詐欺師が使う【悪用厳禁の心理テクニック】「ローボールテクニック」に騙されるな!

「ローボールテクニックってご存知ですか?」

「ローボール」がどのようなテクニックか?

ご興味ありますよね。

 

営業がニガテの人でも、最新の購買心理学で、売れる「営業台本」を作成し、自然にお客様の「欲しい!」を引き出す!営業指導歴19年(2018年現在)営業コンサルタント加賀田裕之です。

 

詐欺のような心理テクニック長けた人間が使うスキルに

「ローボールテクニック」があります。

 

あなたに、

1)ローボールテクニックとは?

2)日常生活で使われるローボールテクニック

3)なぜ、引っかかってしまうのか?

4)まとめ:ローボールテクニックに騙されるな!

をお伝えします。

 

ローボールテクニック

 

1、ローボールテクニックとは?

「ローボールテクニック」とは?ご説明しますね。

 

キャッチボールを想像してください。

最初に取りやすい玉を投げてキャッチさせれば、

その後、取りにくい高い玉を投げても、キャッチしてしまう。

 

つまり、ローボールテクニックとは、

最初に、「良い条件」を提示して承諾を得た後、

隠していた「悪い条件」を出しても、一度、承諾しているので、

「YES」とついつい言ってしまう心理テクニックです。

 

 

ローボール テクニック

 

2、実は日常で使われているローボールテクニック

「ローボールテクニック」実は、日常生活でよく使われているのです。

 

例えば、

恋愛で

独身男性と思って付き合っていたら(良い条件)

実は既婚者だった。(悪い条件)

好きになっているので、別れることができなくなっている。

 

●●%オフセール

「90%オフセール」などの魅力的な条件でお店に入る(良い条件)

欲しくなって購入しようとレジに行くと、

欲しくなったセール対象外と知らされる(悪い条件)

欲しくなったので、つい買ってしまう。

 

どちらも、

最初に良い条件だと思って意思決定したら、次に、悪い条件を提示されました。

 

冷静に頭で考えれば、悪い条件なので、「NO」と否定しそうです。しかし、一度、承諾しているので、心理的に断ることに抵抗がでて、ついつい、「YES」と言ってしまうのです。

 

 

営業 クロージング

 

3、ローボールテクニックは一貫性の法則を使っていた

ローボールテクニックとは、

■ステップ1:相手にとって受けれやい条件で「YES」をとる

■ステップ2:承諾後、「良い条件」ではなく「悪い条件」を提示

するテクニックです。

 

ここで、あなたは、不思議に思われたかもしれません。

 

なぜ、人は、頭では、「悪い条件」と分かっていながらも、

「NO!」と言えなくなってしまうのか?

 

それは、、、

一貫性の法則(コミットメントの法則)を使用しているからです。

 

 

一貫性の法則(コミットメントの法則)とは?

「人は、一度何かを決めるとその決定を持続するようになる。」法則です。

そして、その意思決定が、以下4つのような場合

1)強制でなく自分で決断

2)行動(努力)を含む

2)公表される

さらに強力に働きます。

 

ローボールテクニック

 

4、まとめ:詐欺師のテクニック、あなたも注意しよう!

「ローボールテクニック」とは、

最初に、「甘い条件」で相手から「YES」を引き出し、

その後、「悪い条件」でも「NO」と言わせないテクニックです。

 

少し考えれば、「騙された!」と気づくテクニックですから、

信用を一気に失うテクニックです。

 

 

しかし、巧妙にこのテクニックがビジネスで実に巧みに使われるのです。

 

僕は、「ローボールテクニック」を考える時、

2001年、あの「クレイフィッシュ騒動」を思い出すのです。

 

クレイフィッシュ騒動とは、松島庸氏(史上最年少のマザーズ上場社長がクーデターに遭い、持ち株を詐取され、社長の座を降ろされた騒動です。

 

あの騒動を要約すると、営業ができなかった松島氏が困っていたところ、「光通信」が好条件でクレイフィッシュの営業代行を引き受けたのです。

 

そして、「光通信」なしでは営業が回らなくなってから、営業代行の料金の引き上げをされ、「株」の譲り渡し、最後に、乗っ取られてしまった26歳の若者の話です。

 

 

 

 

ローボールテクニックに対する対処法は3つ

 

1)最初からその条件を知っていたら、自分は悪い条件を引き受けただろうか?

  と自問自答する

 

2)自分を騙そうをしているか?

  最初から騙そうとする人との取引はその後もうまく行くはずがありません。

  一見もっともな理由を言ってきますが、疑ってください。

  その理由は本当なのか?

 

3)「一貫性を保ちたい」のが心理圧力だと認識し、冷静合理的に対処

 

悪用厳禁の「ローボールテクニック」。   

騙されないようにしましょう!

 

ローボールテクニック

 

もし、あなたが「そうは言っても、難しいな~」

「心配だな~、一人で、できるかな~」と思っても大丈夫^^

 

営業ニガテな人も、最新の購買心理学で、自然にお客様の「欲しい」を引き出す「営業セミナー(ミリオンセールスアカデミー)」にご出席して、売上をあげましょう!

 

あなたに、リアルでお会いできる日を楽しみにしています^^

 

営業セミナー

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事