注目!クロージング決定率(成約率)がグンと良くなる!一番大切なこと。

もし、あなたが、10人のお客様にお会いして、5人のお客様にしかご契約頂いていないのであれば、とっても損をしています!

 

営業指導を19年(2,018年現在)してきて、20%の顧客は「やらない」お客様です。逆に、20%のお客様は「横を向いて営業」してもご契約されます。そして、20%のお客様は、簡単な営業トークがあれば、ご契約されます。残りの40%のお客様に選んで頂くのが営業力になります。

 

つまり、10人のうち5名から8名の方に選んで頂くのが、営業力です。この記事では、クロージング決定率(成約率)はどこまで上がるのか?クロージング決定率をあげるにはどうしたら良いか?についてお話しします。

 

クロージング決定率(成約率)

 

 

1、クロージング決定率(成約率)を測っていますか?

1−1、クロージング決定率(成約率)を知るところから始めよう!

僕が、営業セミナーを開催して、まず、皆さんに質問するのが、クロージング決定率(成約率)についてです。

 

■質問1、成約率を測っていますか?

■質問2、成約率は何%ですか?

 

そもそも、御自身の成約率を把握していない方がほとんどです。あなたのクロージング決定率(成約率)は何%ですか?計測しないと、「ただの遊び」か「精神論」になってしまいます。

 

クロージング決定率(成約率)

 

1−2、クロージング決定率(成約率)80%までは可能!

 

お客様を分析してみましょう。

20%:絶対やる

20%:簡単に説得  ⇒ 営業台本必要

20%:ちょっと迷う ⇒ 営業の練習必要

20%:難しい    ⇒ 専門家による訓練必要

20%:やらない

 

クロージング成約率

ですから、10名のお客様と接客したら6名の方はご契約して当たり前。残り2名の方にご契約して頂くのが、営業力ということになります。もし、10名の方にお会いして、契約数が2名の場合は、お金をドブに捨てています!

 

士業(弁護士、会計士、税理士、)やカウンセラー、コーチなどの方は特に、クライアントに「自分から、売り込むのは嫌だ!」と、セールスをしない為、新規顧客獲得や、既存顧客のリピートの機会を大幅に逃しています。

 

単純に計算しても、すでに、あなたが、お会いしている10人のうち、3人が顧客になっているとして、残り7人のうち、3人が顧客になったとしたら、売上げが200%になります。

 

さらに、電話や、スカイプでセールスが出来たら、日本全国が顧客対象!になる訳ですから、単純に、「売り上がりが、250%になりました!」というのはザラです。もし、あなたが、営業の簡単なコツを、1ヶ月、2ヶ月実践が遅れると、どのくらいしますか?

 

 

2、営業セミナーに出席して、月商100万が200万円に!

ご自身のクロージング決定率(成約率)が分かったら、数字を追い込みましょう!その基準は、そうです!80%を目指して、数字を追い込みましょう!

 

今の成約率が80%まであがったら、売上はいくら変わりますか?成約率80%にいくためには、原理原則(購買心理)からのトークスクリプト(営業台本)作成が必須です。「営業が台本が9割!」なのです。営業台本の精度を高めていけばいいんです。

 

営業セミナーに出席されて、月商100万円が月商200万円になった「お菓子教室」代表 飯盛 有希乃様

 

あなたが「そうは言っても、難しいな~」「心配だな~、できるかな~」と思っても大丈夫。その為に、僕がいるんです。営業ニガテな人も、最新の購買心理学で自然にお客様の「欲しい」を引き出す「営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)」で営業のコツを体得して営業台本を作成し、売上をあげましょう!

 

あなたに、リアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業セミナー

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事