保険営業台本(トークスクリプト)とロープレでクロージング成約率100%!

保険セールスの営業マンのあなたにお聞きしますが、所長・上司・先輩から「営業成約率(決定率)100%でない奴は、くそだ!!」なんて、、、社長、上司から言われたことありますか?

 

「成約率100%」の営業マンって、見たことがありません。

最高で、99,9%のトップセールスマンです。

でも、、、かなり、いっちゃってます。

 

そんなあなたが、常識的な生保営業マンとして、成約率をコンスタントに80%を維持するための秘訣をお教えします!!

 

保険営業台本(トークスクリプト)とロープレでクロージング成約率100%!

 

1、営業台本(トークスクリプト)を作り、ロープレしてますか?

1ー1、ウォールストリートの狼もトークスクリプトを作成していた!

レオナルド・ディカプリオのウォールストリートの狼ってご覧になったことありますか?

 

営業マン ロープレ

 

この映画は、ジョーダン・ベルフォートという株式ブローカーの実話です。彼は天才的なセールス手法を構築し、その販売手法をシステム化しまし年収49億を稼いだのです。

 

彼の凄いところは、そのセールストークを平均よりIQの低い社員達に教え、彼らを次々と年収1億円以上稼がせたのです!

※「平均よりIQの低い」というのはジョーダンベルフォートの言葉

 

営業マン ロープレ

 

彼の年収も49億にもなりましたが、販売した「株」の一部が詐欺に該当し、その部分の賠償金額だけで、1億1千万ドル以上(110億円以上)

にもなってしまったという映画です。

 

実は、彼はその超絶なセールス手法をストレートラインシステムとして、

セミナーを開き教材を販売したんです。日本では書籍はかろうじて購入できますが、今、ジョーダン・ベルフォートのセミナーを受けることも、教材を買うこともできません。

 

そうですね。

何事にも、旬があるのです。

 

もちろん、僕は、その商材を購入し、その超絶手法を実験し、実績も出してあなたにこれからお伝えします。ご安心ください。

 

 

1ー2、営業台本をロープレして成約率を80%に!

あなたの上司が「100%やれ!」と言ったら、

「この人、素人だ」と思ってください。

 

あなたもご存知のように、生保の営業所長さんは、いわゆる叩き上げでなく(本社採用で)営業力がなくて所長になったケースもあるからですね。

 

そうは言っても、、、これを読んでいるあなたは

「成約率(決定率)を1%でもあげたい!」

という熱心な方だと思いますので、成約率をあげる秘訣は、営業トーク台本を作成し、ロープレをすることです。

 

 

ポイントは、日々、営業スクリプトを改善し続けることです。

そして、ロープレを実施し、営業台本を暗記してください。平均で、成約率(決定率)80%までは、いきますから、ご安心ください!!

 

 

 

2、生保営業マンのための営業台本(トークスクリプト)の具体例はこれだ!

2−1、営業台本具体例

読んで、すぐ役立つクロージングトークをお話しします。

生命保険営業のクロージングスクリプトの具体例です。

 

クロージング最後でお客様が、迷われているシーンを御想像ください。

 

———————————

 

■お客さま

考えさせてください、、。

 

 

■営業マン

どうぞ、しっかり考えてください

保険は人生において、高い買い物になりますから、、

 

もちろん、この場ですぐに決めていただこうなんて、思っておりません。

→ポイント

お客様の検討するという気持ちを受け入れる。

 

実は、、生命保険の場合、一番怖いのが、「加入資格」というのがありまして、、

 

入ろうと思っているのに、保険に入れない方って、沢山いらっしゃるんですよ。ごぞんじですか?

→ポイント

話題を転換する

 

 

■お客様

健康が悪いとですかね、、

 

 

■営業マン

そうなんですよ!!おっしゃるとおりです!!

