加賀田裕之の原体験

 

ちょっとだけ、

僕の話をしても

いいですか?

 

口下手・人見知りで

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい」を引き出す!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

 

先日、セミナーで

僕がどのようなきっかけで

この仕事をしているか?

小さい時の原体験を

お話しさせていただいたところ、

 

もっと早く聞きたかった!』と

反響をいただきましたので、

 

あなたがこの記事をお読みになる

判断になると思い、

少し、お話しさせてください。

 

僕は、

東京の武蔵野市に育ちました。

2歳年上の姉がいます。

 

加賀田裕之

 

※近所の子と(左から2人目が姉です)

 

40年以上前は、

日本全体が貧しかったと思いますが、

僕の家は、木造の平屋の家でした。

 

今でも覚えているのが、

 

冬は、

凍えるように寒く、

親父が朝、ふとんから起きて、

ストーブをつけて、

暖かくなってから起きるというような

家でした。

 

小学校1年生のある日のこと、

学校から家に帰ってくると、

パジャマ姿の母親が

玄関前の床に倒れていたんです!

 

わ!どうしたの?

だいじょうぶ!おかあさん!

母親は体調が悪く、

ずっと寝ていたのです。

 

床には、白い胃液のような

酸っぱい匂いのする

嘔吐物が散乱し、

気絶しています。

 

え!どうしよう!

 おかあさん!おかあさん!

家には、

父親はもちろんですが、

2歳年上の姉もいません。

 

母親は、

う〜、う〜」と

苦しそうに、

うめいています。

 

「そうだ!

お医者さんを連れてこよう!

「一駅先の

お医者さんのところに

自転車で行って、

家に来てもらおう!

やるしかないんだ」

 

小学校一年の小さな僕は、

お医者さんを呼びに行くことに

決めました。

 

お医者さんの受付で、

おかあさんが、

おかあさんが、

たいへんなんです!

 

今でも、今でも、

感謝していますが、

そのお医者さんは、

他の患者さんがいるにも関わらず、

診てくれることになったのです。

 

小学一年生のちびすけが、

お医者さんを説得し、

小さな自転車に乗って、

看護婦さんとお医者さんが乗った白い車を

家まで先導したのです。

 

この母親を助けた体験が、

一生懸命思いを伝えることで、

人に動いてもらうことが

大事な人を助けることができる

として、

 

僕の

営業コンサルタントとしての

原体験になっています。

 

商品・サービスは良くないのに、

詐欺的な商品なのに、

売り方が非常にうまくて

儲かっている悪徳会社もあれば、

(※逆に商品が悪いので

売り方は非常に研究している)

 

商品は素晴らしく、

社会貢献出来るサービスにも関わらず、

売り方がわからず、

倒産寸前の会社もあります。

 

そういった

良い商品・サービスを扱っているのに、

営業が苦手だったり、

営業を体系的に学んだことがない

会社、営業マンに、

 

良い商品・サービスを

世に広めるお手伝いをしたい

という思いで、

 

僕は、

メルマガを書き、

セミナーを実施し、

営業コンサルをしています。

 

今日は、

僕のお話しをお聞き頂き、

ありがとうございます!

 

僕は、

いつも

あなたのそばにいて

あなたを

応援しています!

 

また、次回

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

あなたの

営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつか、直接、

あなたに

お会い出来ることを

楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、、

営業が苦手な人も、、

最新の購買心理学で

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

 

営業セミナー東京

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事