営業マン・トップセールスマンのお客様との信頼関係築き方

 

トップセールスマンのお客様との信頼関係の築き方

これを読んで頂くことで、

あなたは、

お客様と瞬時に信頼関係を築くことが

できます。

 

営業マンのお客様と信頼関係築き方

 

それを説明するために、

2016年1月に起きた

スマップ解散騒動を解説させてください。

 

「は? なに?

営業と関係あるの?」

と思われたかもしれません。

 

言いたいことは

分かっているよ

と思われたかもしれません。

 

では、

お話ししますね。

 

スマップ解散危機 ホットボタンがカギ

 

 

 

国民的アイドルSMAP

解散するのではないか?」

というこのケースで

 

重要なのは、

キーマンです。

 

だったのでしょうか?

 

 

そうですね。

居くんです。

 

以下、ヤフーニュースより

-------------------

 

中居くん

退社」の気持ちを固めたのが、

2015年1月の「週刊文春」のインタビュー。

 

同誌では、

メリー副社長

SMAPは踊れないじゃないですか。

 

踊れる子たちから見れば、踊れません

などと語った。

 

最もショックを受けていたのが

中居くんだった。

 

人一倍ダンスに対して

プライドを持って取り組んでおり、

実力は事務所の中でも随一。

それだけに

評価の低さが

耐えられなかったようだ。

 

-------------------

 

社長・上司として

組織をひっぱるうえで、

一番、重要なことは、

 

従業員・部下の

ホットボタンをおさえることです。

 

従業員・部下の

ホットボタンを押さえていないと

 

いきなり、ある日突然

トップセールスから、

退社させてください」

裏切られる羽目になります。

 

今回のケースでは、

中居くんは、

歌が下手と思われるのは構わない。

 

しかし、

ダンスにはプライドがある。

そこをバカにされるのは、

絶対に許さない」

という心境だったと思われます。

 

つまり、

ダンスが

彼のホットボタンだったわけです。

 

 

ホットボタンとは、人が行動する真の動機第一の理由です。

 

あなたが、上司であれば、

部下のホットボタン

を押さえる必要があります。

 

に、

ホットボタンを押さえた状態は、

「武士は

己を知るものの為に死す(史記)」

 

営業モチベーション

 

誰も理解してくれない

自分の本質を

理解してくれる人がいたならば、

 

その人の為に、

利害も関係なく、自らのも捨てて

 

死に狂い」するということですね。

 

いわゆる

葉隠」の世界です。

 

営業であれば、

お客様のホットボタン

押さえる必要があります。

 

商談の際に、

お客様のホットボタン(真の購買動機)を

押さえれば契約に至り、

押さえられなければ失注になります。

 

では、

具体的にどうやって、

ホットボタンを押さえたらよいのか?

 

その方法

次回:営業マンは「ホットボタン(真の動機)」で信頼関係を築け!

お伝えしますね。

 

御期待ください。

 

 

 

———————————-

 

3時間であなたの

コミュニケーション力が

飛躍的にあがったら、

どんなことをしたいですか?

 

お客様の潜在意識にアプローチする

営業嫌いな方のための

嫌われないクロージング営業セミナー

 

クロージングセミナー

 

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事