導入を考えているのですが、導入するまで手間がかかるのではないかという点と、導入後果たしてツールを使いこなせるようになるのかという点が気になっています。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を使うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

加賀田

 

営業マンの強い味方になるといわれているSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)ですが、確かに使いこなせないと導入する意味はありませんよね。

 

導入までの経費もムダになってしまいます。


しかし、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を使うことには、業績アップにつながるうれしいメリットがあるのです。

 

 

 

SFAを使用するメリット1顧客情報を担当部署内で共有できる

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

 

顧客情報は、会社の利益を上げるためにとても重要な情報になります。

しかし、営業マン同士で顧客情報を共有することはあっても、担当部署内で共有している企業は一般的に少ないでしょう。

 

顧客情報を担当部署内で把握していないことの何が問題なのかというと、情報が錯乱し、顧客と企業間で話の行き違いが発生してしまうこともあるということです。

 

正しい情報が共有できていないと、企業への信用問題に影響する場合もあるため、このような事態はできれば避けたいですよね。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を導入すると、顧客情報を担当部署内で共有できます。すぐに情報を共有できるため、常に最新の情報にアップデートできるという点は大きなメリットといえるでしょう。

 

 

SFAを使用するメリット2:売上予測が立てやすい

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

 

企業の営業戦略や経営戦略を立てる際に必須ともいえる売上予測は、在庫管理や人員配置にも大きく影響してくるため、正確に算出することが求められます。

 

  • ・前年の同月比
  • ・市場の動向
  • ・自社の成長率
  •  

などの値を経営サイドから求められるたびに算出するというのは、時間・労力ともに必要となるため、負担に感じている営業マンは多いのではないでしょうか。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)ならば、進捗状況や案件情報などの情報がすべてデータ化され、売上予測が立てやすくなります。

 

また、情報収集の手間が省ける分、他の業務に従事でき、仕事の効率も上がります。

効率よく正確に売上予測を立てられるという点は、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の最大のメリットといえるでしょう。

 

SFAを使用するメリット3:営業活動の可視化が実現

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

営業マン一人ひとりの活動や力量をデータ化している企業は少ないでしょう。

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を導入することにより、営業活動の可視化が実現します。

 

営業活動の可視化が実現することにより、営業マン一人ひとりの営業成績が一目でわかるようになるだけではなく、活動内容も正確に把握できるようになります。

 

その結果、管理職は部下へ指示がしやすくなり、営業効率アップにつながるのです。

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)は、「営業マンの頭数は揃っているはずなのに、なぜか経営業績がアップしない」という経営者の悩み解決にも一役買ってくれるでしょう。

 

 

加賀田

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の導入には、データが可視化され、会社の経営方針に必要な情報が一目見てわかるというメリットがあることが伝わったでしょうか。

 

 

 

 

営業マン

 

確かに、売上予測といい、顧客情報管理といい、曖昧な部分があるため、そこを正確に管理できるという点は魅力的ですね。

 

営業活動の可視化が実現することで、営業部全体も効率よく回せそうです。頑張る人とそうでない人の差が生まれにくいというメリットもあるのではと感じました。

 

 

 

SFA(セールスフォースオートメーションツール)を選ぶ際のポイント

 

 

加賀田

 

おっしゃるとおりですね。
しかし、冒頭でも申し上げましたが、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の選び方を間違えてしまうと、コストはかかったものの使い物にならないという事態を避けられません。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を選ぶ際のポイントについて解説します。

 

 

SFAを選ぶポイント1:使い勝手のよさ

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

使い勝手がよくないことには、導入しても活用されません。
SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を選ぶ際は、使い勝手のよさを重視することをおすすめします。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の形態には

 

  • ・自社構築
  • ・パッケージ
  • ・クラウド
  •  

といった種類がありますが、サーバーメンテンスが不要で、外出先での操作も可能なクラウドがもっとも使いやすいでしょう。

何より、クラウドは初期費用が抑えられるというメリットがあります。

 

SFAを選ぶポイント2:カスタマイズ可能

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

 

自社が欲しい情報を管理できるSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)でないと、導入しても活用しなくなってしまうでしょう。

