クロージング営業教育:期限設定、デッドラインテクニック(1/5)

クロージング営業教育:期限設定、デッドラインテクニック

 

クロージング「期限設定」で成約率アップ

クロージングでは、

絶対に、絶対に、

期限設定

をしてください!

 

営業ギライの人でも、

最新の購買心理学で、

自然にお客様の欲しいを引き出す!!

営業指導歴17年の加賀田裕之です。

 

あなたは、

クロージング

期限設定」をやっていますか?

 

僕が、営業コンサルで

クライアント様に同行していて、

あ~、もったいない!

と思うのは、

 

カンタンに出来る

チョッとのこと」をやっていないで、

成約率がさがってしまうことです。

 

あなたが

これを読んで頂き、

実践すると

カンタンに成約率があがります!

 

それが、

期限設定」です。

 

例えば、

クロージング最後で、

以下のような会話、

ありがちですよね?

 

-----------------

 

■お客様

今日は、わざわざ

ありがとうございました。

 

じゃ、検討しておきます。

こちらから、ご連絡します。

 

 

■セールスマン

ご連絡お待ちしております。

ありがとうございました。

 

-----------------

 

新人に

よくありがちなクロージングです。

 

あなたは、

この商談の問題は

何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

期限設定」ですね。

 

お客様の返答には

必ず、「期限を区切」ってください。

 

営業セールス、期限設定

 

 

クロージングで具体的に期限設定すること

期限設定では

以下2つを具体的に設定します。

 

1)連絡方法

 電話?メール?

 

2)日程(デッドライン)

 何月何日?

 

営業セールスで

絶対にしなくてはならない

「期限設定」について

御確認されましたね。

 

 

 

クロージング期限設定、3つのポイント

では、

期限設定」の3つのポイント

をお伝えします。

 

1、「真意」を突き止めよう!

お客様が「即決」しない

本当の理由

何だったのでしょうか?

 

もしかしたら、

お金が高いな~」という

断り文句だったのかもしれません。

 

ですので、

「どうして検討したいのか?」

まずは、

検討したい理由

お聞きする必要があります。

 

そして、

「どうしても

上司に確認しなければならない」

など、

 

連絡を待つ理由

あなたが、

心底、納得されるまで

真意をお聞きください。

 

 

2、先のばし防止

なんとなくいいな~

やりたいな~

と、その時は思っても、

ズルズル先のばしをしてしまうこと

って、私たちにも経験があります。

 

お客様にも

期限を区切ってあげないと

ずるずる決定を先のばししてしまい、

その結果

あなたの商品を

すっかり忘れてしまいます

 

最悪、

熱心な競合他社に

負けてしまうことになります。

 

 

、商談を有利に展開

もし、先方から

連絡がなかった場合どうでしょう?

 

期限を区切っていなかったら、

こちらから連絡することになります。

 

そうすると、

あせっている感」が出てしまいます。

 

逆に、

期限を区切っていて、

相手から連絡がなければ、

こちらから連絡することになります。

 

連絡がない先方が

道理として間違っていますので、

こちら側が

心理的に有利に立つことができます。

 

つまり、

有利に商談を進めることが可能になります。

 

以上、

期限設定のポイント3つでした。

 

カンタンで、

即効果があります。

 

「期限設定」

是非、実施してくださいね。

 

あなたの

商談の成約率(決定率)は

格段に上がります!

 

一緒に

がんばりましょう!

 

また、次回、

あなたにお会いすることを

楽しみにしてます!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

3時間で、

あなたの

商売・ビジネスにあった

具体的スキルを体得できます!

 

営業嫌いな人でも、

最新の購買心理学と科学的アプローチで

自然にお客様の「欲しい!」を引き出す

『嫌われないクロージング営業』セミナー

 

クロージングセミナー 東京

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事