トップセールスマンの切りかえし:お金がない(6/13)

トップセールスマンの切りかえし:お金がないんですけど

営業マンの切り替えし話法(反論処理・反論解決)

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の欲しいを引き出す!!

ミリオンセールスアカデミー

あなたの

営業コンサルタント

加賀田裕之です。

 

「メルマガ、パクられてますよ!」

営業コンサルしているクライアントさんから、

こんなタレこみ(笑)がありました。

 

メルマガパクられてますよ!

 

そのパクってい人は、

営業のコンサルをしている方で、

 

今、僕があなたにお話している

断りの対処法の

■考え方、

■分類、

■対処法を言葉を変えて、

 

なんと!!

翌日ぐらいに

自分のメルマガで送信しているんです!!

 

僕のクライアントさんは、

むちゃくちゃおこってましたが、

よくあるんですよね。

パクられること、、(笑)。

 

けれど、

僕が「本物」で、

その方が「偽者」だってことが

分かっていただいたと思います。

 

僕は、、、

自分の「体」を通ったことしか

実績のあること」しか

あなたにお伝えしていないんです。

 

それと、、、

あまりパクりが続くと、

法的な対処法も含め、

いろいろありますので、大丈夫なんです(笑)

 

ものすごく厳しい世界にいたので、

大丈夫なんです。

 

結局、

「何が、言いたいか?」っていうと、

 

同業者が

すぐまねするぐらい、

まねせざるを得ないぐらい、

すごい価値がある」ことを

あなたにお伝えしております!!

 

では、本題なんですが、

 

ここ数回、

あなたが

お客様に「検討します、、。」

と言われたときの

「魔法の公式」をお話ししています。

 

 

反論処理(反論解決)の魔法の公式

 

第1回:反論解決の「魔法の公式」

第2回:「検討します」の反論解決

第3回:トップ営業マンの反論処理

第4回:「必要無いんですけど、、」

第5回:反論処理:急ぎません

 

それは、、

■ステップ①

質問することにより、

検討の状況を明らかにする

 

■ステップ②
反論に共感する。

 

■ステップ③
提案する。

 

■ステップ④
提案を受け入れるメリット

納得される理由付け

でした。

 

 

反論サイクル

 

そして、ここ数日、

ステップ③の

提案する

をお話ししています。

 

具体的に想定されるネガは、

大きく分けて、4つ。

 

必要ない

急がない

③お金が無い

④信用できない

 

昨日は、

②の急がないから、、」

と言われたときに

どのように対処するか?

を考えましたね。

 

商品説明・クロージングに入る前に、

『では、〇〇さん、

これから△△という

当社のサービスについて

お話ししますが、

いいなぁ~、と思われたら、

 

善は急げじゃないですが、(笑)

今、すぐ始めたいなぁ~」

というお気持ちは

ございますか?』

 

のように、

テストクロージングをしましょう!

 

テストクロージング

 

 

そこで、

「今、すぐじゃないです、」と、

お客様がおっしゃったら、

トークを先に進めずに、

 

そこで、ヒアリングをして、

その問題点を解消しましょう。

ということです。

 

ポイントは、

お客様に、

緊急性」を感じさせていない

ということですね。

 

緊急性をどう高めるか?は、

一度、ご自身の商品でお考えください!

 

分からなかったら、

僕に、質問してくださいね

 

 

 

切り替えしトーク:お金がないんですけど

次に、

③のお金がない…」

とお客様に言われた場合は、

 

営業マンの反論処理:お金がないんですけど

 

まず、

■どのように考えるか?

■具体的方法(話法)

の二つの切り口で、

お話します。

 

頭の片隅に入れて、

ご自身だったらどうするか?

考えておいてくださいね。

チャレンジです!

 

次回、答え合わせを

一緒にやりましょう!

いつか、どこかで、

あなたに

直接、お会いできる日を

楽しみにしております!

 

営業ギライな人も、、

営業が苦手な人も、、

最新の購買心理学で

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

営業セミナー

クロージング営業セミナー

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事