 

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を導入する際には、カスタマイズ可能なものを選ぶことをおすすめします。

 

SFAを選ぶポイント3:セキュリティが徹底している

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)は、自社にとって大切な情報が管理されていると言っても過言ではありません。
SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を選ぶ際には、セキュリティが徹底しており、安心して使えるものを選ぶことをおすすめします。

 

「何を基準にセキュリティが徹底しているのか判断していいのかわからない」という場合は、該当のSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を導入している企業を調べてみましょう。

 

金融機関など、個人情報管理が厳しい企業が導入しているようならば、セキュリティが徹底していると判断できるかと思います。

 

SFAを選ぶポイント4:サポート体制がしっかりしている

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

 

企業内でさまざまな社員がSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を使うとなると、トラブルが起こることもあるでしょう。

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を選ぶ際には、サポート体制がしっかりしているかも大切なポイントです。

 

導入時には運用が定着するまで、しっかりとサポートしてくれるのかも確認するようにしましょう。

 

おすすめのSFA(セールスフォースオートメーションツール)5選

相談者

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の選び方によっては、導入してもうまく生かせない場合もあるのですね…。

 

 

加賀田

 

そうなんです。

企業内でSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)をうまく運用するためには、やはり自社の性質やニーズに対応できるものを選ぶことが重要です。

 

それでは、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)にはどのようなものがあるのか、おすすめしたい5つのツールの特徴について紹介します。

 

 

1.Salescloud(株式会社セールスフォース・ドットコム)

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

Salescloud

 

「Sales cloud」は顧客情報や顧客からの問い合わせ案件だけではなく、顧客からのクレームの情報なども管理できます。
一連の流れが把握できるという点が最大の強みと言えるでしょう。

細かい項目で管理したい企業、部署が多い大企業におすすめのSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の1つです。

 

 

【特徴】

 

・ランニングコストが高いが管理項目が豊富

・社内のデータを一括管理できる

・キャプチャ機能により手入力する手間が省ける

・クラウド上での管理となるためいつでもどこでも利用可能

 

【料金】

 

プラン料金 
Essentials3,300円月/ユーザー
Professional9,900円月/ユーザー
Enterprise19,800円月/ユーザー
Unlimited39,600円月/ユーザー

 

 

 

【機能とプラン(一部)】

 

 EssentialsProfessionalEnterpriseUnlimited
顧客情報や営業情報を管理
商談管理
営業プロセスのカスタマイズ
タスク管理、アクティビティフィード
個人取引先
セールスコンソールアプリケーション1
営業チーム

Calendar All

 

全機能についてはこちら

 

 

 

加賀田

 

Salescloud(株式会社セールスフォース・ドットコム)を活用するには、営業組織を分業制にし、リード(案件)をリサイクルするレベニューモデルである『THE MODEL』を理解することが必須です。

 

『THE MODEL』の基本概念を理解する為には、以下の記事をお読みください↓

 

 

『THE MODEL(福田康隆 著)』とは?営業マネージャー必須の概念「営業プロセスの改革」

 

『THE MODEL(福田康隆 著)』とは?営業マネージャー必須の概念「営業プロセスの改革」

 

 

2.Oracle Sales Cloud(日本オラクル株式会社)

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

Oracle Sales Cloud
 

「Oracle Sales Cloud」は、世界1,000社が使用しているSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)です。

顧客情報を分析し、営業が成功するためのポイントを提供してくれます。

 

また、購買履歴から顧客の傾向を掴み、スコアリングしてくれるため、複数の商品を販売している企業におすすめです。

 

【特徴】

 

Sales cloud
・営業実績がいい担当者のノウハウをもとにルールエンジンを構築

・きめ細かく売上目標を管理できる

・使いやすい売上予測レポート

・担当顧客を分析しマーケティングをサポートしてくれる

 

 

【料金】

 

プラン料金 
Professional Edition7,800円月/ユーザー
Standard Edition12,000円月/ユーザー
Enterprise Edition24,000円月/ユーザー

 

 

 

 

【機能】

 

