営業マンの自己開示の極意を「竹内結子」から学ぼう!(2/2)

営業マンの自己開示の極意を「竹内結子」から学ぼう!

 

営業・セールスの現場で、

瞬時に、

深い

人間関係を築きたい時

ってどうしますか?

 

今まで、

いろいろお話ししてきました。

 

例えば、

他の職業でも、

カウンセラー、

セラピスト、

精神科医も、

相手に話してもらうのが

商売です。

 

しかし、、

クライアントは、

トラウマを抱えていて、

 

話して、

楽になりたいんだけど、

話せない、、、

というジレンマがあります。

 

また、同じように、

人に話してもらわないと商売にならないのが

刑事(デカですね^^

 

ストロベリーナイト(ドラマ)から、

姫川刑事(竹内結子)の

素晴らしい説得方法「自己開示」を

ご紹介しますので、

一緒に学びましょう!

 

 

 

相手に、

家族のことを話してもらいたかったら、

まず、自分が家族のことを話す。

 

相手に、を話してもらいたかったら、

まず、自分の傷を話す

というのが「自己開示」です。

 

 

黙秘を続ける容疑者に対し、

姫川刑事(竹内結子)が

体当たりの自己開示をして、

心を開かせる

というシーンを再現しました。

 

 

——————————

 

■容疑者

 

だから、、、

話すことなんて

何もありません、、。

 

 

ストロベリーナイト 自己開示

■姫川刑事(竹内結子)

 

ふぅ~、、、。

 

その時、あたしは17才だった、、。

ナイフで刺されて、

レイプされたの。

 

抵抗したら、

もっと刺される、、。

 

そう思ったら、

その卑劣な男に

汚され続けるしかなかった。

だから、、、

命は助かったけど、

 

でも、私は、、、

私のこころは、

死んだわ、、。

 

犯人は憎んだ

でも、

それより、自分を呪った

 

こんな自分なんか、、、

この世から、

消えてしまえばいいって、、、。

 

 

ストロベリーナイト 自己開示

 

でも、

ある人が教えてくれたの、、、。

 

生きなければいけないって、。

 

生きるために、

闘わなければいけないって、

 

闘って、

自分にも、

犯人にも勝たなければいけないって、

 

あなたにも、

闘ってほしいの、、。

 

まっすぐ前を向いて生きていくために、

闘ってほしい。

 

 

ストロベリーナイト 自己開示

 

 

■ 容疑者

 

あなたとは、ちがう、、、。

 

あたしは、

自分で服を脱いだから、、、

 

自分で、

何度も、何度も脱いで、、

 

とべ(※被害者名)の前で、

何度も、何度も、、、

 

151113 ストロベリーナイト4

 

 

 

■ 姫川刑事

 

ちがう、、、

あなたは、悪くない。

 

悪いのは、とべなの。

あなたは、悪くない。

 

 

■ 容疑者

 

だって、、、

だって、、、

 

ストロベリーナイト 自己開示

 

■ 姫川刑事

 

いいよ、

泣いていい。

 

泣けなかったんだよね。

 

ストロベリーナイト 自己開示

 

 

■ 容疑者

 

ええええ、、、

ええええ、、、、

 

号泣、、、。自供開始、、。)

 

※ストロベリーナイト11話

 

——————————

 

さすが、姫川デカ

すごい自己開示です。

 

ここまでされたら、

誰でも、

心を開きます。

 

さあ、

あなたが営業時(交渉時)に

 

■商品に対する思い、

■ビジネスに対する思い、

■お客様に対する思い、

自己開示してください。

 

きっと、

相手は、

魂がふるえるはずです。

 

 

具体的に、

あなたの商売・サービスに

応用してくださいね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

ストロベリーナイトの話題を

多くご紹介しているんですが、

 

知らないよ!」とか、

忘れたよ!」とか

の声を、

クライアントさんかも、

お聞きします。

 

闇を抱えた傷を負った主人公が、

闘っていくという生き様に

共感して、僕は覚えているのかも

しれませんね。

 

あなたの魂をふるわせる

営業(セールス)セミナーはこちら^^↓

http://million-sales.com/?page_id=114

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事