営業のコツ:普通の人でもトップセールスになる唯一の方法【投資用アパート一棟現役店長】

 

投資用不動産の営業をはじめたんですが売れないんです。

 

あなたは、夢を持って投資用不動産の営業を始めたのに、売れずに苦しんでいるはずです。

 

 

私は、

店長

 

投資用一棟アパートの営業で、営業未経験の女性

・残業させない

・ゴリゴリ営業させない

・気合・根性必要なし

わずか1年で年収7桁トップセールスに教育・独立させた

台本営業®︎認定コンサルの現役店長です。

 

 

この記事では、私が投資用一棟アパートの現役営業マネージャー(店長)として、トップセールスを育てた経験から、普通の人がトップセールスになれる、「営業のコツ」を解説します。

 

投資用不動産 営業 コツ

 

 

店長

 

営業の世界には、売れる人と、売れない人がいます。

会社に営業社員が10人いれば、1番から10番まで順位が付きます。

1番になればトップ営業で、10番だとダメ営業と言われるかもしれません。

 

ここで1つ疑問があります。

「なぜ売れる人と、売れない人がいるのか?」という事です。

 

 

悲しい事実となりますが、私の経験から言いますと、売れる人やトップ営業は、入社した時から売れる素質があります。

 

ある意味、天才であり才能があります。

ですので、誰が教えても本人の才能で勝手にトップ営業になります。

 

これを簡単に言いますと

・バリバリの営業部長が教えても

・トップ営業が教えても

・普通の先輩社員が教えても

・ダメ営業が教えても

本人の才能で売れるようになります。

 

 

または、営業会社にありがちな「仕事は見て盗む物だ!」と何も教えなくてもトップ営業になります。

多くの場合、会社で営業の教育されたから売れるようになった訳では無いのです。

多くの場合、営業部長に教わってトップ営業になった訳ではないのです。

 

例えば、同じ時期に2人の新人が入社して、同じ営業部長に教わったのに半年後や1年後の成績に大きな差がよく出るのはこのためです。

 

 

それとは逆に、普通の人や才能の無い人が、営業会社で教育を受けて売れるようなるか?

トップ営業になれるのか?

 

これも私の実体験から言いますと、そこそこ売れるかも知れませんが、トップ営業になる事は、ありませんでした。

 

ほぼ例外なく売れる営業社員は入社後、半年から1年ちょっとで頭角を出しトップ営業になっていきます。

 

つまり、この期間内に売れない営業社員はトップになるような事は、ありませんでした。

 

正直に言いまして「長年仕事を頑張れば、トップ営業になれる!」なんて事はなかったです。

 

よく求人広告で「本人の頑張り次第でトップ営業になれる!」「年収1000万円とか、月収100万円稼げる!」は申し訳ありませんが、ただの幻想です。

 

本人が頑張っても、頑張らなくても才能があれば売れて才能が無ければ売れないのです。

1年たっても2年たっても売れない人が3年目に急にトップ営業になる!なんて事は、まったく無かったです。

 

 

店長

 

このように「トップ営業になって年収1000万円稼ぐ」と言う事は才能の無い人にとっては夢のまた夢なのです。

 

この話を聞いてガッカリする人が多いと思いますが、ここから朗報であり本題です。

 

多くの普通の人は、普通で終わるのですが、次の章から、普通の人がトップセールスになる「唯一の方法」があるのです。

 

それを、教えます。

 

 

 

営業のコツ②:普通の人がトップセールスになる唯一の方法

店長

 

私の過去の経験から言いますと、人間の能力は一部の本当の天才を除いては、ほとんど一緒だと考えております。

 

入社してくる新人にも必ず言っておりました。

 

それでは「なぜ営業で売れる人と、売れない人がいるのか?」と再度、疑問が湧いてきます。

 

この理由がわかれば、売れない人でも本当に売れるようになるかも知れません。

と言いますか、売れるようになりました。

 

売れない人が売れるようになったのは

その理由が、私なりに分かったからです。

 

 

 

その理由はズバリ。

売れる人と、売れない人の違いは「素直さから来る、改善する速さの違いです。」

 

