営業マンは反論処理後、絶対にクロージングを忘れるな!(12/13)

営業マンは反論処理後、絶対にクロージングを忘れるな!

 

トップセールスの反論処理(反論解決)

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然お客様の欲しいを引き出す!!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ここ数回に渡り、

あなたが商談中に、

お客様に「検討します。」

と言われたときの

魔法の公式」をお話ししています。

 

第1回:反論解決の「魔法の公式」

第2回:「検討します」の反論解決

第3回:トップ営業マンの反論処理

第4回:「必要無いんですけど、、」

第5回:反論処理:急ぎません

第6回:お金がないんですけど①

第7回:お金がないんですけど②

第8回:お金がないんですけど③

第9回:分割払いの勧め方

第10回:信用出来ないんだけど

第11回:明確な理由づけが必要

 

繰り返し、繰り返し、

繰り返すことで、

反論処理(解決)

マスターしましょう!

 

反論処理・反論解決の

魔法の公式は、

 

■ステップ①

質問により

検討の状況を明らかにする

 

■ステップ②
反論に共感する。

 

■ステップ③
提案する。

 

■ステップ④
提案を受け入れるメリット

明確な理由付け

 

 

反論解決サイクル

 

でした!

 

昨日までで、

ステップ①から

ステップ④までの

反論処理の魔法の公式

体得してきました!

 

では、

あなたに質問です。

 

次はなにをしますか?

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

クロージングです!!

 

 

営業マンは反論処理後クロージングを忘れるな!

 

営業初心者は、

一番大事なクロージングを

忘れてしまって、

ごにょ、ごにょ」言って、

 

訳わからず、

終了してしまっている

場合が意外と多いんです!

 

もしかしたら、

あなたも

思い当るところが

あるかもしれないですね。

 

では、

簡単なクロージング話法を

二つお話しします。

簡単なクロージングは

 

2者択一法

 

直説法・ダイレクトクロージング

 

です。

 

クロージング力をつけたい方は、

・ クロージング極意1

・ クロージング極意2

で学んでください!

 

2者択一法

「AとBとどちらがいいなぁ~

と思われますか?」

とお客様に選択を促し、

スムースに決断に導くという方法です。

 

ifクローズと2者択一

 

 

 

直接法・ダイレクトクロージング

 

「〇〇さんの

△△という気持ちは

しっかり分かりましたので、

一緒に、がんばっていきましょう!

とか、

 

 

キャンセル止め(キャンセル防止)

 

 

「〇〇さんのご要望は

△△ということで、

しっかり御確認しました!

 

私も、

しっかりフォローしますので、

こちらで、お願いします!

のように、

 

直接クロージングする方法です。

 

 

直接話法:ダイレクトクロージング

 

 

間違っても、

どうですか?」などと、

お客様にお伺いをたてては、

いけません。

 

それは、素人のやり方です。

そんなクロージングでは、

成約率は下がります。

 

 

あなたに、

反論処理・反論解決後の

効果的なクロージング方法を

お伝えしました。

 

ぜひ、

実践してくださいね!

 

それでは、、、、

ネガ処理・反論処理後、、

※お客様の「検討します…」

 を解消後

 

その結果、お客様が、

お願いします!

と、おっしゃっていただいたら

ご契約ですね。

 

もし、

まだ、

ちょっと考えたいんでけど…

とおっしゃったらどうしますか?」

 

検討していいですか?

 

その答えは、

次回:「まだ検討したいんです」で

お伝えしますね。

お楽しみにしてください。

 

即、体感されたい方は、

クロージングセミナー

体感してくださいね。

 

いつか、どこかで、

リアルに、

あなたに

お会いできることを

楽しみにしています!

 

あなたの

営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事