燃えて数字を追うセールスチームにする「仕組み化」とは? (4/5)

燃えて数字を追うセールスチームにする「仕組み化」とは?

 

営業集団を燃える集団にしよう!

エンターティメント性を

演出していますか?

 

営業ギライの人でも、

自然にお客様の欲しいを引き出し、

楽々成約率80%以上!!

ミリオンセールスアカデミー

営業指導歴17年の加賀田裕之です。

 

エンターティメント性を演出し、

■部下をヒーローにして

■燃える集団を作りましょう!

 

ヒーローズ・ジャーニーという

英雄物語の方式を

1ヶ月のサイクル

意図的に演出することで、

 

映画のように

営業組織が

■燃え上がり、

■ヒーローが生まれ

■売り上げがアップ

します。

 

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)とは、

「神話」の研究の

ジョセフ・キャンベルによる理論でしたね。

 

 

神話の法則とは?

 

神話の流れとは、

1)Calling(天命)

 物事を始めようとする。

 

2)Commitment(旅の始まり)

 決断して進む

 

3)Threshold(境界線)

 予期せぬ出来事に負けそうになる

 

4)Guardians(メンター)

 手助けにより解決する

 

5)Demon(悪魔)

 ライバル・困難の出現

 

6)Transformation(変容)

 さらに成長する

 

7)Complete the task(課題完了)

 目標達成する

 

8)Return home(故郷へ帰る)

 ゴールを迎える

 

 

神話の法則をまず、これから実行しよう!

一番、カンタンで

一番、重要なことは、

 

■旅立ちの儀式

■帰還の儀式

です。

 

営業チーム構築法(打ち上げ)

 

いわゆる

■キックオフミーティング

■打ち上げ

です。

 

キックオフミーティングは

絶対にしなければいけません。

 

これから、

■どのような作戦に向かって進むのか?

■どのような冒険が始まるのか?

チームで意識する必要

があるからです。

 

そして、

打ち上げです。

 

打ち上げの、

真の意味は、

労い(ねぎらい)です。

 

1か月がんばってきた

部下・チームを

ねぎらうという

ボス(会社側)の姿勢を

部下は見ているんですね。

 

区切りをもたないと

エンドレスになって、

チームは疲弊してます。

 

意識的に、

■キックオフミーティング

■打ち上げ

を行ってください。

 

しかも、

」にですよ。

 

どんなドラマを

プロデュースしますか?

 

続きは、また、次回

詳しくご紹介しますね。

 

 

僕は、

いつも

あなたのそばにいて

あなたを

応援しています!

 

また、次回

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

 

 

追伸:

一日3分!」読むだけで、

営業ギライの人も

自然にお客様の「欲しい!」を引き出し、

楽々成約率が80%以上に!!

「無料メルマガ登録」はこちら! ↓↓↓

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事