重要なので、もう一度言います。

売れる人と、売れない人の違いは「素直さから来る、改善する速さの違いです。」

 

 

生まれ付きの営業センスの差ではありません。

(多少のセンスも否めませんが、それが全てでは無いのです)

 

ここで、もっと分かりやすく言いますと、例えば、至って普通の新入社員であるA君とB君が営業会社に入社したとします。

 

入社したばかりなので、2人ともレベル1です。

「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」などロールプレイングゲームで言うところのレベル1だと思ってください。

 

これがレベル50になったら一人前の営業マンとしましょう。

この2人に毎日、同じアドバイスをします。

 

 

例えば、会社は朝9時から始業だけど、朝7時に来ると仕事がはかどるから、1度きてみればと提案します。

 

 

翌日、A君は来ます。

B君は「すいません。寝坊しました」と言って来ません。

 

A君はレベル2になりました。

しかし、B君はレベル1のままです。

 

 

 

 

次に「定時の18時に帰るように1日のスケジュールを立てる事」とアドバイスします。
 

また「仕事は途中でも18時に帰れ」と指示します。

 

 

A君は18時に帰ります。

B君は「もうちょっと仕事があるんで」と言ってダラダラ仕事をして、18時になっても帰りません。

 

A君はレベル3になりました。

B君はレベル1のままです。

 

投資用不動産 営業 コツ

 

続いてのアドバイスは、、

・電話は20秒で2つの特徴を伝える

 

・丁寧すぎる表現は使わず、普通に話すよう心掛ける


・お客様との電話で「忙しい所、すいません」と言わない


・お客様に「ご挨拶したいので、会いましょう」と言わない


・売れっ子のような、忙しい営業マンを演じない


などです。

 

こんな誰でもできる簡単なアドバイスを2ヶ月間、毎日やったとします。

つまり、50日繰り返す訳です。

 

すると、A君はいろいろなアドバイスを全て受け入れ自分を日々改善しているので、レベル50になっています。

B君はアドバイスをまったく受け入れないのでレベル1のままです。

 

この差が3ヶ月、6ヶ月、1年とどんどん広がりトップ営業のA君と、ダメ営業のB君に分けるのです。

 

これが「売れる人と売れない人の違い」なのです。

 

店長

 

根本的な差は、本人の素直さです。

たったそれだけです。

 

素直な人は改善する速度が早いので売れるようになるまでが早い。

 

 

素直でない人は、改善する速度が遅いので売れるようになるまでに時間がかかる。

または、売れるようにならずに辞めていく。

 

営業会社の場合、時間がかかって売れるようになる事は無く何も改善されないで、売れずに辞める人がほとんどです。

 

 

これが違いであり、何十年ものあいだ営業会社で起きている事実なのです。

これがずーっと、繰り返されているだけなのです。

 

 

 

 

営業のコツ まとめ:今すぐアクション!

店長

 

いかがでしたか?

 

是非みなさまも、ダマされたと思って明日から色々な人のアドバイスを聞いてとりあえず全てやってみて下さい。

良いアドバイスでも、ダメそうなアドバイスでもやってから判断してください。

 

でも、明日からと言いましたが本当は今からやった方がイイです。

やり始めた瞬間から、現実が変わります。

 

3ヶ月後や6ヶ月後から徐々に変化が起きて売れるようになる訳ではありません。

今からやれば、明日からイキナリ変わったりします。

 

これはやった人だけが、体験する事実なのです。

 

もちろん私も体験済みです。

この体験を、みなさまにも味わって欲しいと思います。

 

 

さらに具体的に営業スキルにご興味がある方は、ミリオンセールスアカデミー®︎無料メルマガで学んでください。

 

即座に成果を出したいご事情があれば、私も認定講師として所属しているミリオンセールスアカデミー®︎「台本営業®セミナー」で売れる営業台本を作成してみてはいかがでしょうか?

 

あなたに、いつかリアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

 

 

営業がニガテで困っている人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出すミリオンセールスアカデミー® 台本営業®セミナーについてもっと詳しく見る

 

営業台本・営業トークスクリプト

 

 

最初に戻る

 

 

営業指導歴21年の専門家が伝授!営業が苦手な人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスアカデミー®︎講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事