 
  • Professional Edition
  • Standard Edition
  • Enterprise Edition
収益予測
サービス管理
リクエスト管理
販売アナリティクス
顧客データ管理
サービスの電子メール管理
売上目標管理
販売プレディクタ

 

 

 

3.kintone(サイボウズ株式会社)

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

Kintone
 

Kintoneは、簡単な操作で自社のニーズに沿った機能を追加できるSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)です。

さまざまな業種に適していることやITに詳しくない方でも使いやすいという特徴があります。

 

【特徴】

 

・月額料金がリーズナブル

・ITに詳しくない人でもわかりやすいシステム

・初期費用無料

・5ユーザーから登録可能など小規模企業にも適応

・来店もしくはオンラインで導入相談可能

 

【料金】

 

スタンダードコース 1,500円/月/ユーザー

ライトコース 780円/月/ユーザー

 

【機能】

 

  • スタンダードコース
  • ライトコース
外部サービスとの連携、プラグインおよび機能拡張業務システムアプリ200個
業務システムアプリ数1,000個プロジェクトやタスクを集約するスペース数500個
プロジェクトやタスクを集約するスペース数500個プロジェクトやタスクを集約するスペース数500個
日本語、中国語、英語の3ヵ国語対応日本語、中国語、英語の3ヵ国語対応
スマートフォン専用アプリありスマートフォン専用アプリあり

 

 

 

4.eセールスマネージャーRemix Cloud(ソフトプレーン株式会社)

 

SFA,Sales Force Automation ,セールスフォースオートメーション

 

 

営業マンの使いやすいさを追求したSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)ともいえる「eセールスマネージャーRemix Cloud」

 

一度の活動報告から案件、顧客管理、予実管理表などに情報が反映される仕組みになっています。
面倒な入力作業が減るため、効率よく業務を遂行できる優れものです。

 

【特徴】

 

・外出先で日報が入力できるため管理職は営業マンの動向を把握しやすい

・案件管理のカスタム可能

・納品後のフォロータイミングを自動通知

・訪問日や商談担当者などの細かい商談管理ができる

 

 

【料金】

 

プラン料金 
スケジュールシェア3,000円月/ユーザー
ナレッジシェア(閲覧のみ)6,000円月/ユーザー
スタンダード11,000円月/ユーザー

 

 

【機能】

 

 
  • スケジュールシェア
  • ナレッジシェア
  • スタンダード
顧客管理
タイムライン
Excel連携
スケジュールTo Do管理
日報週報
月間行動予実
案件管理

 

 

5.無料で使えるSFAシステム

最後は、無料で使えるSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)についてご紹介します。

 

「まずは無料でSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)を試してみたい!」と言うあなたには、「無料で活用できるSFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)」以下の記事を読んでみてください↓

 

無料 SFA(Sales Force Automation):現場で使える!営業管理ツールはこれだ!

 

 

無料 SFA(Sales Force Automation):現場で使える!営業管理ツールはこれだ!

 

まとめ:SFAの選び方

加賀田

 

SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)の比較・メリット・選び方について紹介しました。

 

営業スキルの向上には、効率よく正確な情報を収集・分析・管理することが求められます。

 

スピーディーな情報収集、情報の可視化を目指すのであれば、SFA:Sales Force Automation(セールスフォースオートメーション)活用が必須です。

 

この記事を参考にしてくださいね。

 

 

 

 

あなたが本気で、自然とお客様の「欲しい!」を引き出す「購買心理」を学びたくなったら、ミリオンセールスアカデミー®︎無料メルマガを毎日読んで、最先端の営業スキルを体得してください。

 

即座に成果を出したいのなら「台本営業®セミナー」で売れる営業台本を作成し、ロープレで体得してください。

 

あなたに、いつかお会いできる日を、楽しみにしています^^

 

 

営業がニガテで困っている人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出すミリオンセールスアカデミー® 台本営業®セミナーについてもっと詳しく見る

 

 

 

営業研修

 

トップに戻る

 

 

 

Twitterでもご購読できます

 

 

営業指導歴21年の専門家が伝授!営業が苦手な人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスアカデミー®︎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事