営業(セールス)の際、訪問先でお茶を出されたらどうしたらいいんでしょう?

 

営業(セールス)の際、訪問先で

お茶を出されたらどうしたらいいんでしょう?

 

クライアント先の新入社員から、

「営業で訪問先で、

お茶を出されたら

どうしたらいいんでしょう?」

という質問を受けました。

 

 

「くだらない!!」なんて、

怒らないでくださいね。

 

従業員、部下でも、

若年者は、こういったことを知らず、

 

しかも、

社長、上司に聞けないで悩んでいることって、

沢山あるんです。

 

ですので、、、

初歩的なマナーについても、

この機会に教えてあげてください。

 

最低限のマナーを知らないと

商談が進まなくなります。

 

まず、

お茶を出されたら、

出していただいた方に

「ありがとうございます」

と言いますよね。

 

営業(セールス)でお茶が出てきた場合

 

 

なぜだと思いますか?

 

実は、、、

その方が商談のキーマン

の可能性があるからですよね。

 

実は、

社長の奥さんだったり、

現場(事実上)の決済権者だったり、

ということは良くあります。

 

次に飲むタイミングですが、

先方から、

どうぞ

と勧めて頂くのを待ちますよね。

 

逆に言うと、

お茶を勧めて頂けるか、

否かで、

相手の余裕度を推し量ることもできます。

 

では、

お茶をお勧めされなかった場合

どうしますか?

 

飲み残しますか?

 

飲み残すのは、

絶対、やめましょう。

 

お茶を出していただいた方に失礼です。

 

せっかく出したのに、

残されたら不愉快ですよね。

 

そして、、

「失礼ということを理解出来ないバカだ」

と思われてしまうからです。

 

「バカだ」と思われたら、

商談は進みません。

 

商談が進み、

話しが一区切りついた瞬間などに、

いただきます」と言って、

飲みましょう。

 

相手が一生懸命話しているのに、

お茶を飲むと、

「こいつ、オレの話し

聞いてないな」

と先方に思われるので、

(※もしくは無意識上)

 

話しが、

一息ついた瞬間がベストです。

 

何回かに分けて

飲みましょう。

 

最後に、

お茶を出してくれた人に、

「御馳走様でした」

と言えれば完璧です。

 

ただし、

同席しているひとに

お茶を出してくれた人がいない場合は、

商談がメインなので、

「御馳走様でした」と言うと、

「他に重要なことがあるだろう!」と

思われるので、

商談の話をした方が良いです。

 

お茶の飲み方も

最低限のマナーになりますので、

従業員、部下にしっかり教育してくださいね。

 

また、明日、

あなたにお会いできることを

楽しみにしてます。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

マナー、礼儀は、

相手に対する敬意のあらわれですので、

礼儀を守らないということは、

相手をバカにしているということです。

 

新入社員、部下には、

守らせる必要がありますね。

 

マナー・セオリーを知るための

営業(セールス)セミナーはこちら↓

http://million-sales.com/?page_id=114

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事