営業(セールス)で契約取れない、きつい、売れない、、とならない秘訣。

営業(セールス)で

契約取れない、

きつい、、、

売れない、、、

と、ならない為の

営業の秘訣(コツ)をお教えします。

 

まず、、

私が、営業コンサルで

営業同行しているときに、

 

営業マンに、

指導するポイントがあります。

 

 

それは、営業マンが

すいません、、、

今日は、お忙しいところ

お時間をいただき、

申し訳ございません。」

とか、

 

 

すいません、

私が、やらさせていただきますので、

もうしばらくお待ちください」

のように、

 

必要以上に

へりくだった態度

営業マンがとるときです。

 

こんな、

ぺこぺこした営業マンを見て、

 

お客様はどのように思うと

思いますか?

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

■こんなにへりくだるのは

があるのではないか?

 

 

■何か、隠している?

 

 

欠陥商品なのか?

 

 

騙そうとしている

 

のではないか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

などと、

意識的にか、無意識的にか

不審に思われてしまいます。

 

つまり、

営業マンが、

必要以上にへりくだることにより、

 

商品サービスには自信がないのだけれど、

お客様を持ちあげることにより、

 

一瞬、気持ちを良くさせて

買わせてしまおう!

 

と思っているのではないか?

 

と、不審に思われます。

 

お客様は、

自信のある

プロフェッショナルから

良い商品を購入したいはずです。

 

ですので、

偉そうにしろということでなく、

 

「自信があって謙虚」が

プロフェッショナル

セールスパーソン

ふさわしい心構え・態度です。

 

ですので、、、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

すいません、

今日は、お忙しいところ

お時間をいただき、

申し訳ございません

 

 

「今日は、貴重なお時間を頂き、

ありがとうございます

 

〇〇さんにとって、

有意義なお時間になりますので、

ぜひ、ご期待ください!」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

と言い換えてみてください。

 

お客様が、商談時に、

受け取る印象は、

全然変わりましたよね。

 

営業(セールス)、アサーティブ

 

 

こういった営業(セールス)・商談時

の話し方は、

習慣なので、、、

 

簡単なようで、

実は、

訓練が必要です。

 

 

上司が部下に

「お前、営業のセンスがないな」

というときは、

このような話し方が原因だったりします。

 

 

この考え方は

アサーティブと言います。

 

アサーティブを日本に紹介したのは、

年間277日研修女王の

大串亜由美さんです。

 

次に、

読みどころとポイントを

詳しくご紹介しますので、

御期待ください。

 

 

また、、

成約率が上がりましたね!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

良い商品・サービスをお持ちなのに、

営業(セールス)に向いてないと

お悩みの方の為に、、、

 

私は、

あなたの

営業コーチ(コンサル)です。

 

お客様の潜在意識にアプローチする

営業(セールス)セミナーは

こちら ↓

http://million-sales.com/?page_id=114

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事