デッドラインクロージング:営業マンは期限設定しよう!(8/8)

デッドラインクロージング:営業マンは期限設定しよう! 

 

デッドラインクロージング話法を体得しよう!:

 

デッドラインクロージング

体得しましょう!

 

営業ニガテな人でも、、、

営業ギライの人でも、、、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい」を

引き出す!!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

先日、

クラインアント様の女性から、

「信頼関係構築能力が高まりすぎて

困っている」という相談を受けました。

 

取引先などの男性社長から、

好かれ過ぎて困ってしまうという

ことなんですね。

 

好かれすぎて困る

 

 

僕のクライアントさんは、

スキルがあまりにも向上

してしまう方が多いんです。

 

女性の場合は、

信頼関係を作りすぎると

困る場合があるので、

適度な距離感に戻す必要があります。

 

後日、

対処法をお答えしますね。

 

さあ、連続で

あなたに、

クロージングスキルを

お伝えしています!

 

今までお伝えした

クロージング極意はこちら

クロージング極意1

クロージング極意2

 

前回は、

アクションクロージングでした。

 

アクションクロージング

 

 

要約しますと、

契約書や申込書に

サインを頂くときに、

お客様にペンをお渡しする

というクロージング技法です!

 

簡単ですが、

ポイントがありましたので、

復習してくださいね!

→  アクションクロージング

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

デッドラインクロージング種類と話法

 

今日は、

デッドラインクロージングです。

今までの分析・分類は、

■ 消極的・積極的

■ 個人・法人

の切り口でした。

 

■消極的なデッドライン

 デッドラインテクニック

 

■積極的なデッドライン

1)トップセールスのデッドライン

2)トップセールスマンのキャンセル止め

3)トップセールスの決めゼリフ

4)組織で使うデットライン

 

今回の分析の切り口は、

■ 自社理由

■ 顧客理由

■ 政治経済理由

です。

 

まず、

■自社理由

のデッドラインクロージングですが、

 

分かりやすい例として、

アメ横で「一年中」やっている

・在庫一掃セール

・閉店売り尽くし

などですね。

 

使い古されている感があり、

説得力が弱いです。

 

自社理由のデッドラインクロージング

 

また、閉店ですか、、。

的な感じです。

切迫感を感じられません。

 

営業トークでも

説得力があまりありません

 

■顧客理由

のデッドラインテクニック

顧客理由の期限設定ですが、

 

例えば、

フィットネスクラブの

夏までに痩せる!」

 

顧客理由のデットラインクロージング

 

とか、、

以前、テレ(TEL)アポトーク

ご紹介した 

過払い金の広告

 

※クリックすると動画に飛びます↓↓↓

顧客理由のデットラインクロージング

 

過払い金の返金期限が

近づいています!

お早めにお電話を!

 

と、お客様理由

デッドラインクロージングしています。

 

自社理由の期限設定より、

説得力がありますね。

 

■政治・経済的理由

のデッドラインクロージング

 

例えば、

・消費税アップ!

・新法律施行!

などです。

 

分かりやす例としては、、

住宅ローンで

低金利の今こそ買いどき!」

などですね。

 

どう思われました?

 

自社理由」より、

顧客理由」。

そして、

一番説得力があるのが、

政治経済的理由

です。

 

あなたの

商品・サービスに応用して

お使いくださいね!

 

僕は、

いつも

あなたのそばにいて

あなたを

応援しています!

 

また、次回、

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

あなたの

営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

直接、

あなたに

お会い出来ることを

楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、、

営業が苦手な人も、、

最新の購買心理学で

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

 

クロージング営業セミナー

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事