営業マネージャーに必須、営業戦略の具体例:俺の株式会社(1/5)

 

営業マネージャーに必須、

営業戦略を「俺の株式会社」から考察しよう!

 

成約率を80%以上にするためには、

営業戦略」についても

改善する必要があります。

 

今日は、

少し難しいかもしれませんが、

 

経営者視点、

事業部長視点

営業マネージャー視点で、

営業戦略」について

考えてみましょう!

 

わかりやすい事例として、

「俺のイタリアン」

「俺のフレンチ」で有名な

俺の株式会社」をとりあげます。

 

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※最盛期、

行列の出来ている「俺のイタリアン」

 

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※ 2015年12月現在 空席が目立つ

 

2015年12月現在、

「俺の株式会社」は、

 

■「Yahoo」のポータルサイトに

俺のフレンチ・俺のイタリアン

全店予約可

と連日広告を掲載しています。

 

あの行列はなくなったのです!

 

つまり、

高回転できていない、

集客できていないのです。

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※ヤフーのポータルサイトの広告

 

 

看板シェフの相次ぐ退社

能勢和秀氏
シェ松尾・松濤レストラン総料理長
を経て、俺のフレンチGINZA
→ 退職

 

大渕康文氏
レストラン ヴィスオンティ
神田レストラン アルピーノ
代官山ラ ヴィーナス
超フレンチ御魚大渕座
を経て、俺のフレンチNINGYOCHO
→ 退職

 

市村真朗氏
La Cabro d’Or
ラトリエ ドゥ ジュエル・ロブション
レストランひらまつ
ヴァン デスト 
を経て、俺のイタリアン銀座
→ 退職

 

 

 

つまり、

低価格

一流料理人の料理を

食べることができるという

コンセプトが崩れたのか?

 

2,014年までの

あの飛ぶ鳥を落とす勢いは

どこに行ったのか?

 

客離れが

はじまっています。

 

そこで、

この分かりやすい事例を元に、

もし、あなたが、

「俺の株式会社」の

坂本社長であれば、

 

高回転率が維持できず

看板シェフが相次ぎ退職する状況で、

どのような営業戦略を実行すれば良いのか、

考えてみましょう!

 

念のため、

俺の株式会社」を

簡単にご紹介します。

社長は、

あの、「坂本孝さん」。

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ 坂本孝

・1990年
 ブックオフを創業
 その後、追い出される。

・2009年
 外食産業に参入

・2011年9月
 俺のイタリアン一号店出店

・2012年
 俺の株式会社設立

 

 

■会社概要  ※2014年10月期

・会社名:俺の株式会社

・資本金:2億7,750万

・売上高:74億1,908万

・店舗数:国内32店舗(海外3店舗)

      ※2015年12月時点

 

■コンセプト

・ミシュラン星付き店などの
 一流料理人

・高級食材
 フード原価率60%以上

 

・高回転率
 2時間制、1日3回転以上

 

で、圧倒的な低価格を実現

 

因みに、

通常の高級飲食店は、

一日1回転未満で、

フード原価率30%以下

が普通です。

 

ですので、

俺のシリーズは、

一流シェフによる

グランメゾン

(ミシュラン三ツ星級の

高級フランス料理レストラン)

の5分の1の低価格が、

最大のウリだったわけです。

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※俺のフレンチ

牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ

2,980円

 

 

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※俺のフレンチ

うさぎとフォアグラのガランティーヌ

580円

 

 

 

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

※俺のフレンチ

甘海老のタルタル、クスクスのサラダ

680円

 

僕は、、

オフィスが銀座だったので、

俺のシリーズに行きたかったのですが、

 

特に、2,013年前後、

ものすごい行列で、

全く入ることはできませんでした。

 

それが、、

今では、

雨の日に、店員が呼び込み

している状況です。

営業戦略 俺のイタリアン・フレンチ

 

さて、

あなたが、

坂本社長だったら、

どうしますか?

 

この続きは、

次回、分析しましょう。

競争戦略営業戦略を「俺のイタリアン」から学ぶ

 

また、次回、

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

———————————-

 

「営業戦略」については、

「少し、難しい~」

と思われるかもしれません。

 

しかし、

経営をするうえでは、

必ず必要になります。

 

世にある

「楽して成功」する方法は

ウソです。

 

一緒に、

「戦略」について

考えていきましょう!

 

ちなみに、

「俺の〇〇」シリーズは、

勝どきの「かねます」

ベンチマークしています。

 

1964年創業の

「かねます」は、

「エルブリ」のフェラン・アドリアが

2002年に来日した際、

有名料亭を差し置いて立ち寄った為、

一躍、有名になりました。

 

「かねます」の客層は、

「エルブリ」とは縁のなさそうな

サラリーマンのお父さん。

 

もちろん、今でも、

立ち飲み

予約不可

です。

 

コンセプトのブレは、

創業以来ありません。

 

セミナーでしかお伝えしない

「極秘」の2つのテクニックで、

お客様の潜在意識にアプローチする

クロージング極意セミナーは

こちら ↓

http://million-sales.com/?page_id=114

 

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事