→ポイント:受け入れる

 

健康を害してしまうと、生命保険の場合、保険に入ろうと思っても、

入れなくなってしまったり、条件がついてしまったり、

 

実は、、、皆さんが思っているより、簡単に入れないこともあるんです。

→ポイント

即決しないデメリットを伝える

 

ですから、、、何か月も考えている間に、、

もし、体調とか崩されてしまうと、、、生命保険に入ろうと思った時には、もう入れないということが、実は、けっこうあるんです、、、

 

もし、このプランで、●●さんが、「いいかなぁ~」と思われたら、

早めにご決断された方が●●さまにとって良いと思います。

→ポイント

お客様のメリットを全面に出す。

 

これは、プロとして専門家としてのアドバイスです。

ただ、いつもでもいいんですよ。●●さんが、ほんとに、しっかり考えて決めて頂いていいんですよ。

 

→ポイントいったん引く

※引きクローズ

 

ただ、プロとしては、早い方が、●●さんの為に絶対に良い!ということをお話ししときます。

→ポイント

理由づけ(プロ)をして押す。

 

 

—————————

 

もう、お分かりですよね。

 

こういった営業スクリプトを作成し、改善することで、

あなたの営業成約率(決定率)は必ずあがります。

 

あなたのビジネスに合わせて応用してくださいね。

競合他社は、やってますよ!やりましょう!!

 

 

2−2、生保営業所長の致命的な設計書

先日、営業コンサルをした生保のセールスパーソン(営業クライアント様)からこんな相談を受けたんです。「お客様に提出するプランを営業所長と考えて持参したんですが、お客様に保険の必要性を理解していただけなかったのです。」

 

しかし、その設計書をみると、なにかがおかしいのです。クライアント様とディスカッションを重ねた結果、その設計書のある致命的なミスに気が付いたのです。その営業所長が設計したプランは、保険がなくてもなんとか人生を送ることができる設計だったのです!そんなプランを持って行っても、保険に入る気になる訳がありません。

 

再設計して、「お客様に、再度提出しましょう!」ということになったのです。

 

その営業所長は、「人の良さ」で売る営業をしているので教える能力が全くないということです。もし、あなたの上司がこんな上司だったら、成長するわけがありません。ひとりで悩まないで、とっとと、僕に相談に来てください。

 

 

3、営業台本(トークスクリプト)でロープレした後は、見込み客発見しよう!

 

先日、僕の生保営業クライアント様とお話していたんですが、、

保険セールスマンの最大の悩みってなんだと思いますか?

 

そうなんです。見込み客発見なのです。

多くの保険セールスパーソンは、見込み客が発見できずに苦労しているんですね。

僕の知り合いのTOTの方は、機動力があって、通常の生保営業マンと見込み客発見の視点が違うんです。

 

そんな見込み客発見の悩みを解決するある極意があるんです。

 

僕の営業クライアント様(北海道の保険セールスパーソン)にその秘訣を伝授しました。

彼は、保険営業のベテランですが、その方法を使って、「数年内に北海道を制覇します!」とコミットメントされました。

 

保険営業マンの見込み客発見方法

 

素敵な話でしたので共有させていただきました。

 

このアイデアは弱点があって、まさに、コロンブスの卵、聞けば、一瞬で理解できる方法です。

そして、早いもの勝ちの手法なんです。

誰かが、気づいて、その市場を荒らしてしまうと、2番手は入り込めないのです。分かりやすくいうと、先行者利益です。

 

ですので、僕の営業クライアントさんだけに教えています。

 

もし、ご興味あったら、まず、僕の営業セミナー
ご出席して見てくださいね。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

「あーー、早く、誰かに、この極意を教えたい!」

という僕の思いで、営業セミナーをしています^^

人生はすべて交渉なので、人生全般に応用が利く超絶テクです!

 

クロージング営業(セールス)セミナー 東京

 

営業セミナー

ミリオンセールスメルマガ営業研修

営業指導歴16年の専門家が伝授!営業嫌いの人でも、購買心理学で自然に お客様の欲しいを引き出すミリオンセールスメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事