営業(クロージング)でどこまで成約率を目指せばよいか?

 

あなたは、

「営業(セールス)をしたくない!

「営業(セールス)は汚い行為だ!

と思ったこと、ありませんか?

  

 

もしくは、

営業(セールス)は苦手出来ればやりたくないなぁ

と思っていませんか?  

 

もし、あなたが、

10人のお客様にお会いして、

8人のお客様にご契約頂いているのであれば、

この後をお読みになる必要はありません。

 

 

営業指導を16年して来た経験則から、

20%の顧客は、やらない」お客様だからです。

 

逆に、20%のお客様は、 

鼻をほじりながらでも」ご契約されます。

 

そして、20%のお客様は、簡単な営業トークがあれば、

ご契約されます。

 

残りの40%のお客様に選んで頂くのが

営業力になります。

 

つまり、

10人のうち5名から8名の方に

選んで頂くのが、営業力です。

 

営業(セールス)での成約率

 

お客様を分析してみましょう。

20%:絶対やる

20%:簡単に説得  ⇒ 営業台本必要

20%:ちょっと迷う ⇒ 営業力必要

20%:難しい    ⇒ 電話営業必要

20%:やらない

 

営業成約率 円グラフ
ですから、

5名のお客様と接客したら、

2名の方は、ご契約して当たり前。

 

 

残り2名の方にご契約して頂くのが、

営業力ということになります。

 

もし、5名の方にお会いして、契約数が0名の場合は、

お金をドブに捨てています!

 

 士業(弁護士、会計士、税理士、)や

カウンセラー、コーチなどの方は特に、
      

クライアントに

自分から、売り込むのは嫌だ!」と、 

セールスをしない為、

新規顧客獲得や、既存顧客のリピートの機会を

大幅に、逃しています。
 

 
単純に計算しても、

すでに、あなたが、お会いしている

10人のうち、

3人が顧客になっているとして、
 
残り7人のうち、3人

顧客になったとしたら、
 
売上げが200%になります。
 
 

 
さらに、

電話や、スカイプでセールスが出来たら、

日本全国が顧客対象!

になる訳ですから、

電話・スカイプで営業 

      
単純に、「売り上がりが、250%になりました!」

というのはザラです。
 
 
ここでのポイントは、

 

セールスのイメージを、多くの人が、

強引に売り込んだり」すること、

   
逆に、

ペコペコ、へりくだって売る」
 
 
ことだと思っている点です。 
 

もし、あなたが、

営業の簡単なコツを、1ヶ月、2ヶ月実践が遅れると、

どのくらいしますか?

 

 

営業(セールス)で万冊!

 

今すぐ!

はじめたほうがよいですよね。

 

 

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事