営業マネージャー戦略立案オススメ本:企業参謀(大前研一著)

営業マネージャー戦略立案オススメ本:企業参謀(大前研一著)

営業マネージャーは戦略立案が必須

倒産回避法、

ご興味ありますよね!

 

口下手・人見知りで

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の「欲しい」を

引き出す!!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

先日、

クライアントさんと

で移動中に「ネコ」が

飛び出してきたんです!

 

わっっ!!」何とか、

ネコちゃんは逃げられたんですが、、

その時、

高速道路の鹿」の話になったんです。

 

これを読んでくださっている

優秀なあなたは

ご存知かもしれませんね。

 

戦略ブームを巻き起こした

1985年発行の

大前研一著「企業参謀」での

有名なレトリックです。

 

 

「企業参謀」に見る、高速道路の鹿の例え

 

 

高速自動車道路を走るとき、

しばしばお目にかかるのが、

路上に転がった鹿の死体だ。

 

(中略)

 

私(大前研一)の級友が、

森から鹿が一頭出てきたため、

車をひどく壊してしまった。

 

鹿は道路を横断するつもりだったようだが、

一瞬、方角を見失ったかのように、

途中で立ち止まったのだという。

 

戦略的思考:高速道路の鹿

 

次の瞬間、

走って来る級友の車を見た鹿は、

頭を低く下げると、

車を目掛けて突っ込んできたのだそうだ。

 

逃げる余裕がなかったわけでもないのに、

鹿は不意に現れた車に驚き、

判断力を狂わせて

盲滅法、

死と直結する方角に

突進したのである。

 

これと似た精神的麻痺は、

人間も経験することがないではない。

 

(中略)

 

時速200キロ以上で飛ばすと、

3車線の広いハイウェイ

一車線の幅に縮むように見え

それほど遠くない前方でただの点に

凝縮してしまうように思えたのである。

 

同時に

視野が急激に狭くなっていった。

 

狭まった視野を何とか広げたいという

潜在意識はあるのだが、

私には

真っ直ぐ前しか見ることができなかった。

 

いってみれば、何かの外力にしっかりと

押さえつけられているような感じだった。

 

こうした極限状態のなかに置かれると、

人間も鹿と同じことで、

命を落とすような愚行も

あえて犯すことに

なるのではないだろうか。

 

企業の経営管理者といえども、

例外ではない。

 

圧力が厳しくかかればかかるほど、

より広範に緊急に

観察力なり見解が

必要となればなるほど

精神的に物の見方の幅が

狭まる危険が増していくものだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オール・オア・ナッシングでなく、グレーゾーンで生き残れ!

 

どう思われました?

 

ビジネスパーソンに必要な

戦略的思考とは、

想像力をとことん利用し、

論理的に考えること

です。

 

人生も、事業も、ビジネスも、

商談(プレゼンテーション)も、

 

オール・オア・ナッシングではなく、

理知的に選択肢を探し、

グレーゾーンでも

生き残っていくことが必須です。

 

「企業参謀(大前研一著)」は

30年の歴史に淘汰されず

生き残っている名著です。

 

営業マネージャーに必要な戦略的思考

 

 

あなたと

リアルで、

こんな話もしてみたいですね。

 

 

僕は、

いつも

あなたのそばにいて

あなたを

応援しています!

 

また、明日、

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

いつか、直接、

あなたに

お会い出来ることを

楽しみにしています^^

 

営業ギライな人も、、

営業が苦手な人も、、

最新の購買心理学で

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

 

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事